英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「もう少し」を英語で何という?覚えておきたい表現6選

外国人女性

「もう少し」を英語であなたは言えますか?ちょっと考えてしまいますよね。

「もう少し」の英語表現は6つあります。

  1. a little longer
  2. a little more
  3. a bit longer
  4. a bit more
  5. some more
  6. almost

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく英語表現を解説しました。ぜひ参考にしてください。

「もう少し」の英語表現1

a little longer

  • 発音とアクセント:アロゥ ロンガー
  • a little longerで「もう少し(長く)」という表現になります。
  • a littleは「いささか」「少し」という意味です。
  • after a littleでは「もう少し後で」という意味にもなります。

参照:Cambridge Dictionary

関連動画

こちらの動画ではlittleとsmallの違いについて英語でわかりやすく解説されています。英語上達のためにもぜひご覧ください。

例文

「もう少しお待ちください」

Please wait a little longer. と英語で表現できます。

 

もう少しお待ちいただけますか?

Would you wait a little longer?と英語で表現できます。

 

私はもう少しここにいたいです

I want to stay here a little longer.と英語で表現できます。

 

「もう少しで終わります」

I will finish it after a little. と英語で表現できます。

「もう少し」の英語表現2

a little more

  • 発音とアクセント:アロゥ モア
  • a llitle moreに似た表現として下記があります。
    • a little bit more
    • a little while more

参照:Cambridge Dictionary

関連動画

こちらの動画ではmoreとlessの違いについて英語でわかりやすく解説されています。英語上達のためにもぜひご覧ください。

例文

「私はもう少し待つよ」

I will wait a little more. と表現できます。

 

「もう少し滞在できませんか?」

Can't you stay a little more? と表現できます。

 

「もう少し待ってから電話をかけます」

I'll wait a little more and then I'll phone them. と表現できます。

  • phoneは「電話する」という動詞です。「電話」「電話の」という意味もあります。
  • cell phoneは「携帯電話」です。smartphoneは「スマートフォン」です。
  • phoneの発音は「フォーン」です。

「もう少し」の英語表現3

a bit longer

  • 発音とアクセント:アビットンガー
  • a bit longer は a little longerとほぼ同じ意味です。
  • a little bit longer という英語表現でも同様の意味になります。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「もう少し待ってください。 彼は準備がまだできていません」

Please wait a bit longer. He isn't ready yet. と英語で表現できます。

 

「あなたはもう少し待つ必要があります

You must wait a bit longer と英語で表現できます。

 

もう少しこの近くにいます

I'll stick around here a bit longer. と英語で表現できます。

  • stick aroundで「近くにいる」です。「あたりで待っている」「じっと待つ」意味もあります。
  • stickは「くっつける」「突き通す」「棒」「つえ」という意味があります。

「もう少し」の英語表現4

a bit more

  • 発音とアクセント:アビットモア
  • a bit more は a little moreとほぼ同じ意味です。
  • a little bit more という表現でも同様の意味になります。

例文

「もう少しの辛抱だよ」

A bit more patience. と英語で表現できます。

  • patienceは「辛抱」です。他に「忍耐」「根気」「がんばり」という意味があります。
  • patienceの発音は「ペイシェンス」です。

 

「今回はもう少し賢明になってほしい」

I want you to be a bit more sensible this time. と英語で表現できます。

  • sensibleは「賢明な」です。他にも「思慮のある」「分別のある」「感じられる」という意味があります。
  • sensibleの発音は「センシボゥ」です。

 

「このチームにはもう少し勇気が必要です」

This team needs a bit more guts in it. と英語で表現できます。

 

「もう少し頑張ってください!」

You should work hard a bit more! と英語で表現できます。

「もう少し」の英語表現5

some more

  • 発音とアクセント:サムモア
  • some moreは「数量的にもう少し」という意味になります。

例文

「もう少しコーヒーをください」

Let me have some more coffee. と表現できます。

 

「もう少し木を火の上においてください」

Put some more wood on the fire. と表現できます。

 

「もう少しいかがですか?」

Would you like some more? と表現できます。

 

「お水をもう少しほしいです」

I want some more water. と表現できます。

「もう少し」の英語表現6

almost

  • 発音とアクセント:オールモースト
  • almostには「ほとんど」「たいてい」「すんでのところで」という意味があります。

例文

「もう少しだよ」

Almost. と表現できます。

 

「もう少しで 12時だよ」

It's almost twelve o'clock. と表現できます。

まとめ

ご参考になりましたでしょうか?

「もう少し」の英語表現をまとめると「6つ」です。

  1. a little longer
  2. a little more
  3. a bit longer
  4. a bit more
  5. some more
  6. almost

「もう少し」は日常会話でよく使われる英語表現です。

いきなり英語で言われても驚かないように英文ごと覚えておきましょう。英会話の幅も広がりますよ!

「もう少し」と一緒に下記の「日常会話でつかう言葉」も英語で言えるようにしておきましょう。

(上記リンクを押すと詳細ページに移動します)

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら