英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

営業を英語で何という?覚えておきたい表現2選

「営業」を英語であなたは言えますか?ちょっと考えてしまいますよね。

「営業」の英語表現は厳選するとこの2つです。

  1. sales
  2. business

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく英語表現を解説しました。ぜひ参考にしてください。

営業の英語表現1

sales

「営業」は英語で sales といいます。

  • 発音と読み方:イオス
  • 会社の製品を販売する部門。
  • 販売されたアイテムの数。
  • 売上高。取り引き。販売。売れ行き。

参照:Cambridge Dictionary

解説

sales は職責における営業というときに使われる英語表現です。

たとえば

  • 営業担当者:Sales Representative
  • 営業部:Sales Department

という風に使われます。

sales と最後に「s」をつけるのがポイント。

例文

「彼は営業担当者として働いていました」

He worked as a sales representative. と英語で表現できます。

 

「彼は営業部長に昇格した」

He was upgraded to sales director. と英語で表現できます。

営業の英語表現2

business 

「営業」は英語で business といいます。

  • 発音と読み方:ジネス
  • 会社や組織による商品やサービスの売買活動。
  • 商品やサービスを売買する特定の会社。
  • 会社や個人の仕事の成功の度合い。
  • 自分のやるべき仕事。職業。業務。
  • 誰かが特定の店や会社などから商品やサービスを購入すること。

参照:Cambridge Dictionary

解説

business は 大きなくくりで営業と捉える時に使われる言葉。

たとえば

  • 営業日:business day
  • 営業時間:business hours
  • 営業所:a business office

という風に使われます。

例文

「営業時間は午前10時から午後3時までです」

Our business hours are from 10 a.m. to 3 p.m. と英語で表現できます。

 

「営業は8時からです」

Our business hours begin at eight. と英語で表現できます。

営業の英語動画

基本会話をビジネス英語にする方法

こちらの動画では「基本的な英会話をビジネス向けにする方法」を英語で解説されています。ネイティブの発音でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

営業で使う英単語を解説

こちらの動画では「営業で使う英単語」を英語で解説されています。プレゼン形式になっていてわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

営業の英語コラム

「営業担当」「販売員」の英語表現4選

「営業担当」「販売員」の英語表現は次の4つです。

  1. sales representative
  2. sales staff
  3. in charge of sales
  4. salesperson

下記に詳しくまとめておきます。

sales representative

「営業担当」「販売員」は英語で sales representative といいます。

  • 発音と読み方:ールス リプリンテテブ
  • 会社の製品を販売することを仕事とする人。
  • 多くの場合さまざまな場所に移動する人。

sales rep.と英語の名刺に記載できます。 

representative"は"rep."と略することができます。

representativeは代表、外交員、販売会社という意味があります。

参照:Cambridge Dictionary

sales staff

「営業担当」「販売員」は英語で sales staff といいます。

  • 発音と読み方:ールス スーッフ
  • 組織で働く人々のグループのうち販売を担当する人。

「販売部門に属する1人」というニュアンスになります。

参照:Cambridge Dictionary

in charge of sales

「営業担当」「販売員」は英語で in charge of sales といいます。

  • 発音と読み方:インチャージ オブ ールス
  • 販売に責任のある何かあるいは人。

person in charge of salesだと「販売に責任のある人」という意味になります。 

参照:Cambridge Dictionary

salesperson

「営業担当」「販売員」は英語で salesperson といいます。

  • 発音と読み方ールスパーソン
  • 店や通販などで直接顧客に販売する人。販売係。店員

「店員」の意味合いが強い表現ですが「営業マン」という意味にもなります。

下記の英語表現でも同じ意味になります。

  • sales personnel
  • sales assistant
  • sales associate

営業部署の英語表記例まとめ

営業の英語表記例を下記にまとめておきます。名刺に記載するときなどにご利用下さい。

ただし国・地域・会社で使い方は異なるためあくまで参考にどうぞ。

 

「営業本部」は英語で 下記の2つがあります。

  • Sales Department
  • Sales Division

「営業所」の英語表現は下記の2つ。

  • Sales Office
  • Business Office

「営業推進部」の英語表現は Sales Promotion Department。

「営業企画部」の英語表現は Sales Planning Department。

営業本部長は英語で何という?

「営業本部長」は英語で General Manager of Sales Division といえます。

  • General Manager は 欧米企業で広く用いられる役職名(参考:Wikipedia)。
  • 配下にある組織に対して決定権を持つ役職なので部長や社長も General manager といえます。

今回は「営業本部の長」なので Sales Didvision(営業本部)という英語表現をつけます。

ちなみにGeneral Managerは英語で GM と略することができます。

営業職の英語表記例まとめ

「営業部長」の英語表記は下記の2つ。

  • Sales Division Manager
  • Sales Director

「営業事務」は英語で Sales Assistant です。

  • ちなみに事務=Assistant(アシスタント)というわけでもないのです。
  • ただ営業のメインの仕事は売ることです。
  • 事務はそのサポートをするという位置づけでAssistant という英語が妥当でしょう。

「営業課長」は英語で Sales Manager でOKでしょう。

「最高マーケティング責任者」は英語で Chief Marketing Executive。

「地域マネージャー」の英語名は Regional Manager となります。

自営業は英語で何という?

「自営業」は英語で self-employment といいます。

「自営業者」は英語で次の3つで表現できます。

  • self-employed
  • self-employed business owners
  • self-employed person

「自営業」や「自営業者」の英語表現は入国カード・ESTA・履歴書に書くときに便利です。覚えておきましょう。

ちなみに「個人事業主」は英語で small business owner となります。

反響営業は英語で何という?

反響営業は英語で Direct Response Marketing といいます。

略してDRMともいいます。マーケティング用語としては有名ですね。

「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」という日本語にもなってます。

反響英語という言葉より有名になりました。

24時間営業は英語で何という?

「24時間営業」は英語で open 24 hours といいます。

「24時間営業のお店」だと英語で a 24 hour store です。

hourに s がつかないので注意です。

ちなみに「夜間営業」なら英語で open all night となります。

 

応用例として「24時間営業・年中無休」の英語表現は下記の4つ。

  • open 24 hours every day
  • 24/7
  • 24-7
  • 24/7/365

24/7などの数字だけの表記はカジュアルに英語で書くときに使います。フォーマルなときには使いません。

24時間営業(7日間・365日)=年中無休というわけですね。

 24/7 を英語で読むときは twenty-four seven と読みます。

ちなみに「夜間営業」なら英語で open all night となります。

法人営業は英語で何という?

「法人営業」や「企業営業」は英語で corporate sales でOKです。

「法人営業部門」なら英語で corporate sales division と書けますね。

「​通常通り営業中」は英語で何という?

「通常通り営業中」は英語で open as usual といいます。

「通常の営業時間」なら次の2つの英語表現でOK.

  • normal business hours
  • regular business hours

両方とも同じ程度に使われる英語フレーズです。

住宅営業は英語で何という?

「住宅営業」の英語表現で2つにわけられますね。

  • 住宅販売の場合:Real Estate Business
  • 住宅建築の場合:Residential Housing Construction

海外営業は英語で何という?

海外営業は英語で次の2つの言い方ができます。

  • overseas sales
  • international sales

どっちも正解なんですけど個人的には overseas sales のほうがメジャーな英語フレーズかな?と思います。

ちなみに「国内営業」は domestic sales といいます。

飛び込み営業は英語で何という?

「飛び込み営業」は英語で次の2つの言い方があります。

  • walk-in sales
  • door-to-door sales

飛び込み営業とはアポなしで訪問して販売することをいいます。訪問販売ともいえます。

walk-in という英語表現は「飛び込む」というニュアンスがすごくありますね。

ちなみに「飛び込み営業をする」は英語で do walk-in sales となります。

 

2つ目の英語表現 door-to-doorは「お店のドアを次々と訪問する」という英語独特の言い回しです。

アポなしで訪問しても断れることが多いですから次々とドアを開けて販売していくイメージ。

これは日本でも英語圏でも同じですね。

技術営業は英語で何という?

「技術営業」は英語で technical sales といいます。

ただし「技術営業者」の場合は Sales Engineer という英語表記が一般的ですね。

「短縮営業する」は英語で何という?

「短縮営業する」は英語で shorten business hours となります。

  • 「短縮する」は英語で shortenといいます。reduce でもOK。
  • 「営業時間」は英語で business hours といいます。

英語例文はこちら。

「当面は時間を短縮して営業します」

We will shorten business hours for time being.

ルート営業は英語で何という?

「ルート営業」は英語で route sales といいます。

ルート営業とは一定の顧客を決まった道順(ルート)で巡回して販売する手法のことです。

英語をそのまま読んで「ルートセールス」とも呼ばれます。

企画営業は英語で何という?

「企画営業」は英語で planning sales といいます。

  • 「企画営業部」の英語名は Planning and Sales Department。
  • 「企画営業課」の英語名は Planning and Sales Division でOK。

日本の官公庁では 部の英語訳はDepartment、課の英語訳は Division となっているようです。

「営業で新規顧客開拓する」は英語で何という?

「営業で新規顧客開拓する」は英語でどういえばいいでしょうか。

さまざまな英語表現が考えられますが下記の2つが妥当と思われます。

  • develop new customers by selling
  • find new customers by selling

新規顧客開拓(新規営業)を英語で表現するときは develop や find という動詞を使うのがポイントですね。

代理店営業は英語で何という?

「代理店営業」は英語で agency sales といいます。

「代理店」は英語で agency。エージェンシーは日本語にもなってますね。

「代理店」と比較される言葉が「販売店」です。

販売店は英語で distributer です。

 

「代理店」と「販売店」は次の違いがあります。

  • 代理店:商品を仕入れない。商品の販売行為をするだけ。
  • 販売店:商品を仕入れる。在庫リスクや商品欠陥リスクがある。

英語圏ではこの代理店と販売店の役割が明確にわかれています(参照ページ)。

一方で日本では「総代理店」という風に両方の機能を兼ねることがあります。

提案型営業は英語で何という?

「提案型営業」は英語で次のように表現できます。

  • proposal-based sales
  • proposal-based selling
  • proposal-based sales approach

提案型営業とは積極的に解決案を提示して販売につなげる活動です。

最近のビジネスでは提案力を求められることが多いですね。

 propose は英語で提案する、提出する、申し込むという意味があります。

suggest に比べると積極的に提案するニュアンスがあります。

リテール営業は英語で何という?

「リテール営業」は英語で retail sales といいます。

「リテール」は 英単語 retail からきた言葉です。小売や小口取引のことですね。BtoCとも呼ばれます。

 

リテールの対義語は「ホールセール」になります。これは大企業相手の大口取引のことをいいます。卸売の販売形態をとります。

ホールセールは英語で wholesale といいます。

営業電話は英語で何という?

「営業電話」は英語で sales call といいます。

 営業電話の中でも勧誘電話する場合は英語で cold call といいますよ。

深夜営業は英語で何という?

「深夜営業」は英語で late-night service といいます。

深夜でやっているお店について表現するときに使う言葉ですね。

「深夜の」は英語で late-night という書き方をします。ちなみにハイフンがあってもなくても読み方は同じです。

 

ちなみに他のサイトでは late-night operation という英語訳を記載しているところも多いです。

この英語表現でも悪くはないのですが operation は従事する側が使う言葉ですからちょっと違うかなと。

late-night service の英語表現のほうが「お店が深夜営業をやっているよ」というニュアンスが伝わると思います。

広告営業は英語で何という?

「広告営業」は英語で advertising sales といいます。

「広告代理店営業」なら英語で advertising agency sales でOK。

  • 「広告」の英語表現が advertising
  • 「代理店」の英語表現が agency

となります。

営業の英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「彼は会社で営業担当者として働いていました」

He worked as a sales representative for the company.

「彼は働いていた」は He worked と英語で表現できます。

「営業担当者として」は sales representative でOK。

「会社で」は for the company となります。

representative は英語でレプリゼンテテブと発音します。

 

「彼は営業担当者としてストレスの多い仕事を抱えた」

He had a stressful job as a sales representative. 

「彼はストレスの多い仕事を抱えた」は He had a stressful job と英語で表現できます。

「営業担当者として」は as a sales representative でOK。

stressful は英語でストレスフォゥと発音します。

 

「営業担当者はプロのセールスマンです」

The sales representative is a professional seller. 

「営業担当者は」は The sales representative と英語で表現できます。

「プロのセールスマンです」は is a professional seller でOK。

セールスマンは英語で sales man とは言わないので注意。

「出版営業担当は、出版社の教育用商品を売るために学校を訪問します」

The publishing sales representative visits to schools to sell publishers' educational lines. 

「出版営業担当」は The publishing sales representative と英語で表現できます。

「学校を訪問します」は visits to schools でOK。

「出版社の教育用商品を売るために」は to sell publishers' educational lines となります。

lineは英語で商品ラインナップという意味ですね。

 

「営業担当者の役割は組織全体の営業活動において重要です」

The role of the sales representative is important in the organization's overall sales effort. 

「営業担当者の役割」は The role of the sales representative と英語で表現できます。

「重要です」は is important でOK。

「組織全体の営業活動において」は in the organization's overall sales effort となります。

overall は英語で全体の、仕事着、白衣という意味。オヴァーオールと発音します。

ちなみに overalls だと、つなぎ、オーバーオールという意味。

「営業担当の職務は、他の務めを含みます」

The tasks of a sales representative include other duties. 

「営業担当の職務」は The tasks of a sales representative と英語で表現できます。

「他の務めを含む」は include other duties でOK。

task は英語で骨の折れる仕事、義務、職務という意味。

duty は義務、職務、務め、任務、税という意味。

task はタスクという日本語にもなっていて、やるべき仕事というニュアンスです。

 

「同社は新しい営業部長を任命しています」

The company has appointed a new sales director. 

「同社は任命しています」は The company has appointed と英語で表現できます。

「新しい営業部長」は a new sales director でOK。

appoint は英語で任命する、予定を定める、設立するという意味。

 

「彼は2020年に営業部長として入社しました」

He joined the company in 2020 as sales director.

「彼は入社した」は He joined the company と英語で表現できます。

「2020年に」は in 2020 でOK。

「営業部長として」は as sales director となります。

director は英語で指導者、重役、取締役という意味。

「私は営業部長に売上高で一番を取るように依頼しました」

I asked the sales director to lead off with the sales figures.

「私は営業部長に依頼した」は I asked the sales director と英語で表現できます。

「売上高で一番を取るように」は to lead off with the sales figures でOK。

ask A to B で「BするようにAに頼む、依頼する」という英語構文。

lead off は「一番を取る、先頭を取る、引き連れる」という熟語。

sales figures で「売上高」という意味。

figure は形、外観、図、フィギュア(人形)という意味があります。

 

「当社は昨年営業部長を雇用しました」

Our company hired a sales director last year. 

「当社」は Our company と英語で表現できます。

「営業部長を雇用した」は hired a sales director でOK。

「昨年」は last year となります。

hire は英語で雇用する、一時的に借りるという意味。

ちなみに fire は解雇する、火をつける、発射するという意味。

発音は似ているので注意ですね。

「あなたは通常の営業時間中にヘルプラインに電話すべきです」

You should call the helpline during normal business hours. 

「あなたはヘルプラインに電話すべきです」は You should call the helpline と英語で表現できます。

「通常の営業時間中に」は during normal business hours でOK。

business hours は英語で営業時間という意味。

hoursと複数形になるのがポイント。

 

「多くのショールームは営業時間中にスタッフが配置されています」

Many showrooms are staffed during business hours. 

「多くのショールームにはスタッフが配置されている」は Many showrooms are staffed と英語で表現できます。

「営業時間中に」は during business hours でOK。

staff は英語でスタッフを配置する、職員を置くという意味。

 

「営業時間中に2件の盗難が報告されました」

Two thefts were reported during business hours. 

「2件の盗難が報告された」は Two thefts were reported と英語で表現できます。

「営業時間中に」は during business hours でOK。

theft は英語で盗難、盗み、窃盗という意味。

「詳細については通常営業時間内に123-4567にお電話ください」

For more information call 123-4567 during regular business hours. 

「詳細については」は For more information と英語で表現できます。

「123-4567にお電話ください」は call 123-4567 でOK。

「通常営業時間内に」は  during regular business hours となります。

regular は英語で通常の、正規の、定期のという意味。

For more information は「さらなる情報は=詳細については」となります。

 

「コンピューターは営業所の生産効率を高めています」

Computers have increased productivity in business offices. 

「コンピューターは高めている」は Computers have increased と英語で表現できます。

「営業所の生産効率」は productivity in business offices でOK。

productivity は英語で生産性、生産力、生産効率という意味。

increase は増える、高まる、強まるという意味。

「6人が営業所に登録しました」

Six people registered in business offices. 

「6人が登録した」は Six people registered と英語で表現できます。

「営業所に」は in business offices でOK。

register は英語で登録する、記録、登記、登記簿という意味。

 

「もしこれが評価されるなら、営業所は最大の潜在能力で稼働できたでしょう」

If this is appreciated, a business office could operate at its full potential.

「もしこれが評価されるなら」は If this is appreciated と英語で表現できます。

「営業所は稼働できたでしょう」は a business office could operate でOK。

「最大の潜在能力で」は at its full potential となります。

operate at A で「Aで稼働する」という英語構文。

appreciate は評価する、感謝するという意味。

どちらかというと「認められていなかったものの真価を認める」というニュアンスですね。

potential は可能性、潜在能力という意味。

「営業担当としての彼女の仕事は、個人情報を得ることを可能にさせた」

Her work as a sales representative enabled her to obtain personal details.

「営業担当としての彼女の仕事」は Her work as a sales representative と英語で表現できます。

「個人情報を得ることを可能にさせた」は enabled her to obtain personal details でOK。

enable A to B で「AにBすることを可能にさせる」という英語構文。

obtain は得る、手に入れるという意味。

personal details は個人情報という熟語。

 

「当社の営業スタッフの多くはオンラインで仕事をしています」

Many of our sales staff work on line.

「当社の営業スタッフの多くは」は Many of our sales staff と英語で表現できます。

「オンラインで仕事をする」は work on line でOK。

on line は英語で「オンラインで、流れ作業で」という熟語。

「弊社の営業スタッフは御社にアドバイスするためにそこにいます」

Our sales staff are there to give you advice.

「弊社の営業スタッフはそこにいます」は Our sales staff are there と英語で表現できます。

「御社にアドバイスをするために」は to give you advice でOK。

give A advice で「Aにアドバイスする」という英語構文。

adviceはアドバイス、忠告、助言という意味。

 

「営業スタッフは、これらの新盤を小売業者に見せます」

The sales staff show these new releases to retailers.

「営業スタッフ」は The sales staff と英語で表現できます。

「これらの新盤を見せます」は show these new releases でOK。

「小売業者に」は to retailers となります。

show A to B で「AをBに見せる」という英語構文。

staff は単数・複数どちらの意味でも使うことができます。

release は新盤、ニュース、公開、封切りという意味。

「当社の営業スタッフは知識が豊富で、お役に立ち、そして明るいです」

Our sales staff are knowledgeable, helpful, and cheerful.

「当社の営業スタッフは知識が豊富です」は Our sales staff are knowledgeable と英語で表現できます。

「お役に立ち、そして明るいです」は helpful and cheerful でOK。

helpful は英語で助けになる、役に立つという意味。

cheerful は元気のいい、明るいという意味。

 

「顧客は、早口の営業にうんざりしています」

Customers are tired of the fast-talking salesperson.

「顧客はうんざりしている」は Customers are tired と英語で表現できます。

「早口の営業」は the fast-talking salesperson でOK。

tired of A で「Aにうんざりする」という英語構文。

 

「営業担当は温かい挨拶で彼女を歓迎した」

The salesperson greeted her with a warm hello.

「営業担当は彼女を歓迎した」は The salesperson greeted her と英語で表現できます。

「温かいあいさつで」は with a warm hello でOK。

greet A with B で「AをBで歓迎する」という英語構文。

ちなみに great は「すごい」という意味。

スペルが似ているので注意しましょう。

「営業担当として私はストレスの多い仕事を抱えた」

I had a stressful job as a sales representative.

「私はストレスの多い仕事を抱えた」は I had a stressful job と英語で表現できます。

「営業担当として」は as a sales representative でOK。

stressful は英語で精神的につらい、ストレスの多いという意味。

 

「営業担当は、売り手としての自分のニーズに焦点を当てています」

The sales representative is focussing on his needs as a seller.

「営業担当は焦点を当てている」は The sales representative is focussing と英語で表現できます。

「売り手としての自分のニーズに」は on his needs as a seller でOK。

focuss on A で「Aに焦点を当てる」という英語構文。

 

「彼は自分の仕事を営業スタッフに言葉で説明しました」

He described his work to the sales staff.

「彼は自分の仕事を言葉で説明しました」は He described his work と英語で表現できます。

「営業スタッフに」は to the sales staff でOK。

describe A to B で「AをBに言葉で説明する」という英語構文。

「優れた営業担当は押しが強くなければなりません」

A good salesperson has to be aggressive.

「優れた営業担当」は A good salesperson と英語で表現できます。

「押しが強くなければならない」は has to be aggressive でOK。

aggressive は英語で積極的な、意欲的な、押しの強いという意味。

 

「誰が営業の責任者ですか?」

Who is in charge of sales?

「誰が」は Who is と英語で表現できます。

「営業の責任者」は in charge of sales でOK。

in charge of A で「Aの責任者」という英語構文。

 

「営業の責任者なら誰にでもそれをどうか送ってください」

Please send it to whoever is in charge of sales.

「それをどうか送ってください」は Please send it と英語で表現できます。

「営業の責任者なら誰でも」は to whoever is in charge of sales でOK。

send A to B で「AをBに送る」という英語構文。

「営業スタッフは社用車を受け取ります」

Sales staff get a company car.

「営業スタッフ」は Sales staff と英語で表現できます。

「社用車を受け取る」は get a company car でOK。

get は英語で受け取る、もらう、得るという意味。

a company car で社用車という意味になります。

 

「営業担当がインクのボトルをくれました」

The salesperson gave me a bottle of ink.

「営業担当」は The salesperson と英語で表現できます。

「私にインクのボトルをくれました」は gave me a bottle of ink でOK。

give A B で「AにBを与える」という英語構文。

a bottle of A で「Aのボトル」という構文。

たとえば a bottle of water なら「水のボトル1本」という意味になります。

bottle はバロゥと発音します。

 

「私は会社で最高の営業担当者です」

I am the best salesperson in the company.

「私は最高の営業担当者です」は I am the best salesperson と英語で表現できます。

「会社で」は in the company でOK。

the best は英語で「最高の、一番の」という意味。the が必要です。

まとめ

英語表現まとめ

「営業」の英語表現はまとめると「2つ」です。

  1. sales
  2. business

「営業」はビジネス英語でよく使われる表現です。

いきなり英語で言われても驚かないようにまとめて覚えておきましょう。英会話の幅も広がりますよ!

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

関連記事

1日10分で英語をあきれるほど覚える方法とは?

1日10分で英語をあきれるほど覚えるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。