英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

それからを英語で何という?覚えておきたい表現4選

「それから」を英語であなたは言えますか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は4つあります。

  1. then
  2. after that
  3. since then
  4. one more thing

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

それからの英語表現1

then

「それから」は英語で then といいます。

  • 発音と読み方:
  • その時。
  • 次またはその後。
  • 更に。
  • 結果として。その場合は。
  • 会話をつなげる方法としても使用される。

参照:Cambridge Dictionary

解説

then は「それから」と文章を始めたり、つなげる際に使われます。

そのため then は文頭・文中に使われますが、文末にはあまり使われません。

ちなみに and then という英語表現もよく使われます。

例文

「それから別のことについて話しましょう」

Then let's talk about something different. と英語で表現できます。

 

「それから我々はビジネスの話をいくつかしましょう」

Then we'll talk some business. と英語で表現できます。

それからの英語表現2

after that

「それから」は英語で after that といいます。

  • 発音と読み方:フターダット
  • 時間、場所、順に続くこと。
  • 何かより後で。
  • 結果として。なぜなら。

参照:Cambridge Dictionary

解説

after that は「後に起こったこと」をより強調する英語表現です。

時系列的に then よりも厳格であるといえます。

after that は 通常は文頭・文末に置きます。

then と違い、文末に置くことが多いのがポイントです。

関連する英語表現をまとめておきます。

  • ever after:それからずっと
  • one after another:次々と
  • a week after:1週間後に
  • a week later:1週間後に
  • three days later:3日後に

例文

「それから、私はあなたにすぐお話しします」

After that, I'll talk to you soon. と英語で表現できます。

 

「それから、「続行する」アイコンをクリックします」

After that, ​, click on the 'proceed' icon. と英語で表現できます。

それからの英語表現3

since then

「それから」は英語で since then といいます。

  • 発音と読み方:ンスゼン
  • 過去の特定の時間から後の時間まで。
  • 過去の特定の時間から現在まで。
  • 過去の特定の時間の後の時間。
  • 過去の時から。

参照:Cambridge Dictionary

解説

since thenは「それ以来、あれから、それ以後」という意味です。

過去から現在までに起こっている事象を述べる際に使われる英語表現です。

そのため「完了形と一緒に使われる」ことが多いです。

since then は文頭・文末にもよく使われます。

 

ちなみに ever since は「それから後ずっと」という意味です。

例文

「それから彼とは会っていない」 

I haven't seen him since then.と英語で表現できます。

 

「彼はそれから変わっていませんでした」

He hadn't changed since then. と英語で表現できます。

それからの英語表現4

one more thing

「それから」は英語で one more thing といいます。

  • 発音と読み方:ンモアスィング
  • more: より大きいこと。余分な数または量。大きなサイズを強調する。
  • thing: アイデア、主題、イベント、アクションを大まかに表現すること。

参照:Cambridge Dictionary

解説

one more thing は「それから(もう一つ)」という意味。

相手の注意をひきつけて情報を加えたい時に使える英語表現です。

基本的に口語(会話)で使います。

and, so, then, のように会話をいったん区切る使い方がよくされます。

つまり会話冒頭に使うことが基本となります。

 

関連する英語表現をまとめておきます。

  • therefrom:その場所から・その状況から
  • thence:それ以来
  • thereof:それについて・そこから

例文

「そうそう、それからもう1つ。彼は足に不自由しています」

Oh yeah, one more thing: He has limited use of his legs. と英語で表現できます。

 

「それからもう一つ。ここで言及したいと思います」

One more thing. I want to mention here. と英語で表現できます。

それからの英語動画

then と than の違い

こちらの動画では「then と than の違い」を英語で解説されています。ネイティブの発音でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

THEN と AFTER THAT の違い

こちらの動画では「THEN と AFTER THAT の違い」について英語で解説されています。字幕もあってわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

それからの英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「それから、私は部屋のソファで寝ました」

After that I slept on a couch in the room.

「ソファ」は couch と英語で表現できます。

 

「彼女は1時間待ち、そしてそれから出発した」

She waited for an hour and then she left. 

「出発した」は left と英語で表現できます。

wait for A で「Aの間待つ、Aを待つ」という構文。

 

「それから私はクライアントを彼に紹介しました」

Then I referred a client to him. 

「クライアント」は client と英語で表現できます。

refer A to B で「AをBに紹介する」という構文。

 

「私の車は故障した。そしてそれから車から締め出された」

My car broke down and then I locked myself out. 

「故障した」は broke down  と英語で表現できます。

lock A out で「Aを締め出す」という構文。

 

「それから私は非常に奇妙な電話の呼び出しを受けました」

Then I received a very strange phone call. 

「奇妙な」は strange と英語で表現できます。

「ああ、それからもう一つ。そこにいる間に誰が誰なのか見てみましょう」

Oh, one more thing. Have a look in Who's Who while you're there. 

「見てみる」は Have a look と英語で表現できます。

 

「それからもう1つ、彼はお気に入りのパイも欲しがっています」

One more thing: He also wants his favorite pie. 

「パイ」は pie と英語で表現できます。

 

「1年半がそれから経っています」

A year and a half has passed since then. 

「1年半」は A year and a half と英語で表現できます。

 

「それから救急車を待ちました」

After that, I waited for the ambulance. 

「救急車」は ambulance と英語で表現できます。

wait for A で「Aを待つ」という構文。

 

「私は洗濯をして、そしてそれからそれを裏庭で干します」

I do the washing and then I hang it out in the backyard. 

「洗濯」は washing と英語で表現できます。

「それから、彼が次のことに言及していることに注意してください」

After that, note what he mentions following. 

「次のこと」は following と英語で表現できます。

 

「それから、我々は勝つチャンスについて現実的にならなければなりません」

After that, we have to be realistic about our chances of winning.

「チャンス」は chances  と英語で表現できます。

 

「私は知らない、それから何が起こったのか」

I don't know what happened after that.

「起こった」は happened と英語で表現できます。

 

「それからもう3ヶ月が過ぎ去っています」

3 months have gone by since that.

「3ヶ月」は 3 months と英語で表現できます。

go by は「過ぎ去る」という構文。

 

「それからもちろん、母にも電話しなければなりません」

And of course, I got to call up my mother, too. 

「もちろん」は of course と英語で表現できます。

got to は「Aに到着した、Aしなければならない」という構文。

「それから私は3時ごろに家に帰った」

After that I came home around 3 o'clock. 

「家」は home と英語で表現できます。

 

「しかしそれから、私は悪夢を見始めました」

But after that, I started to have nightmares.

「悪夢」は nightmares と英語で表現できます。

 

「それからまもなく、私はジェーンから再び聞きました」

Shortly after that I heard from Jane again. 

「まもなく」は Shortly と英語で表現できます。

 

「そしてそれからもう一つ。聞いていいですか?いくら私に請求するのか」

And one more thing. Can I ask how much you're going to cost me? 

「請求する」は cost と英語で表現できます。

 

「それから私はそれを他の人に伝えました」

Then I relayed it to the others. 

「他の人」は others と英語で表現できます。

relay は中継する、取り次ぐ、伝えるという意味。

 

「私は午前8時に1日を始めた。そしてそれから何もしなかった」

I started my day at 8am and had nothing to do after that. 

「午前8時」は 8am と英語で表現できます。

「それから気づいたことは、私はお金を稼ぎ続けなければならないことだった」

After that I realized that I had to go on earning the money. 

「お金」は money と英語で表現できます。

go on A で「Aを続ける」という構文。

 

「あれは10年前のことで、それから状況は変わっています」

That was ten years ago and things have changed since then. 

「状況」は things と英語で表現できます。

まとめ

英語表現まとめ

「それから」の英語表現をまとめると「4つ」です。

  1. then
  2. after that
  3. since then
  4. one more thing

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。

このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

関連記事

1日10分で英語をあきれるほど覚える方法とは?

1日10分で英語をあきれるほど覚えるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。