英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「13」を英語で何という?覚えておきたい表現2選

外国人女性

「13」を英語であなたは言えますか?ちょっと考えてしまいますよね。

13」の英語表現は2つあります。

  1. thirteen
  2. thirteenth

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく英語表現を解説しました。ぜひ参考にしてください。

「13」の英語表現1

thirteen

  • 発音と読み方:スァティー
  • 「サーティーン」ではなく「スァティーン」と言うほうがいいですね。
  • 発音する際は最後の「ティーン」としっかり言うことがとても大切です。これで30との区別ができますので。

発音が伝わらなかったら「1」「3」(ワン、スリー)と発音すると確実に伝わります。

  • 「1」と「3」と言うことはネイティブ同士でも使う英語表現なので自信をもって使っていいです。
  • 英語を話せる人同士でも13と30の英語は聞きとりずらい場合があります。特に相手が「英語が第二言語の人」であれば訛りもありますから聞きとりづらいものです。
  • ビジネスの現場やお金のやりとりする場合は間違いは禁物。英語で「1」「3」(ワン、スリー)と念押しするのもいいです。

13と30は英語では発音とスペル(つづり)が似ているので注意しましょう。

  • 13の発音は「スァティーン」。30の発音は「スァーティ」。
  • 13のスペルは「thirteen」。30のスペルは「thirty」。

参照:Wikipedia

例文

「約13分で2マイル走りました」

I ran 2 miles in about thirteen minutes.  

 

「13歳向けの求人はたくさんあります」

Jobs for thirteen year olds are in abundance out there. 

「13」の英語表現2

thirteenth(13th)

  • 発音と読み方:スァティーンス
  • 英語で「thirteenth」あるいは「13th」と書きます。
  • 13thのほうが英語表記としてはスタンダード。書きやすいのでよく使われますね。
  • 書き言葉ではthを省略することができる場合もあります(後述)。
  • thを省略した場合でも英語で発音するときは「th」を発音する必要があるので注意。

「th」をつけるかどうかですが注意事項をまとめておきます。

  • 本来日付を書く場合は数字に序数(th)をつけます。
  • 「13日」は 英語で 13thです。13th dayとは書きません。dayは省略します。
  • 「13日目」は英語で Day 13です。Day 13thではありません。
  • 「13日間」は英語で 13 daysです。13th daysではありません。
  • 「令和13年」は英語で Reiwa 13 です。Reiwa 13thではありません。
  • 「13世紀」は英語でthe 13th centuryと書きます。the 13 centuryではありません。

参照:weblio英和辞典

例文

「その国は9月13日に投票が行われます」

The country will go to the polls on September 13th.

 

「その建物は13世紀に建てられました」

The building was built in the 13th century.

「13」の英語動画

13と30の発音の違いを解説

こちらの動画では「13と30の発音の違い」について英語で解説されています。ネイティブの発音でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

数字を書くときの6つの間違いを解説

こちらの動画では「数字を書くときの6つの間違い」について英語で解説されています。ホワイトボードがあってわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

「13」の英語例文集と解説

英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「13世紀に建てられた教会は、多くのゴシック様式の大聖堂と同時期に建てられました」

Built in the 13th century, the church is contemporaneous with many of the Gothic cathedrals.
 

「同時期に」は英語で contemporaneous といいます。ちょっと難しい言葉ですね。

contemporaniousの英語の発音は「コンテンポレイニアス」です。

英文からは「13世紀に作られた教会」と「ゴシック様式の大聖堂」は同時代に存在したことがわかります。

 

「帝国は13世紀に滅び始めました」

The Empire began to crumble during the 13th century.
 

「帝国」は英語で the empire といいます。The great empireなんていうこともありますね。

帝国は王を中心とした専制政治を行なうもの。建国当初はよくてもそのうち疲弊していくものです。

民主主義に移行する時期が13世紀だったのかもしれませんね。

「滅びる」は英語でcrumble。崩れるとか砕くというニュアンスがある英語表現です。

 

「3月13日に学生による平和的なデモ活動が行われた」

There was a peaceful demonstration of students on March 13th
 

「3月13日に」は英語で on March 13th と表現できます。

英語では日付の場合は数字の後に「th」をつけるのでした。ちなみにMarch thirteenthでも正解です。

そして「on 日付」という風に日付にはonとセットで表現することが普通です。

英語で時刻を指定する場合はatを使います。日付の場合はonを使います。

 

「国の選挙は1月13日に行われる予定です」

The country will go to the polls on January 13th
 

「選挙場」は英語でthe pollです。

「選挙に行く」は英語でgo to the pollとなります。

ただし主語がthe countryですので「(国の)選挙が行われる」となります。

 

「ジムに行って13時間過ごしました」

I went to the gym and spent thirteen hours there. 
 

英語で「過ごす」はspendです。spendの過去形がspentになります。

spendには他にも「使う」「費やす」「消耗する」という意味も含まれます。

「何時間も過ごした」は英語でspent hoursと表現できますよ。

 

「13時に会いましょう」

Let’s meet at p.m.
 

「13時」は英語で「1 P.M.」と表現できます。

英語では時間は24時間表記ではなく「AM/PM」で表現するからです。

英語で時刻を指定する場合はatを使います。日付の場合はonを使います。

「2020年3月13日に私は友達と東京に行きました」

I went to Tokyo with my friends on March 13th, 2020. 
 

「2020年3月13日」は英語で「March 13th, 2020」という書き方をします。

ただしこれはアメリカ英語の場合。イギリス英語では「13th March 2020」となります。

語順とカンマが違うことがわかりますよね。ここが注意です。

アメリカ英語とイギリス英語で年月日の書き方は異なります。以下にまとめておきます。


<アメリカ英語で年月日を書く場合>

アメリカ英語では「月 日 カンマ 年」とかきます。

2020年6月16日ならJune 16th, 2020となります。Jun. 16th, 2020と省略できます。

曜日も記載する場合は「曜日、月、日、年」という順番になります。

2020年6月16日の金曜日:on Friday, June 16th, 2020

 

<イギリス英語で年月日を書く場合>

アメリカ英語では「日 月 年」とかきます。

アメリカ英語と違って月と日が逆になります。さらにカンマはなしです。空白だけで判断します。

ヨーロッパで主に使われている英語表記がこれになります。

2020年6月16日なら 16th June 2020となります。

曜日も記載する場合は「曜日、日、月、年」という順番になります。

2020年6月16日の金曜日:on Friday, 16th June 2020

 

 

「その礼拝堂は13世紀にさかのぼります」

The chapels date from the 13th century.


「礼拝堂」は英語で the chapel といいます。

chapelには「礼拝堂で行なう礼拝」という意味もあります。

「13」の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「13時に会いましょう」を英語にすると?
    Let's meet at 1 ____.
  • 「13時ちょうどに会いましょう」を英語にすると?
    Let's meet at 1 ____.
  • 「ジムで13時間過ごした」を英語にすると?
    I ____ 13 hours in the gym.
  • 「私は13分程で1マイル走った」を英語にすると?
    I ran 1 miles in ____ 13 minutes. 
  • 「2020年1月13日に東京に行きました」を英語にすると?
    I went to Tokyo on ____ ____, 2020.
  • 「国の選挙は6月13日に行われる予定です」を英語にすると?
    The ____ will go to the polls on June ____

答えはメールでお送りします。
メールアドレスを登録してください

メールアドレスを入力↓



登録されますと答えをメールでお送りします。また六単塾の無料メールマガジン「英語上達のヒント集」もお届けしますのでご了承ください(配信停止はいつでも可能です)。送信情報はSSL暗号方式で安全に送信されます。プライバシーポリシーに基づき厳重に管理しますのでご安心ください。

まとめ

英語表現まとめ

「13」の英語表現をまとめると「2つ」です。

  1. thirteen
  2. thirteenth

日付や番号の場合はthをつけるわけですが整理してないと見逃してしまいますね。

いきなり英語で言われても驚かないようにまとめて覚えておきましょう。英会話の幅も広がりますよ!

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべて覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要な時に思い出してご活用いただければ幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

英語表現をたくさんおぼえるコツとは?

英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。