英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

フクロウを英語で何という?覚えておきたい表現2選

「フクロウ」は英語で何というでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は以下の通りです。

  1. owl
  2. Ural owl

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

フクロウの英語表現1

owl

「フクロウ」は英語で owl といいます。

  • 発音と読み方:ゥル
  • 平らな顔と大きな目を持ち、夜に小さな哺乳類を狩る鳥。
  • 平らな顔、大きな丸い目、鉤状のくちばし、そして強く曲がった爪を持った鳥。
  • 夜に小さな哺乳類を狩る鳥。
  • 夜遅くまで起きているのが好きな人。

参照:Cambridge Dictionary

解説

フクロウとミミズクの違いをまとめておきます。

耳がないのがフクロウ(owl )です。

耳があるのがミミズク(eared owl あるいは horned owl)。

両方とも owl がつきますが区別はしておきましょう。

ちなみに「夜更かし型」は英語で night owl といいます。

例文

「私はそのフクロウのために生きました」

I lived for that owl. と英語で表現できます。

 

「そのフクロウは羽をふわっとふくらませた」

The owl fluffed out its feathers. と英語で表現できます。

フクロウの英語表現2

Ural owl

「フクロウ」は英語で Ural owl といいます。

  • 発音と読み方:ユーラル ゥル
  • フクロウ属に分類される鳥類。
  • 夜行性で知名度は高く、「森の物知り博士」「森の哲学者」などと知られている。
  • スカンジナビア半島から日本にかけてユーラシア大陸北部に帯状に広く分布する。
  • 別名ウラルフクロウ。

参照:Wikipedia

例文

「窓越しにフクロウが羽ばたくのに誰も気づかなかった」

No one noticed the Ural owl flutter past the window. と英語で表現できます。

 

「遠くでフクロウの鳴き声がする」

In the distance there is the hoot of an Ural owl. と英語で表現できます。

フクロウの英語動画

静かに飛ぶフクロウ

こちらの動画では「静かに飛ぶフクロウ」について英語で解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

面白くてかわいいフクロウ

こちらの動画では「面白くてかわいいフクロウ」についてまとめています。英語上達のためにもぜひご覧ください。

フクロウの英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「このタイプのフクロウは、砂漠の生息地をむしろ好みます」

This type of owl prefers a desert habitat.

「生息地」は habitat と英語で表現できます。

prefer はむしろ好む、抜擢するという意味。

 

「フクロウは巣から去ったようです」

The owl seems to have deserted its nest.

「巣」は nest と英語で表現できます。

seem to Aで「Aのようだ」という構文。

desert は去る、捨てる、砂漠という意味。

 

「フクロウは夜の王様です」

An owl is the king of the night. 

「王様」は king と英語で表現できます。

 

「フクロウはネズミの上に急降下して襲いました」

The owl swooped down on a mouse.

ネズミ」は mouse と英語で表現できます。

swoop down は「急降下する」という熟語。

swoop はスウ―プと発音します。

 

「そのフクロウは多くのカリフォルニアの人々にとって神聖なものです」

The owl is sacred for many Californian people.

「人々」は people と英語で表現できます。

sacredは神聖な、宗教上のという意味。

セイクレッドと発音します。

「彼女の新しい眼鏡は彼女の見た目をフクロウのようにする」

Her new glasses make her look like an owl.

「眼鏡」は glasses と英語で表現できます。

眼鏡やズボンなど「対になる」ものは、複数形になる場合が多いですね。

 

「どこかで夜の静寂の中でフクロウがホーと鳴きました」

Somewhere in the stillness of the night an owl hooted.

「夜」は night と英語で表現できます。

stillness は静寂、沈黙、静止という意味。

 

「庭の中に出て、フクロウが突然ホーと鳴きました」

Out in the garden an owl hooted suddenly.

「庭」は garden と英語で表現できます。

hoot はホーと鳴く、やじる声を出すという意味。

 

「私は再度、フクロウの鳴き声を聞きました」

I again heard the call of an owl.

「鳴き声」は call と英語で表現できます。

the call of A で「Aの鳴き声」という構文。

 

「フクロウは暗闇の中で見えます」

An owl can see in the dark.

「暗闇」は dark と英語で表現できます。

「彼はフクロウとの出来事を決して忘れませんでした」

He never forgot the incident with the owl.

「出来事」は incident と英語で表現できます。

 

「フクロウの箱は風からの保護が必要です」

Owl boxes require protection from the wind.

「保護」は protection と英語で表現できます。

 

「カラスは、フクロウのように、頭を回転させた」

Crow, like an owl, swivelled his head.

「カラス」は Crow と英語で表現できます。

swivelled の原形は swivel。回転する、旋回するという意味。

スイヴォゥと発音します。

 

「フクロウがブナの木の中でホーと鳴きました」

The owl hooted in the beech tree.

「木」は tree と英語で表現できます。

 

「フクロウは、その爪で獲物を殺す捕食性の鳥です」

The owl is a predatory bird which kills its prey with its claws.

「鳥」は bird と英語で表現できます。

preyは「獲物」、predatorは「捕食者」となります。

「極度の被害が見られるのはカテゴリ4の種には、フクロウ、チョウゲンボウ、ハヤブサがいます」

Extreme damage is seen in the category 4 species, owl, kestrel and peregrine.

「被害」は damage と英語で表現できます。

peregrine はハヤブサ、ペレグリンという意味。

 

「フクロウの目つきは彼を明らかに脅して退散させていた」

The owl light had obviously scared him off.

「明らかに」は obviously  と英語で表現できます。

scare A off で「Aを脅して退散させる」という構文。

scare A away でも同じです。

light は目つき、光という意味。

 

「フクロウが森の中でホーと鳴いていた」

The owl was hooting in the woods.

「森」は the woods と英語で表現できます。

 

「彼はフクロウのランプを下ろした」

He put the owl lamp down.

「ランプ」は the lamp と英語で表現できます。

put A downで「Aを下ろす」という構文。

ちなみに put は過去形でも put です。

「中型のフクロウが唯一の長い耳のフクロウでした」

A medium-sized owl was the only one with long ear.

「中型の」は a midium-sized と英語で表現できます。

oneは owl の代名詞になっています。

同じ英文で同じ言葉を繰り返すのを避けるために使われています。

 

「この特定のフクロウの脅威はやや誇張されていました」

This particular owl threat was somewhat overblown.

「やや」は somewhat と英語で表現できます。

overblownは「誇張された」という意味です。

ちなみに overblown はoverblow の過去分詞でもあります。

overblowだと「吹き荒れる」という意味になります。

 

「カテゴリ1には、フクロウとコミミズクが含まれます」

Category 1 contains the owl and short-eared owl.

「カテゴリ1」は Catgory 1 と英語で表現できます。

 

「ここはフクロウを見に来るには本当に良い場所です」

This really is the place to come to see an owl.

「場所」は place と英語で表現できます。

come to see A で「Aを見に来る」という構文。

 

「私はフクロウとその住居を守りたい」

I want to protect the owl and its habitat.

住居」は habitat  と英語で表現できます。

「フクロウの直立姿勢はカモメとは異なります」

The upright posture of the owl is different from the gull.

「姿勢」は posture と英語で表現できます。

gull はカモメ、だまされやすい人、カモという意味。

ガーゥと発音します。

different from A で「Aと違う」という構文。

 

「我々はフクロウの鳴き声を聞き、彼がそれに答えると、答えが返ってきた」

We heard an owl call, and he answered it and it answered back.

「答えた」は answered と英語で表現できます。

 

「少なくとも1匹の小さなフクロウが原子炉の現場で飼育されています」

At least one little owl has been raised on reactor site.

「原子炉」は reactor と英語で表現できます。

at least は「少なくとも」という熟語。

raise on A で「Aで飼育する」という構文。

 

「合計800万エーカーがフクロウのために確保されました」

A total of 8 million acres were set aside for the owl.

「エーカー」は acres と英語で表現できます。

acres は acreの複数形。エイカーズと発音します。

set aside は「ものを脇に置く、時間やお金を蓄える、無視する、除外する」という熟語。

「フクロウが歌うとき、静けさを保つでしょう」

When the owl sings, she will hold her peace. 

「静けさ」は peace と英語で表現できます。

まとめ

英語表現まとめ

「フクロウ」の英語表現はまとめると「2つ」です。

  1. owl
  2. Ural owl

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。