英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「不正」を英語で何という?覚えておきたい表現4選

外国人女性

「不正」を英語で何というでしょうか?

「不正」の英語表現は次の4つです。

  1. injustice
  2. iniquity
  3. dishonesty
  4. impropriety

ただしこれらの英語表現は英文によって変わります。そこで「不正」の英語表現について例文をまとめました。ぜひ参考にしてください。

「不正」の英語表現1

injustice

「不正」は英語でinjusticeといいます。

  • 発音:インジャスティス
  • 定義:公正と正義がない状況。不公平で正義が欠如している状態。または不公平な行動。
  • 意味:不正、不公平、不当な仕打ち。
  • なお「不正行為」は英語でwrongdoingあるいはcheatingともいいます。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「彼はあえて不正に反対して発言した」

He had dared to speak out against injustice.  と英語で表現できます。

 

「不正は世界から消えることはできません」

Injustice can not be erased from the world.  と英語で表現できます。

「不正」の英語表現2

iniquity

「不正」は英語でiniquityといいます。

  • 発音:インクイティ
  • 定義:非常に間違った行動。不公正な状況。
  • 意味:不法な行為、道徳的に逸脱した行為

参照:Cambridge Dictionary

例文

「作家は人間の不正行為を反映しています」

The writer reflects on human iniquity と英語で表現できます。

 

「私たちは息子を不正から守ろうとしています」

We are trying to protect our son from iniquity と英語で表現できます。

「不正」の英語表現3

dishonesty

「不正」は英語でdishonestyといいます。

  • 発音:ディスネスティ
  • 定義:正直でない行動。不誠実。不正。
  • 意味:不正直、不正、詐欺。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「彼らは従業員の不正を疑った」

They suspected an employee of dishonesty. と英語で表現できます。

 

「嘘は不正の一種です」

Lying is a form of dishonesty. と英語で表現できます。

「不正」の英語表現4

impropriety

「不正」は英語でimproprietyといいます。

  • 発音:インプロプラエティ
  • 定義:不正直なふるまい。社会的に受け入れられない行為。特定の状況に適さない行動。
  • 不穏当、不正、不作法、下品。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「党による不正の申し立てはすべて却下します」

I would certainly dismiss any allegations of impropriety by the party.  と英語で表現できます。

 

「彼女は金銭的不正の申し立てにおいて辞任した」

She resigned amid allegations of financial impropriety と英語で表現できます。

「不正」の関連例文

「不正」に関連する英語例文をまとめました。参考にしてください。

 

「真実は不正の炎を恐れない」

Truth fears not the flames of injustice.  

 

「人類は不正行為を非難し、彼らが被害者になるのではないかと恐れている」

Mankind censure injustice, fearing that they may be the victims of it. 

 

「認識されていない明らかな不正のケースがあるかもしれません」

There may be unrecog-nised cases of manifest injustice.  

 

「彼女はその状況の不正に腹を立てた」

She felt angry at the injustice of the situation. 

 

「政治的な不正は摘発されるべきである」

Political dishonesty ought to be plucked up.

 

「首相による不正の示唆はない」

There is no suggestion of impropriety by the prime minister. 

「不正に対する怒りが彼女の性格を形成した」

Anger at injustice formed her character. 

 

「彼は不正が行われたことを強く主張し続ける」

He remains adamant that an injustice was done. 

 

「彼はその発言の不正に激怒した」

He was enraged at the injustice of the remark. 

 

「私たちは国で不正と戦っていた」

We were fighting against injustice in our country. 

 

「彼女の演説は不正に対する怒りに満ちていた」

Her public speeches were permeated with hatred of injustice

 

「彼女は生涯を通して不正と闘っていた」

All her life she has been struggling against injustice

 

「彼はそのすべての不正に激怒した」

He raged against the injustice of it all. 

 

「その裁判は刑事司法制度の最大の不正と見なされた」

The trial was regarded as the greatest injustice of the criminal justice system. 

 

「私たちは不正を非難しなければなりません」

We must denounce injustice

 

「彼女が不正に抗議することを妨げるものは何もない」

Nothing would prevent her from speaking out against injustice

まとめ

「不正」の英語表現をまとめると「4つ」です。

  1. injustice
  2. iniquity
  3. dishonesty
  4. impropriety

不正」はニュースなどでよく使われる表現です。

いきなり英語で言われても驚かないようにまとめて覚えておきましょう。英会話の幅も広がりますよ!

それから下記の関連記事も役立つのでお読みください。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

プレゼント

特別レポート