英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「そして」の英語表現をビジネスで使うときの注意点

「そして」の英語表現をビジネスで使うときは注意点がいくつかあります。

たとえばビジネスメールでば文頭にAndは使わないのがマナーです。

そこで「そして」の英語表現をビジネスで使う時の注意点をまとめました。ぜひ参考にしてください。 

「そして」の英語表現をビジネスで使う場合

ビジネス上の会話では「そして」の英語表現は何でも使ってOK

ビジネスで英語を使う機会は大きく「会議や電話で会話する場合」か「ビジネスメールや書類を書く場合」にわけられます。

このうち「会話する場合」はビジネス上であってもAnd, Then, Soなどの日常会話でつかえる「そして」の英語表現を使ってOKです。

このことは海外ドラマをみているとよくわかります。ビジネス関係の間柄でも相当気を使わなければいけない取引先を除けば日常英語と変わらない表現を使っています。

参照:BULL/ブル 心を操る天才(Amazon)

ビジネスメールや書類で「そして」と書きたいときは注意が必要

「そして」は英語にするとand, then, soなどがパッと思い浮かびますよね。これは口語(英語を話すときの言葉)ならOKです。

しかしand, then, soは文語(書かれた文章)では使われません。

  • ビジネスメールやビジネス書類ではand, then, soの英語表現は使われません。
  • 特に文頭には使わないのがマナーです。それは無作法(bad form)と考えられています。

その理由としてはおそらくandやthenやsoは話し言葉で使われることからです。

ビジネスメールや書類のような形に残る場合にはふさわしくないのでしょうね。

ビジネスメールや書類で「そして」と書きたいときはどうすればいいの?

解決方法は2つです。

  1. 「そして」という言葉をそもそも使わない。
    • 前の文章に続く文章ならば接続詞なしでも問題なく通じます。
    • 「そして」の英語表現がないほうが逆にビジネスライクにみえます。
       
  2. 「そして」の代わりに別の英語表現にする​。
    • 「そして」以外にビジネスメールや文書使える英語表現はある。
    • 文脈に合わせて別の英語表現を使えばいい。

そこで以降では「And, So, Then」の代わりに「そして」の意味としてビジネスメール・文書に使える英語表現を多数ご紹介します。

ビジネスメール・書類で「そして」の代わりに使える表現まとめ

「そして」の代わりに下記のビジネス英語表現を適用できます。場合分けしてありますので適宜ご利用ください。

なお英語表現の後にはコンマ(,)が必要になることもあれば必要ないときもあります。

また文頭に使うことを想定しているので頭文字は大文字で記載してますが文中でも利用できます。

前後の文が似たような内容の場合

  • 同時に:At the same time, 
  • 同様に:By the same token, 
  • 同様に:Equally,
  • 同じように:In the same way,
  • 同様に:Similarly,
  • すなわち:Namely,
  • そしてまた:Also,
  • それから:Then,

後に続く英文が一般的な内容である場合

  • 一般に:As a rule,
  • 基本的に:Basically, 
  • 大まかに言えば:Broadly speaking,
  • 全体的にみて:By and large,
  • 原則的に:Essentially,
  • 一般的に:Generally,
  • 一般的に:In general,

後の文で情報を追加する場合

  • 中でも:Above all,
  • 加えて:Additionally,
  • 加えて:In addition, 
  • 後述するように:As we shall see later,
  • 加えて:Besides,
  • 最初に:Firstly,
  • 次に:Secondly,
  • まず第一に:First of all,
  • 最後に:Finally,
  • 最後に:Lastly,
  • そのうえ:Moreover,
  • さらに:Furthermore,
  • より重要なことに:More importantly,
  • 最も重要なことに:Most importantly,
  • それに加えて:On top of that,
  • というよりむしろ:Or rather,

後の文で理由や結果を述べる場合

  • したがって:Therefore,
  • それゆえに:Hence,
  • すなわち:Thus,
  • 結果的に:Accordingly,
  • 結果として:As a result,
  • そのために:Because of this,
  • 結果として:Consequently,
  • その理由で:For this reason,

後の文で結論を述べる場合

  • 全体的にみて:All in all,
  • 結局は:Altogether,
  • 結論として:In conclusion,
  • 結局のところ:On balance,
  • 概して:On average,
  • 全体としては:On the whole,
  • ある程度は:To some extent,
  • 要約すれば:To sum up,​

「そして」の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「そしてそれから彼女に言わせよう」を英語にすると?
    _____ I have her say.
  • 「そして私はそれを言う必要があった」を英語にすると?
    Then I _____ to say it.
  • 「そして私の母親が入って来た」を英語にすると?
    And my mother came _____.
  • 「そしてあれはどうなるのだ?」を英語にすると?
    And what _____ that be?
  • 「そして彼はとても年を取った」を英語にすると?
    And she was so _____ old.
  • 「そして今私は賞賛されている」を英語にすると?
    And now I've been _____

答えはこちら

「そしてそれから彼女に言わせよう」を英語にすると:
Then I have her say.

「そして私はそれを言う必要があった」を英語にすると:
Then I had to say it.

「そして私の母親が入って来た」を英語にすると:
And my mother came in.

「そしてあれはどうなるのだ?」を英語にすると:
And what would that be?

「そして彼はとても年を取った」を英語にすると:
And she was so very old.

「そして今私は賞賛されている」を英語にすると:
And now I've been blessed.

「考えてそして話してくれ」を英語にすると:
First think, and then speak. 


まとめ

本記事では「そして」の英語表現をビジネスで使う際の注意点をまとめました。

さらに詳しい内容はこちらをご覧ください。

ビジネス上であっても会話なら日常会話で使う「そして」の英語表現(And、Then、So)は使ってOK。

でもビジネスメールや文書に関しては下記の注意点がありました。

  1. 「そして」という言葉をそもそも使わない。
  2. 「そして」の代わりになる別の英語表現を使う​

そこでビジネスメールや文書で使える「そして」の英語表現をたくさんまとめました。

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

1日10分で英語をあきれるほど覚える方法とは?

1日10分で英語をあきれるほど覚えるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。