英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

鶴を英語で何という?覚えておきたい表現3選

「鶴」は英語で何というでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は「3つ」あります。

  1. crane
  2. red-crowned crane
  3. Japanese crane

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

鶴の英語表現1

crane

「鶴」は英語で crane といいます。

  • 発音と読み方:クイン
  • 長い脚、くちばし、首、高い後足の指が特徴のツル科の大型の渉禽類。
  • オオアオサギとして、他の家族のさまざまな同様の鳥のいずれか。
  • サスペンション内の重いウェイトを持ち上げて移動するための機械。
  • 暖炉のそばで火の上に鍋を吊るすために使用される装置。
  • 映画やTVで高角度からの撮影にカメラを搭載できる車両。
  • 船の側面にあるボートを支える装置。
  • つる座。

参照:Dictionary.com

解説

crane はツル目ツル科に分類される鳥の総称。

大きくて足の長い、首の長い鳥で、15種が確認されています。

例文

「その鶴は自分の巣が好きです」

The crane likes its own nest. と英語で表現できます。

 

「その鶴は自分が歌うのを聞くのが好きです」

The crane likes to hear himself sing. と英語で表現できます。

鶴の英語表現2

red-crowned crane

「鶴」は英語で red-crowned crane といいます。

  • 発音と読み方:ッドクラウンド クイン
  • 日本ではタンチョウヅルと呼ばれる。
  • 世界で最も希少な鶴の1つである東アジアの大型の鳥。
  • 幸運、長寿、そして忠実さの象徴として知られている。

参照:Wikipedia

例文

「その鶴は自分の巣が好きです」

The red-crowned crane likes its own nest. と英語で表現できます。

 

「その鶴は自分が歌うのを聞くのが好きです」

The red-crowned crane likes to hear himself sing. と英語で表現できます。

鶴の英語表現3

Japanese crane

「鶴」は英語で Japanese crane といいます。

  • 発音と読み方:ジャーパニーズ クイン
  • 日本ではタンチョウヅルと呼ばれる。
  • 頭頂にはほぼ羽毛がなく黒い剛毛がまばらに生え、赤い皮膚が裸出する。
  • タン(丹)は「赤い」の意で、頭頂に裸出した皮膚に由来する。

参照:Wikipedia

例文

「鶴はその歌で知られているかもしれません」

A Japanese crane may be known by its song.  と英語で表現できます。

 

「その鶴は、みみずを捕まえます」

It's the Japanese crane that catches the worm.  と英語で表現できます。

鶴の英語動画

何千羽の鶴が飛ぶ様子

こちらの動画では「何千羽の鶴が飛ぶ様子」について英語で解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

日本の鶴(タンチョウ)を救おう

こちらの動画では「日本の鶴(タンチョウ)を救おう」について英語で解説されています。丁寧な解説でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

鶴の英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「その鶴は自分の巣を汚します」

It is a crane that fouls its own nest. 

「巣」は nest と英語で表現できます。

発音はネストです。

 

「高く舞い上がりすぎる鶴はいない、自分の翼で舞い上がるならば」

No crane soars too high, if he soars with his own wings. 

「翼」は wings と英語で表現できます。

発音はウィングです。

soar は高く上がる、舞い上がるという意味。

 

「歌えるが歌おうとしない鶴は、歌うようにさせなければならない」

The crane that can sing and won’t sing must be made to sing.

「歌う」は sing と英語で表現できます。

発音はスィングです。

 

「彼は鶴を捕まえるだろうが、怖がらせてはならない」

He that will take the crane must not scare it. 

「怖がらせる」は scare と英語で表現できます。

発音はスケアです。

 

「それぞれの鶴は自分が歌うのを聞くのが大好きです」

Each crane loves to hear himself sing. 

「それぞれの」は each と英語で表現できます。

発音はイーチです。

 

「その鶴は、捕まえられるまでは素敵に鳴きます」

The crane sounds sweet until he is caught. 

「鳴く」は sound と英語で表現できます。

発音はサウンドです。

 

「その猫は静かに鶴に向かって忍び寄っています」

The cat is creeping silently towards the crane.

「静かに」は silently と英語で表現できます。

発音はサイレンリィです。

 

「檻の中には美しい鶴がいます」

There is a beautiful crane in the cage.

「檻」は cage と英語で表現できます。

発音はケイジです。

 

「羽だけが鶴を作るわけではありません」

It is not only the feather that makes the crane. 

「羽」は feather と英語で表現できます。

発音はフェザァです。

feather と wing はどちらも羽という意味です。

違いは下記の通り。

  • feather:羽毛
  • wing:翼

 

「その鶴は羽を羽ばたかせて、飛び去った」

The crane flapped its wings and flew away.

「飛ぶ」は fly と英語で表現できます。

発音はフライです。

 

「あの鶴はその赤ちゃんをつつこうとした」

That crane tried to peck the baby.

「赤ちゃん」は baby と英語で表現できます。

発音はベイビィです。

 

「その小さい鶴は米粒を食べています」

The little crane is eating a grain of rice.

「米」は rice と英語で表現できます。

発音はライスです。

grain は一粒、穀物という意味。

「鶴が袋に穴をあけていた」

A crane had pecked a hole in the sack.

「袋」は sack と英語で表現できます。

発音はサァックです。

 

「家が人のためにあるように、巣は鶴のために、洞窟は動物のためにあります」

As the house is to the man, so is the nest to the crane and the cave to the animal. 

「洞窟」は cave と英語で表現できます。

発音はケイヴです。

 

「その鶴は木の中で高い声で明るく歌いました」

The crane sang high and clearly in the tree.

「明るく」は clearly と英語で表現できます。

発音はクリアリィです。

 

「彼はその鶴を銃で撃った」

He shot the crane with his gun.

「銃」は gun と英語で表現できます。

発音はガンです。

 

「この鶴はイギリスへの珍しい冬の訪問者です」

This crane is an unusual winter visitor to Britain.

「訪問者」は visitor と英語で表現できます。

発音はヴィジタァです。

 

「珍しい鶴がちょうど飛んできたところです」

A rare crane has just flown by.

「珍しい」は rare と英語で表現できます。

発音はレアです。

「この種の鶴は現在アフリカにのみ存在します」

This species of crane now exists only in Africa.

「種」は species と英語で表現できます。

発音はスピィシィズです。

 

「その鶴はこの国では非常にまれです」

That crane is very rare in this country.

「国」は country と英語で表現できます。

発音はカントリィです。

 

「鶴は平らなくちばしで識別できます」

The crane is recognizable by its flattened beak.

「くちばし」は beak と英語で表現できます。

発音はビィークです。

 

「一般的に、鶴は大きくて強い鳥です。」

Generally, the crane is a large and strong bird.

「鳥」は bird と英語で表現できます。

発音はバァドです。

 

「基本的に、野生には推定5,000羽の鶴が生息しています。」

Basically, there are an estimated 5,000 cranes living in the wild.

「野生」は wild と英語で表現できます

発音はワイルドです。

 

「鶴は体型がサギや白鷺に似ています」

Cranes resemble herons and egrets in body shape.

「似ている」は resemble と英語で表現できます

発音はリゼンボゥです。

まとめ

英語表現まとめ

「鶴」の英語表現はまとめると「3つ」です。

  1. crane
  2. red-crowned crane
  3. Japanese crane

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。