英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

ご担当者様、御中は英語でどう書けばいい?まとめました

「ご担当者様」「御中」は英語で何と書けばいいでしょうか?

ご担当者様」と「御中」は両方とも Dear を使えば表現できます。ただしこの表現は相手によって使い方が変わります。

詳しい内容はこちらもご覧ください。

そこで「ご担当者様」「御中」の英語表現をまとめました。ぜひ参考にしてください。

ご担当者様の英語表現

Dear Sir or Madam

「ご担当者様」は英語でDear Sir or Madamとなります。

  • 発音と読み方:ディー オアーダム
  • Dear Sir/Madam あるいは Dear Sirs or Madams でも同じ意味になります。
  • イギリス英語で比較的よく使われる英語表現です。
  • 最後にカンマ(,)あるいはコロン(:)が必要です。
  • 担当者の業務がわかっている場合はDearを使えば下記のように表現できます。
    • 経理ご担当者様:Dear Accounting Staff,
    • 広報ご担当者様:Dear PR officer, 
    • 人事ご担当者様:Dear HR contact, 

To whom it may concern

「ご担当者様」は英語でTo whom it may concernとなります。

  • 発音と読み方:トゥフームイット メイコンーン
  • To whom it may concernは「ご担当者様」のほかに「関係者各位」という意味あいがあります。
    • Dear Sir or Madamに比べるとビジネスライクな印象があります。
    • 社内向けの文章ではこのTo whom it may concernは役立ちます。
  • アメリカ英語でよく使われる表現です。最後にカンマ(,)あるいはコロン(:)が必要です。
  • Dear を使った表現のように「〇〇ご担当者様」という表現には使えません。

御中の英語表現

Dear + 部署名

「御中」は英語でDearをつけてその先に部署名をつける形になります。

  • 「御中」を使う場合は「担当者様の名前は分からないが部署名は分かる」場合になります。
  • カスタマーサポート御中:Dear Customer Support,
  • カスタマーサービス御中:Dear Customer Service,
  • 営業部御中:Dear Sales Department,
  • 広報部御中:Dear PR Department,
  • 経理部御中:Dear Finance,
  • 人事部御中:Dear HR,

ご担当者様の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「私はご担当者様を使って手紙を書く」を英語にすると?
    I use Dear Sir or _____ when writing a letter.
  • 「宛名不明ならご担当者様と始めてよい」を英語にすると?
    You may begin with _____ Sir or Madam if you don't know who the _____ is for. 
  • 「仕事の手紙では「ご担当者様」という言葉を使う」を英語にすると?
    I use 'Dear Sir/Madam' in the _____ letter.
  • 「私はメールではご担当者様という言葉で始める」を英語にすると?
    I begin with _____ whom it may concern when writing an e-mail.
  • 「ご担当者様へ。私のVISA申請手続の現状を教えて下さい」を英語にすると?
    To Whom It May _____ I would like to know the current _____ of my visa processing.
  • 「手紙を書くときはご担当者様から始める」を英語にすると?
    I write a letter that begins _____ "to whom it _____ concern".

答えはこちら

「私はご担当者様を使って手紙を書く」を英語にすると:
I use Dear Sir or Madam when writing a letter.

「宛名不明ならご担当者様と始めてよい」を英語にすると:
You may begin with Dear Sir or Madam if you don't know who the letter is for. 

「仕事の手紙では「ご担当者様」という言葉を使う」を英語にすると:
I use 'Dear Sir/Madam' in the business letter.

「私はメールではご担当者様という言葉で始める」を英語にすると:
I begin with To whom it may concern when writing an e-mail.

「ご担当者様へ。私のVISA申請手続の現状を教えて下さい」を英語にすると:
To Whom It May Concern: I would like to know the current status of my visa processing.

「手紙を書くときはご担当者様から始める」を英語にすると:
I write a letter that begins with "to whom it may concern".

「ご担当者様を使う場合はTOも含めて全ての文字を大文字にする」を英語にすると:
When using "to whom it may concern", I capitalize anything other than the "to".


まとめ

今回の記事では「ご担当者様」と「御中」の英語表現をまとめました。

ポイントは下記になります。

  • 「ご担当者様」と書く場合
    • Dear Sir or Madam,
    • To whom it may concern,
  • 「御中」と書く場合
    • 「御中」は相手の名称が不明だが部署名がわかっている場合に使う。
    • Dear + 部署名, という形で伝えられる。

「ご担当者様」も「御中」も似た言葉です。整理して英語のビジネスレターや郵便で使えるようにしておきましょう。

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。