英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

ご担当者様を英語で何という?覚えておきたい表現2選

「ご担当者様」を英語であなたは言えますか?ちょっと考えてしまいますよね。

ご担当者様」の英語表現は2つあります。

  1. Dear Sir or Madam
  2. To whom it may concern

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく英語表現を解説しました。ぜひ参考にしてください。

ご担当者様の英語表現1

Dear Sir or Madam

「ご担当者様」は英語で Dear Sir or Madam といいます。

  • 発音と読み方:ディー オアーダム
  • 相手の名前・肩書・性別が不明の場合に使う言葉。
  • 特定の1人の人を念頭に書かれている。
  • 特定の事業や雇用に関するコミュニケーションで使われます。

参照: grammarly.com

解説

Dear Sir or Madam は手紙やメールを「1人の担当者に向けて」書く際に使います。

相手の名前・性別・肩書がわからない場合に使える便利な英語表現です。

「ご担当者様」という意味になりますね。

たとえばホテル予約をした際、ホテルに問い合わせのメールでと記載したい場合に便利です。

ちなみに、名前・性別・肩書がわかっている場合は、それらを書くのがマナーです。

 

手紙やメールで書く際は、カンマ(,)かコロン(:)を最後につける必要があります。

  • Dear Sir or Madam,
  • Dear Sir or Madam:

そして手紙やメールの最後には 下記を書いて終わらせる形式がよいとされています。

  • Yours Faithfully,
  • あなたのサイン(可能なら)
  • あなたのフルネーム、肩書

 

なお Dear Sir/Madam という英語表記でもOKです。

このスラッシュ(/)は or と同じ意味になります。

例文

「私は手紙を書くときは、Dear Sir or Madam(ご担当者様)を使う」

I use Dear Sir or Madam when writing a letter. と英語で表現できます。

 

「ビジネスレターでは、あなたは Dear Sir or Madam(ご担当者様)を使えます」

In the business letter, you can use Dear Sir or Madam. と英語で表現できます。

ご担当者様の英語表現2

To whom it may concern

  • 「ご担当者様」は英語で To whom it may concern といいます。
  • 発音と読み方:トゥフームイット メイコンーン
  • 手紙やメールを送る相手に、特定の人物がいない場合に伝統的に使用されてきた表現。
  • 相手がの名前がわからない場合に使用されてきた表現。

参照:thebalancecareers.com

解説

To whom it may concern は「関係者各位」というニュアンスです。

手紙やメールの情報が「複数の関係者」に送信される可能性がある際に使います。

下記のような場合に使われます。

  • 会社に提出された正式な苦情
  • サポートリクエスト
  • フィードバック
  • 推薦状
  • 紹介状

正式な書き方は、To Whom It May Concern: となります。

  • 各単語の先頭を大文字にします。
  • 最後にコロン(:)を付けます。

例文

「私はビジネスレターでは To whom it may concern(ご担当者様)と書く」

I use 'To whom it may concern' in the business letter. と英語で表現できます。

 

「私が書く手紙は、To whom it may concern(ご担当者様)から始まる」

I write a letter that begins with "to whom it may concern". と英語で表現できます。

ご担当者様の英語動画

英語メールのフォーマルな始め方と終わり方

こちらの動画では「英語メールのフォーマルな始め方と終わり方」について解説されています。ネイティブの発音でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

ビジネスレターの書き方と例

こちらの動画では「ビジネスレターの書き方と例」について英語で解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

ご担当者様の英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「さらにもっと特定の人向けではない始まりは、「ご担当者様」です」

An even more impersonal opening is 'To whom it may concern'. 

「始まり」は opening と英語で表現できます。

 

「私は学んでいます、「ご担当者様」という言葉はビジネスレターの最後に使わないことを」

I've learned NOT to use "To whom it may concern" to end business letters.

「学んだ」は learned と英語で表現できます。

 

「私はビジネスレターでは Dear Sir/Madam(ご担当者様)をよく使う」

I often use 'Dear Sir/Madam' in the business letter. 

「レター」は letter と英語で表現できます。

 

「メールを書くときは、私は Dear Sir or Madam(ご担当者様)を使います」

When writing an email, I say Dear Sir or Madam.

「メール」は email と英語で表現できます。

 

「あなたは「ご担当者様」で始められます。もし手紙の宛先がわからない場合は」

You can begin with 'Dear Sir/Madam' if you don't know who the letter is for. 

「手紙」は letter と英語で表現できます。

「to whom it may concern(ご担当者様)と書く場合は、私は to のほかの文字はなんでも大文字にする」

When using "to whom it may concern", I capitalize anything other than the "to".

「なんでも」は anything と英語で表現できます。

capitalize は大文字にする、現金化する、資金を供給する、投資するという意味。

キャピタライズと発音します。

 

「私はビジネスレターでは To whom it may concern:(ご担当者様)で書き始めています」

I've started off with "To whom it may concern:" in the business letter.

「ビジネス」は business と英語で表現できます。

tart offは「動き始める」という熟語。

 

「ご担当者様へ。私のVISA申請手続の現在の状況を教えて下さい」

To Whom It May Concern: I would like to know the current status of my visa processing. 

「状況」は status と英語で表現できます。

current は現在の、流行しているという意味。

まとめ

英語表現まとめ

「ご担当者様」の英語表現をまとめると「2つ」です。

  1. Dear Sir or Madam
  2. To whom it may concern

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。

このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

 

関連記事

1日10分で英語をあきれるほど覚える方法とは?

1日10分で英語をあきれるほど覚えるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。