英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「そして」を英語で何という?覚えておきたい表現2選

外国人女性

「そして」は英語で何というでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

そして」の英語表現は2つあります。

  1. and
  2. then

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく英語表現を解説しました。ぜひ参考にしてください。

「そして」の英語表現1

and

  • 発音と読み方:ンド
  • 2つの単語、フレーズ、文の一部、または関連する文章を結合するために使われる。
  • 同じ2つの単語を結合すると意味を強調できる。
  • 驚きを表現するために使用される。
  • 数字を追加するときに使用できる。

and は次の意味にもなります。

  • その後(after that)
  • ~に加えて(in addtion)
  • また(also)
  • ~するために(in order to)

参照:Cambridge Dictionary

解説

andは口語でよく使う言葉です。

会話のはじめにandを何度も使うことは幼稚な印象を受けるため推奨されていません。

andを文頭で使った人気表現をまとめておきます。

  • そして今:And now
  • 最後に:And finally

ちなみに so は「そして」ではなく「そのため」「それで」という意味のほうが適切です。

例文

「そしてキャンペーンは成功をおさめたと宣言いたします」

And I would say that the campaign has been a great success. と英語で表現できます。

 

「彼は決して降伏しませんでした。そして今や彼は賞賛されています」

He never surrendered, and now he's been blessed. と英語で表現できます。

「そして」の英語表現2

then

  • 発音と読み方:
  • 文章を以前の会話に結合する方法として使われる。

thenは下記の意味にもなります。

  • 次(next)
  • その後(after that)
  • その時(at that time)
  • 加えて(in addition)
  • 結果として(as a result)

参照:Cambridge Dictionary

解説

thenは口語でも文語でも使えて便利です。

andとthenの違いについて下記にまとめておきます。

  • and は文章をつなげるための「そして」という意味。
  • then は前の文章が続いた形の「そして」という意味。

and thenという英語表現もよく使われます。

  • 「そしてそれから」という意味。
  • 文章をカンマで区切る場合はand thenという英語表現が自然ですね。

例文

「まずは習慣を作る。そして習慣が私たちを作るのです」

We first make our habits, and then our habits make us. と英語で表現できます。


「彼女は歌い始めました。そして他の人たちが加わりました」

She started to sing, and then the others chimed in. と英語で表現できます。

「そして」の英語動画

andとendの発音の違い

こちらの動画では「andとendの発音の違い」を英語で解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

thenとthanの違い

こちらの動画では「thenとthanの違い」を英語で解説されています。ネイティブの発音も聞けてためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

「そして」を英語論文で書くときのマナー

Andは英語論文の接続詞に使わない(特に文頭はNG)

「そして」は英語にするとand, then などがパッと思い浮かびますよね。

and や then は口語(英語を話すときの言葉)ならOKです。

しかしand, then は文語(書かれた文章)ではNGです。

  • 英語論文では使われません。これはマナーです。
  • 英語論文の文頭では特に使われません。
  • 英語論文の文頭にandやthenを使うのは無作法(bad form)と考えられています。

その理由は and や thenは話し言葉で使われることからです。

では英語論文で「そして」と書きたいときはどうすればいいの?

解決方法は2つです。

1.「そして」という言葉をそもそも使わない。

  • 論理的に前の文章に続く文章ならば接続詞なしでも問題ないはず。
  • 明快な論理展開こそ英語論文の命。「そして」がなくても論理的に正解であれば接続詞は省略できる。
     

2.「そして」の代わりになる別の英語表現を使う​。

  • 「そして」以外に英語論文かつ文頭で使える英語表現はある。
  • 文脈に合わせて別の英語表現を使えばいい。

「そして」の英語表現をビジネスで使う場合

ビジネス上の会話では「そして」の英語表現は何でも使ってOK

ビジネスで英語を使う機会は大きく

  • 「会議や電話で会話する場合」か
  • 「ビジネスメールや書類を書く場合」

にわけられます。

このうち「会話する場合」はビジネス上でもAnd, Then, Soなどの英語表現を使ってOKです。

このことは海外ドラマをみているとよくわかります。

ビジネス関係の間柄でも相当気を使わなければいけない取引先を除けば日常英語と変わらない表現を使っています。

ビジネスメールや書類で「そして」と書きたいときはどうすればいいの?

解決方法は2つです。

1.「そして」という言葉をそもそも使わない。

  • 前の文章に続く文章ならば接続詞なしでも問題なく通じます。
  • 「そして」の英語表現がないほうが逆にビジネスライクにみえます。
     

2.「そして」の代わりに別の英語表現にする​。

  • 「そして」以外にビジネスメールや文書使える英語表現はある。
  • 文脈に合わせて別の英語表現を使えばいい。

「そして」の英語を言い換えるコツ

andは2回連続して繰り返さないこと

Andは子どもも使える言葉なので何度も使っていると稚拙な印象になります。

たとえば「それでこうなってね、そしてそれでね、・・・」

と会話が続く感じになっちゃうので大人っぽくはないですね。

 

稚拙な英語表現にしないためにはAndを2回連続で使わないことです。

他の言葉に言い換えるのが正解ですね。

 

もしあなたが「そして」と言いたくてAndという英語を1度使ったとします。

続けて「そして」と言いたいならAndの代わりに違う英語表現に言い換えましょう。

これが一番簡単なコツです。

and以外の英語表現を1つ覚えて言い換えてみる

英会話中だとちょっと難しいかもしれませんが・・・

後述する「そして」の意味で言い換えられる英語表現を1つ覚えてください。

 

そしてその英語表現を会話中に使うように工夫しましょう。

「そして」と言いたいときにandの代わりに言い換えてみるのです。

一気にいろいろ覚えるとどうせ忘れるし使えないので

まずは1つでいいので英語表現を覚えて言い換えてみるのがおすすめです。

 

あとできれば外国人と英語メールができる状況があれば一番望ましいですね。

英語メールなら後述する英語表現例を覚えなくても簡単に言い換えることができますから。

英語メールを外国人とかわしながら「そして」の様々な英語表現の言い換えに慣れていただく。

そうすれば外国人と話をするような状況でもスムーズに言い換えられることができると思います。

「そして」を英語プレゼンで極めればビジネスで成功できる

英語プレゼンは公式文書と同じ「堅い表現」が好まれる

英語プレゼンは堅い英語表現を使うことが鉄則です。

たとえばビジネスメールや会議と同じ程度のフォーマルなレベルが求められます。

ですので・・・英語プレゼンでは固い表現をすることが基本です。
 

特に大切なビジネスの会議でプレゼンするときにいつもandやsoに頼りきりではダメ。

and や soは日常会話でよく使う言葉でありカジュアル感がすごく出ます。

プレゼンテーションのような公式な場にはそぐわない表現なのです。

あなたの考えたプレゼンテーションの内容がいかに良いものでも価値を貶めてしまいます。

英語プレゼンでは会話始めの「そして」だけでも堅い表現にしよう

接続詞は英語プレゼンテーションでとてもとても重要な言葉です。

なぜか?会話中によく使われやすいのは接続詞だからです。

 

特に「そして」という表現は会話はじめにものすごくよく使われます。

ということは・・・

「そして」だけでも「堅い英語表現」にすればあなたの英語プレゼンテーションは見違えるということです。

少なくともあなたの英語プレゼンの本来の価値をおとしめる(棄損する)ことはないでしょう。

会話始めでなければ「そして」はandを使ってもOK

「そして」の英語表現は and をよく使いますよね。しかし会話はじめにAndばかり使うと英語プレゼンでは稚拙な印象になります。

そこで会話はじめの「そして」は堅い英語表現にしよう!という話をしたわけですが・・・

実は会話はじめでなければ「そして」はandを使っても英語プレゼンでOK!の場合もありますよ。具体例は下記になります。

 

「みなさま、おはようございます」

Good morning ladies and gentlemen.

 

「今日は弊社のビジネス・従業員・企業カルチャーについてお話しました」

Today I explained our business, our staff, and our culture.

「そして」の英語表現を極めればプレゼン価値が上がる

プレゼンテーションにおいてはいかに聞き手の心をつかむかがすべてですよね。

Apple社のスティーブ・ジョブズのような有名CEOのプレゼンはいつも我々の心をつかみます。

彼らのような会話テクニックがなくてもプレゼンテーションで人を惹きつけることは可能です。

その方法の1つが「接続詞」を極めることなのです。

 

「そして」のような接続詞は本来は会話を展開させる機能を持ちます。

プレゼン内容の「方向指示器」としてうまく使えれば聞き手を話に引き込んで夢中にさせることが可能です。

分かりやすく興味を引くプレゼンテーションを実現することができるはずです。

その結果あなたの英語プレゼンは本来の価値以上の成果をみせるかもしれません。

「そして」のアカデミックな英語表現

英語のアカデミックライティングとは?

「アカデミック」と聞くと大学が思い浮かびますね。

学問的・学術的の意味があります。

 

アメリカの大学では授業レポート・研究資料・卒業論文など様々な機会で英文を書くことがあります。

その時はただ日常会話のような書き方ではダメ。

アカデミックライティングのルールに沿って書くことが必要です。

 

特に「そして」のような接続詞は日常会話で多く使われるため

アカデミックな英語にする必要があります。

Andをアカデミック英語表現にするコツ

「そして」の中でもAndは一番使いやすい英語。

ですがAndは文頭には使わないのがアカデミックな書き方です。

Andの代わりに下記の接続詞をつかってアカデミックな英語にしてみましょう。

 

さらに:Furthermore

  • Furthermoreは接続詞の前後の英文が関連している際に使えます。その意味ではAndに似ています。
  • 時間的に前の出来事に続いて発生する出来事を表す場合に使います。
  • ただし後の文章で新しい情報を付け加えるときに使います。
  • In addition、Moreoverでも類似した英語表現になります。

 

さもなくば:Otherwise

  • Otherwiseは前半の英文内容をやらないと望ましくない可能性になると伝えられます。
  • 「Aをしてください。さもなくばBになります」といった感じになります。Aの内容は命令形になりえます。

 

結果として:As a result

  • As a resultは後に続く英文で結果を加えるときに使います。
  • 前半の英文と後半の英文で原因と結果に関連性があるときに使える英語表現です。

「そして」の英語表現でalsoは使える?

alsoの意味

alsoは「そして」という意味にもなる英語表現です。

  • 発音と読み方:ルソ
  • ほぼ同じであるが厳密に同じではない状態。
  • また、またそして、それに、さらに、おまけに、そのうえ

alsoには下記の意味もあります。

  • 加えて(in addition)。
  • 同様に(similarly)。
  • 日本ではalsoは「~もまた」という意味が一般的です。
  • ですが上記のようにalsoには「同様に」という意味もあります。
  • よって接続詞にalsoを利用した場合には「そして」という意味でも解釈できます。

Alsoには「情報を追加する」ニュアンスがある

「そして」といえばAndという英語表現が有名です。

AndとAlsoはどう使い分ければいいのでしょうか。

 

and と比較すると also は内容を付け加えるニュアンスになります。例を示しましょう。

 

ビールをもう1杯お願いできるかな?そしてお水もグラス一杯ください」

Can you bring me another beer? Also, I need a glass of water.

 

例文ではビールを求めた上に追加でお水を要望しています。

ビールとお水を両方欲しいという意味ではandなのですが追加で頼んでいる場合はalsoを使うわけです。

 

ちなみに文語(英文)においてはand alsoという風にandとセットでalsoを使う場合も多いです。

 

「彼女は英語も話す。そしてフランス語も話す」

She speaks English and also French. 

「そして」の意味でalsoを使う時は「接続詞」の場合だけ

alsoは接続詞と副詞の両方の役割を持っています。

「そして」は接続詞です。

ですのでAlsoを「そして」の英語表現として使う場合は接続詞として使う必要があります。

 

そして接続詞になるか副詞になるかは文中のどこにalsoが置かれるかで決まります。

下記に場合分けしますので確認してください。

 

<接続詞のalsoの場合>

例文:

Can you bring me another beer?  Also, I need a glass of water.

訳文:

ビールをもう1杯お願いできるかな?そしてお水もグラス一杯ください。

 

<副詞のalsoの場合>

例文:

I also like coffee.

訳文:

私はコーヒーもまた好きだ。

 

以上のように副詞としてalsoを使った場合は「~もまた」という意味になります。

「そして」の意味にはなりません。

alsoと同様に使える英語表現まとめ

前の内容に対して情報を補足・追加したりする場合に使えます。

  • 加えて:In addition, 
  • 加えて:Besides,
  • 中でも:Above all,
  • 加えて:Additionally,
  • そのうえ:Moreover,
  • さらに:Furthermore,
  • より重要なことに:More importantly,
  • 最も重要なことに:Most importantly,
  • それに加えて:On top of that,
  • というよりむしろ:Or rather,
  • 同時に:At the same time, 
  • 同様に:Equally,
  • 同じように:In the same way,
  • 同様に:Similarly,

「そして」の英語表現をエッセイで使う時の基本

英語エッセイは公式文書と同じ「堅い表現」が好まれる

英語エッセイは堅い英語表現を使うことが鉄則です。

ビジネスメールや会議と同じ程度のフォーマルなレベルが求められる。

それがエッセイライティングです。

 

ですので・・・英語エッセイでは固い表現をすることが基本です。

いつも and や so に頼りきりではダメ。

and や so は日常会話でよく使う言葉でありカジュアル感がすごく出ます。

エッセイのようなフォーマルなライティングが求められる場合にはそぐわないのです。

あなたの考えたエッセイがいかに素晴らしいものでもAnd や So ばかり使っていると価値を貶めてしまうので注意ですね。

では英語エッセイで「そして」と書きたいときはどうすればいいの?

解決方法は2つです。

1.「そして」という言葉をそもそも使わない。

  • 論理的に前の文章に続く文章ならば接続詞なしでも問題ないはず。
  • 明快な論理展開こそ英語論文の命。「そして」がなくても論理的に正解であれば接続詞は省略できる。
     

2.「そして」の代わりになる別の英語表現を使う​。

  • 「そして」以外に英語論文かつ文頭で使える英語表現はある。
  • 文脈に合わせて別の英語表現を使えばいい。

英語エッセイでは「そして」は堅い表現に書き換えること!

接続詞は英語エッセイでとてもとても重要な言葉です。

なぜなら接続詞はエッセイで論理的に話を構成する重要な品詞だからです。

 

特に「そして」という表現は文頭にも文中にもよく使われます。

「そして」だけでも「堅い英語表現」に書き換えればエッセイは見違えるということです。

少なくともエッセイの本来の価値をおとしめる(棄損する)ことはないでしょう。

「そして」の英語表現を書き言葉にすると?

「そして」の意味になりえる英語表現はAndを含めてたくさんあります。

それに書き言葉の場合はThereforeなどの堅い英語表現も「そして」の意味になります。

 

下記では「そして」のそれぞれの英語表現について1つ1つ書き言葉ではどうなるのかを解説します。

Andは書き言葉では文頭に使ってはいけない

「そして」の代表的な英語表現はAndですね。

Andは書き言葉にする場合は文頭に使ってはいけないと考えられています。

英会話では可能なのですが。書き言葉ではダメなのです。

話し言葉と書き言葉の違いとして覚えておくしかないですね。

 

では書き言葉の場合どうすればいいかというと。。。

Andで切らずに2文を1文に書き換えると正解です。下記に例を示します。

  • NGの例:I washed my face. And I went to bed.
  • OKの例:I washed my face and went to bed.

上記にあるように「そして」の英文を2文を1文に書き換えるときは下記がポイントです。

  • Andの頭文字を小文字にしてandにすること。
  • 主語が同じなら省略すること(例文では I )

thenは書き言葉でも文頭に使うことが可能

thenは「そして」「それから」という意味の英語表現です。

thenは先述のAndやSoと違って書き言葉でも文頭に使うことが可能です。たとえば・・・

  • OKの例:I washed my face. Then I went to bed.
  • OKの例:I washed my face, then I went to bed.

という風に「話し言葉」でも「書き言葉」でも文頭で使えます。

ただし注意点があります。

2番目のOKの例文にあるようにthenを文中で使うときはコンマ(,)がthenの前に必要になります。

ですので使う時は注意してください。

alsoは書き言葉でも文頭に使うことが可能

alsoは「そして」「また」という意味の英語表現です。

alsoは先述のthenのように書き言葉でも文頭に使うことが可能です。

  • 例文:I like cooking.  Also, I like sewing too.
  • 訳文:料理が好きです。そしてまた裁縫も好きです。

文中の書き言葉でalsoを使う場合はandとセットで使うことが多いようです。

  • 例文:I'm tired, and I'm also hungry.
  • 訳文:疲れたよ。そしてまたお腹がすいている。

「そしてさらに」を英語で何という?覚えておきたい表現6選

Besides

「そしてさらに」は英語でBesidesといいます。

  • 発音と読み方:ビイズ
  • その他の意味:に加えて。また。さらに。そのうえ、しかも。

カジュアルの場で日常会話などくだけた状況で使われます。

  • 意味は文脈によって変わります。
  • 前置詞として使うと「~の他にも」という意味になります。
  • 直前の文に情報を追加する際に使われます。理由を述べるときなどに便利です。

Also

「そしてさらに」は英語でAlsoといいます。

  • 発音と読み方:ルソ
  • その他の意味:加えて、同様に
  • カジュアルの場で通常は文頭でコンマ(,)と一緒に使われます。
  • 日常会話などくだけた状況で使われます。
  • 文頭に置くことで「さらに」という意味で使うこともできます。

Plus

「そしてさらに」は英語でPlusといいます。

  • 発音と読み方:プ
  • その他の意味:~に追加して、そしてまた、利点または優れた機能。
  • カジュアルの場で文頭でコンマ(,)と一緒に使わることが多いです。
  • 日常会話などくだけた状況で使われます。

In addition

「そしてさらに」は英語でIn additionといいます。

  • 発音と読み方:インナディション
  • additionの定義:数値または金額を一緒に追加すること。
  • フォーマルの場で文頭でコンマ(,)と一緒に使わることが多いです。

in additionは「加えて」という意味です。

  • 情報を「付け加える」時に使う表現です。
  • in addition toで「~に加えて」「さらに」という意味になります。
  • 元となる英単語addは「加える」という意味です。
  • additionalyでも同じ意味になりますがin additionのほうが使われる頻度は高いようです。

Furthermore

「そしてさらに」は英語でFurthermoreといいます。

  • 発音と読み方:ファーダモーア
  • その他の意味:加えて、さらに重要なことには
  • フォーマルの場で文頭でコンマ(,)と一緒に使わることが多いです。

Furthermoreは会話でも文章でも使えます。

  • ディスカッションやビジネス会議などで特によく使われます。
  • 「さらに」とこれからの話の注意を引きつける度合いが強めるときにFurthermoreは最適です。

Moreover

「そしてさらに」は英語でMoreoverといいます。

  • 発音と読み方:モアオーヴァー
  • その他の意味:また、より重要なこと
  • フォーマルの場で文頭でコンマ(,)と一緒に使わることが多いです。
  • 前に言ったことを受けて重要事項など情報を後に付け加えたりする時などに使います。
  • 「さらに」と改まった場面で使われます。重要なことを付け加える時に使います。

Moreoverは会話ではあまり使われません。

  • 文章など文語では使われる堅い英語表現です。
  • 口語で使う場合はBesides, 文語で使う場合はMoreoverとわけるとわかりやすいです。

「最初に、次に、そして」を英語で表現するには

「最初に、次に、そして」の英語まとめ

「最初に、次に、そして」の英語表現をまとめました。代表例としては下記のパターンがあります。

  1. First, ... Next, ... And finally, ...
  2. First, ... Then, ... And finally, ...
  3. First, ... Second, ...  And finally, ...
  4. Firstly, ...  Secondly, ...  And finally, ...

「最初に、次に、そして、そして、そして」の英語表現は下記になります。

  1. First, ... Next, ... Then, ... Then, ... And finally, ...
  2. First, ... Then, ... Then, ... Then, ... And finally, ...

「最初に」の英語表現について解説

  • 「まず」「最初に」「第一に」は下記の英語表現になります。
    • First, 
    • Firstly
    • First of all,
  • 下記は応用編です。英語論文やプレゼンで使える英語です。意味は同じく「まず」「最初に」「第一に」です。
    • To begin with,
    • At the beginning,
    • In the first place,
  • なお at first は「最初はそうだけど今は違う」という意味合いです。順序だてて説明する際はふさわしくありません。

「次に」の英語表現について解説

  • 「次に」は下記の英語表現です。
    • Next, (Firstとセットで使う)
    • Then, (3番目以降でも使える万能な表現)
  • 「第二に」と数字を明言する場合の英語表現は下記です。
    • ​Second, (Firstとセットで使う)
    • Secondly, (Firstlyとセットで使う)
    • In the second place,(「次に」の応用例)
  • なお「次に」でNextlyという英語はありません。

「そして」の英語表現について解説

  • 「最初に、次に、そして」は英語で2パターンあります。
    1. 「そして最後に」と終わる場合:and finally, 
    2. 「そして次に」と続く場合:and then, 
  • 「最初に、そして、そして、・・・」と続く場合
    • 「そして」はthenという英語表現になります。
    • thenは何度でも繰り返すことができます。
    • 例:First, Then, Then, Then, ...., Finally, ...
  • 「最後に」を英語でいうと下記の通りです。
    • Finally, 
    • Lastly,
    • Last of all,
    • To close,

「そして」の英語の「つなぎ言葉」とは

「そして」の英語のつなぎ言葉には2種類ある

まず英語の「つなぎ言葉」について説明しておきましょう。

「そして」の英語のつなぎ言葉は下記の2種類あります。

  1. And, Then, Alsoなどの「接続詞
  2. Well, You knowなどの「間を埋める表現

「そして」のつなぎ言葉その1:接続詞

1番目の「接続詞」についてですがAnd, Then, Alsoなどが代表例です。

 

「そして」の接続詞は会話のつなぎの役目を果たします。

ただし場合によって使い分ける必要があります。

なぜなら「そして」の接続詞は後述しますがたくさんあるからです。

 

それにカジュアルで使うかフォーマルで使うかの違いもあります。

さらに英語文書の場合は文頭で使ってはいけない場合もあります。

ですので場合によって使い分ける必要があります。

「そして」の英語表現の使い分け方法については後述します。

「そして」のつなぎ言葉その2:間を埋める表現

2番目の「間を埋める表現」についてですがWell, You knowなどが代表例です。

これらの表現は日常会話などカジュアルな場面で会話につなぎます。

 

日本語での会話でも「えーと」や「うーん」とよく言いますよね。

英語でもつなぎを入れることができます。

この「間を埋める表現」のメリットは次の3つです。

  1. ナチュラルな英語を話すことができる。
    ネイティブはよくこの「間を埋める言葉」を使います。
     
  2. 話しながら考える時間を作れる。
    つなぎ言葉によって少し時間を持たせられる。
     
  3. あなたの話が終わってないことを伝えられる。
    沈黙を埋めることで話の続きがあることが伝わります。


間を埋める表現は以上のような3つのメリットがあります。

ただし英会話中に敢えて無理して付け加える必要はありません

加えなくても意味は変わりませんから。

 

それにあまり多用すると

相手にネガティブイメージを与えることもあるのでほどほどにしましょう。

またフォーマルな場面や英語文書などの文語においては

使われることはほぼありませんので注意してください。

「そしてついに」を英語で何という?覚えておきたい表現4選

and finally

「そしてついに」は英語でand finallyとなります。

  • 発音と読み方:ンド ファイナリィ
  • 長期間後。難しい出来事の後。最後に。
  • 特に文の冒頭で使用され最後のポイントやアイデアを紹介するのに用いられる。
  • then finallyでも「そしてついに」「それからついに」とほぼ同じ意味になります。
  • 何かを達成するまでに努力して長い時間がかかったニュアンスです。
  • ポジティブな要素があります。

and at last

「そしてついに」は英語でand at lastとなります。

  • 発音と読み方:ンド アッスト
  • 長期間後。難しい出来事の後。最後に。
  • finallyと同様の意味です。
  • finallyよりも待ち望まれていたニュアンスがあります。

lastlyとは意味あいが違うので注意しましょう。

  • lastlyは「ついに」ではなく「最後に」という意味です。
  • たとえば「一番目に、二番目に、…最後に」と英語で表現するとFirstly, secondly, ..., lastly, となります。

and in the end

「そしてついに」は英語でand in the endとなります。

  • 発音と読み方:ンド インディンド
  • 何か関してよく考えられたり議論されたりした後のこと。

ある状況を終わらせるのに紆余曲折があった後にin the endが使われます。

  • よってin the endはポジティブでもネガティブでも使われる英語表現です。
  • そのため「結局は」という意味にもなります。
  • 日本語では「最終的に、最後には、結局は」あたりが近いニュアンスです。

and eventually

「そしてついに」は英語でand eventuallyとなります。

  • 発音と読み方:ンド アヴェンチュァリィ
  • 特に長期間において多くの努力をした後。

eventuallyは「長時間経過した」ニュアンスのある英語表現です。

  • ですので日本語では「やがては」「そのうち」「最終的には」という意味にもなります。
  • eventuallyは長時間経過した後ではありますが必ずしも最終段階とは限りません。

「そして」と英語で手紙を書くときの注意点

英語の手紙は「カジュアル」と「フォーマル」の間ぐらい

英語での手紙の存在感は昔に比べて減りました。

会話やSNSやメールのほうが簡単にできて時間もかからないからです。

手紙を書くのは時間もかかりますし労力も必要です。

 

それでもあえて手紙を書けば相手への気持ちを強く伝えられます。

わざわざ時間をかけて相手にメッセージを伝えていること自体が

相手への思いやりにあふれていると言えます。


よって英語の手紙の位置づけは

「カジュアル」と「フォーマル」の中間ぐらいといえるでしょう。

カジュアルに書くなら会話やSNSでいい。

かといって英語論文のような堅さは不要。だから中間の位置づけです。

英語の手紙の注意点3つ

先述したように英語の手紙の位置づけは「カジュアル」と「フォーマル」の中間ぐらいです。

よって下記のことが言えます。

  1. 省略語やスラングは使わない。
    そんな言葉は会話やSNSのようなカジュアルな手段で使えばいい。
     
  2. 文章冒頭に「そして」の表現としてAndやSoを使っても構わない。
    英語論文のようなフォーマルな文章ではないから大丈夫。
     
  3. 「そして」の表現としてAndやSoを連続して使っても構わない。
    英語論文のようなフォーマルな文章ではないから大丈夫。

「そして何より」を英語で何という?覚えておきたい表現6選

and above all

「そして何より」は英語でand above allとなります。

  • 発音と読み方:ンド アブ ール
  • その他の意味:最も重要なこと。
  • 全てのことの上にある=最も重要なこと=そして何よりという意味の英語表現になります。

most importantly

「そして何より」は英語でmost importantlyとなります。

  • 発音と読み方:モースト インポータントリィ
  • その他の意味:あなたが話している事実が重要であると言及するために使われる言葉。
  • and most importantlyと記載しても同じ意味の英語表現になります。

and most of all

「そして何より」は英語でand most of allとなります。

  • 発音と読み方:モースト オブオー
  • その他の意味:最大の数または量。何より。誰よりも。

and best of all

「そして何より」は英語でbest of allとなります。

  • 発音と読み方:スト オブオー
  • その他の意味:最も喜ばしいこと。
  • ポジティブな意味での「そして何より」に使える英語表現です。

more than anything

「そして何より」はmore than anything となります。

  • 発音と読み方:アザン ニシング
  • その他の意味:「何か」を意味する質問や否定で使用される言葉。
  • more than anything elseでも同じ意味の英語表現になります。 

on top of everything

「そして何より」は英語でon top of everythingとなります。

  • 発音と読み方:オントップオブ ブリシング
  • その他の意味:特に不愉快なことに加えられること。
  • on top of everythingは「何か悪いことがあった」ニュアンスがあります。
  • on top of everything elseでも同じ意味の英語表現になります。 

「そして」の英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「そして私はキャンペーンは大成功だと宣言します」

And I would say that the campaign has been a great success. 

「大成功」はgreat successと英語で表現できます。

successは「成功」。文脈から選挙戦を戦った後の会話が想定できます。

great successのほうが「偉大な結果」と伝わります。

 

「私は決して降伏しなかった。そして今の私は賞賛されている」

I never surrendered, and now I've been blessed. 

「賞賛される」はblessedと英語で表現できます。

他にも「恵まれている」「神聖な」「祝福された」という意味です。

 

「我々はピアノの側に集まりそして歌うでしょう」

We will gather by the piano and sing. 

「私たちはピアノの側に集まります」は we will gather by the piano と英語で表現できます。

by the pianoで「ピアノの側に」という意味。

 

「そしてあれはどうなる?」

And what would that be? と英語で表現できます。

「私はお金を取り戻したい。そして今ほしい」

I want my money back and I want it back now.  

「お金を取り戻したい」はI want my money back と英語で表現できます。

I want it back now. は「いま欲しい」という意味になります。

この例文のitはmy money、つまりお金のことです。

 

「そして彼女はとても年を取りました」

And she was very old. 

「とても歳をとりました」は was very old と英語で表現できます。

 

「そして彼の母親が入って来ました」

And his mother came in. 

「入ってきた」は came in と英語で表現できます。

 

「彼女はピアノを弾く。そして私はギターを弾く」

She plays the piano and I play the guitar. 

「ピアノを弾く」は play the piano と英語で表現できます。

 

「彼女は英語を話し、そして日本語も話します」

She speaks English, also Japanese.

「英語を話す」は speak English と英語で表現できます。

「そして明確な理由もなく列車は突然停止しました」

Then the train suddenly stopped for no apparent reason. 

「列車は突然停止した」は The train suddenly stopped と英語で表現できます。

for no apparent reason.は「明確な理由もなく」という意味。

 

「まず考えよう。そして話そう」

First think, and then speak.  と英語で表現できます。

 

「そして私はそれを言わなければなりませんでした」

Then I had to say it. 

「言わねばならなかった」は I had to say と英語で表現できます。

 

「我々はまず習慣を作る。そしてそれから習慣が我々を作るのだ」

We first make our habits, and then our habits make us. 

「まず習慣をつくる」は we first make our habits と英語で表現できます。

この例文のポイントはfirstです。

例文の最初にfirstとあるので続きでthenとなるわけです。

andとthenを両方使っていることで「そして」を強調している英語例文です。

「そして、政治キャンペーンは汚い戦いになりました」

And, the political campaign has turned into a dirty fight. 

政治キャンペーンは the polictical campaign と英語で表現できます。

「汚い戦いになった」は turned into a dirty fight でOK。

 

「彼は歌い始めた。そしてそれから他の人たちが加わった」

He started to sing, and then the others chimed in. 

「歌い始めた」は started to sing と英語で表現できます。

chimed in.は「(歌に)加わる」という意味になります。

then the others chimed in.は「他の人たちが加わった」となります。

 

「そして私は彼に言わせます」

Then I have him say.

「彼に言わせる」は have him say と英語で表現できます。

have 人 動詞で「人に~させる」という英語構文ですね。

 

「目は目。そして歯は歯だ」

Eye for eye and tooth for tooth.

「目には目」は Eye for eye  と英語で表現できます。

tooth for tooth は「歯には歯」となります。

「そして、5日目には公演が禁止されました」

And, on the fifth day, the performance was banned. 

「5日目には」は on the fifth day と英語で表現できます。

「公演が禁止された」は the performance was banned でOK。

banは禁止するという意味。

日本語でも「アカバンされた(アカウントをbanされた)」と言われます。

 

「健康そして理解は人生の2つの大きな恩恵だと思います」

I think health and understanding are the two great blessing of life. 

「健康と理解」はhealth and understandingと英語で表現できます。

blessingという英語には「恩恵」「祝福」「天啓」という意味があります。

 

「そしてピクニックはキャンセルされました」

And, the picnic was cancelled. 

「キャンセルされた」は was cancelled と英語で表現できます。

 

「口を閉じて目を開けてください」

Keep your mouth shut and your eyes open. 

「口を閉じる」は Keep your mouth shut と英語で表現できます。

your eyes openという表現は「目を開く」という意味になります。

「そして睡眠不足で、彼女は最後には病気になりました」

And, with lack of sleep, she has fallen ill in the end. 

「睡眠不足で」は with lack of sleep と英語で表現できます。

「最後には病気になった」は fall ill in the end でOK。

 

「私たちは歩き続けた。そして夜には月が出て明るく輝いた」

We kept on walking, and at night the moon came out and shone brightly. 

「歩き続けた」は kept on walking と英語で表現できます。

「月が出て明るく輝いた」は the moon came out and shone brightly となります。

shone は shineの過去形。輝くという意味ですね。

 

「そして今や私は賞賛されている」

And now I've been blessed. 

「賞賛する」は bless と英語で表現できます。

「私は賞賛されている」は現在完了と受動態で I've been blessed となります。

「そして今や」は and now でOK。

「そして」の意味になるalsoの英語例文

「私はサッカーをします。そしてまたスキーをするのも好きです」

I play football. Also, I like to ski.

「サッカーをする」は I play football と英語で表現できます。

ヨーロッパではサッカーを英語で footballというのが一般的です。アメリカや日本ではsoccerですけどね。

 

「部屋を片付けなさい。そして洗濯物もたためる?」

Clean up your room. Also, can you fold the laundry?

「部屋を片付ける」は clean up room と英語で表現できます。

「洗濯物をたたむ」は fold the laundry でOK。

 

「彼女はフランス語を話します。そしてスペイン語を少し話します」

She speaks French and also a little Spanish.

「スペイン語を少し離す」は speak a little Spanish と英語で表現できます。

 

「出かけない方がいいと思う。夜も遅い。そして雪も降っている」

I don't think we should go out. It is late. And also it's snowing.

「出かける」は go out と英語で表現できます。

「雪が降っている」は it's snowing となります。

雨が降っている=rainingと似ていますね。

 

「エジソンは電球を発明したことで一番知られている。そして蓄音機も彼の発明である」

Edison is best known for inventing the lightbulb. Also, he invented the phonograph.

「エジソンは発明で一番に知られている」は Edison is best known for inventing と英語で表現できます。

「電球と蓄音機を発明した」は invented the lightbulb and phonograph でOK。

「そしてさらに」の英語例文

「私は行きたくない。そしてさらに疲れすぎている」

I don't want to go. Besides, I'm too tired. 

「行きたくない」は I don't want to go と英語で表現できます。 

「疲れすぎている」は I'm too timedでOK。

 

「今は外出したたくない。そしてさらに仕事もしなければならない」

I don't want to come out now, and besides, I must work. 

「仕事をしなければならない」は I must work と英語で表現できます。

 

「そしてさらに、彼はパントマイムにも出演しています」

Also, he has appeared in pantomime. 

「パントマイムに出演する」は appear in pantomime と英語で表現できます。

 

「そしてさらに、イタリア人は主食の一部として一種のパスタを食べます」

Also, Italian eat a type of pasta as part of their staple diet. 

「イタリア人は一種のパスタを食べる」は Italian eat a type of pasta と英語で表現できます。

「主食の一部として」は as part of staple diet と記載します。

「20ドル、そしてさらに送料3ドルを同封してください」

Please enclose $20, plus $3 for postage. 

「20ドルを同封する」は enclose $20 と英語で表現できます。

「送料3ドル」は $3 for postage でOK。
 

「ローン、そしてさらに利息は12ヵ月以内に返済される必要があります」

The loan has to be repaid, plus interest, within 12 months.

「ローンは返済される必要がある」は The loan has to be repaid  と英語で表現できます。

利息はinterestとなります。

「12か月以内に」は within 12 months でOK。

 

「英語のクラスが提供されます。そしてさらに、学生はコンピューターのクラスを受講できます」

English classes are offered. In addition, students can take classes in computing. 

「コンピューターのクラスを受講する」は take classes in computing と英語で表現できます。

 

「そして何より、私の財布が盗まれた」

On top of everything else, my wallet's been stolen. 

「財布が盗まれた」は wallet's been stolen と英語で表現できます。

これはwallet has been stolen の略ですね。

stolen は steal の過去分詞。盗むという意味になります。

「彼女は怠惰だ。そしてさらに責任感がない」

She is lazy, and furthermore, she has no sense of responsibility. 

「彼女は責任がない」は she has no sense of responsibility と英語で表現できます。

lazyは「怠惰な」という意味。

 

「家賃は手ごろです。そしてさらに場所は完璧です」

The rent is reasonable. Moreover, the location is perfect.  

「家賃は手ごろです」は the rent is reasonable と英語で表現できます。

「場所は完璧です」は the location is perfect でOK。

 

「我々はその絵が偽造であることを知っていた。そしてさらに誰がそれを描いたのかも知っていた」

We knew the painting was a forgery. Moreover, we knew who had painted it.

「その絵は偽造だった」は the painting was a forgery と英語で表現できます。

「誰がそれを描いたのか私たちは知っている」は we knew who had painted itとなります。

「私はそこに行きたくない。そしてさらに、私には行く時間がありません」

I don't want to go there, furthermore, I have no time to do. 

「する時間がない」は I haveno time to do と英語で表現できます。

 

「そのレポートは悪く書かれています。そしてさらに正確さに欠ける」

The report is badly written. Moreover, it's inaccurate.  

「そのレポートは悪く書かれている」は the report is badly written と英語で表現できます。

「それは正確さに欠ける」は it's inaccurate でOK。

acurateは「正確な」という英単語ですが inaccurate はそれの反対語ですね。

 

「そしてさらに、大雨が降りました」

In addition, there was a heavy rain. 

「大雨が降った」は there was a heavy rain と英語で表現できます。

heavyを使って大雨と表現するのが面白いですね。

「最初に、次に、そして」の英語例文

「最初に人生を愛しましょう。 次に時間を浪費しないでください。そして最後に光が見えます」

First, love life. Then, do not squander time. And finally, you see the light.  

「光が見える」は you see the light と英語で表現できます。

「時間を浪費してはいけない」は do not squander timeです。

 

「問題は2つあります。最初は経済問題、そして次に政治問題です」

There're two problems - firstly, economic, and secondly, political.  

「問題は2つある」は there're two problems と英語で表現できます。

経済問題は economic problem、政治問題は political problemです。

この英語例文では problemという単語を何度も出さないように省略しています。

 

「彼女は私たちに懇願し、そして最後に同意した」

She begged with us, and finally we agreed.

「彼女は私たちに懇願した」は she begged with us と英語で表現できます。

「同意した」は agreed ですね。

「最初に習慣を作りましょう。次に習慣が私たちを作ります。そして最後に私たちの努力は実を結びます」

First make our habits, then our habits make us, and finally our effort bears fruit.  

「私たちの努力は実を結ぶ」は our effort bears fruit と英語で表現できます。

習慣は habitsでOK。

 

「私は会社に2つのことを求めています。最初は昇給。そして次に長期契約です」

I want two things from company - firstly, a pay rise, and secondly, a longer contract.  

「会社に2つのことを求める」は I want two things from company と英語で表現できます。

昇給は a pay rise。長期契約は a longer contractでOK。

 

「最初に、それは高価である。そして次に、それは遅すぎる」

Firstly, it's expensive, and secondly, it's too slow. 

「それは高価である」は it's expensive と英語で表現できます。

「それは遅すぎる」は it's too slow ですね。

「そして何より、わたしは彼女を喜ばせたかった」

More than anything, I wanted to please her. 

「彼女を喜ばせる」は please her と英語で表現できます。

pleaseは動詞では「喜ばせる、満足させる」という意味があります。

「喜ばせたかった」は I wanted to please でOK。

 

「あなたに必要なのは最初に強力な取締役会だ。そして次に経験豊富なスタッフだ」

You need, firstly, a strong board of directors and secondly, an experienced staff. 

「あなたに必要なのは」は You need でOK。

「強力な取締役会」は a strong board of directors と英語で表現できます。

「経験豊富なスタッフ」は an experienced staff と記載できます。

 

「そして最後に、彼はナンシーが正しいことを認めた」

And finally, he conceded that Nancy was right.

「彼は認めた」は he conceded と英語で表現できます。

conceded は concedeの過去形。

「~をしぶしぶ認める」という意味です。発音はコンシードです。

concede that A で「Aをしぶしぶ認める」という英語構文。

「ナンシーが正しかった」は Nancy was right でOK。

「そしてついに」の英語例文

「そしてついに彼女は次の解決策にたどりついた」

And finally, she arrived at the following solution. 

「次の解決策にたどり着いた」は arrived at the following solution と英語で表現できます。

 

「そしてついにその日がやってきました」

And at last, that day has come.  

「その日がやってきた」は that day has come と英語で表現できます。

 

「そしてついに我々は自然言語理解システムを開発した」

And at last we built a natural language understanding system. 

自然言語理解システムは a natural language understanding system と英語で表現できます。

 

「彼らはその提案をあれこれ話し合いし、そしてついに先に進むことにした」

They kicked that suggestion around and in the end decided to go ahead.  

「その提案をあれこれ話し合った」は kicked that suggestion around と英語で表現できます。

kick A aroundで「Aをあれこれ話し合って検討する」という英語構文。

「事態は悪い状態から悪化した。そしてついに私は仕事を失った」

Things went from bad to worse , and in the end I lost my job. 

「事態は悪い状態から悪化した」は things went from bad to worse と英語で表現できます。

worseはbadの比較級ですね。from A to Bで「Aの状態からBの状態」という英語構文。

「仕事を失った」は lost job です。

 

「そしてついに最悪の悪夢が起こった」

And eventually, our worst nightmare happened. と英語で表現できます。

 

「先生の話についていくのはむずかしかった。そしてついに私は集中力を失った」

It was hard to follow what the teacher was saying, and eventually I lost concentration. 

「話についていくは難しかった」は it was hard to follow と英語で表現できます。

「先生の話」は wht the teacher was saying でOK。

「集中力を失なった」は I lost concentration となります。

「子どもたちはサーカスが好きで、そして何よりピエロが大好きだった

The kids loved the circus, and most of all the clowns. 

「子どもたちはサーカスが好きだった」は the kids loved the circus と英語で表現できます。

ピエロは the clown でOK。

 

「彼女は熱狂的で温かい人で、そして何よりサーファーだ」

She's erudite, warm and most of all, a surfer. 

「彼女は熱狂的です」は she's erudite と英語で表現できます。

 

「彼女はラケットを壊して罰金を払い、そして何より試合に勝った」

She broke racquets, drew fines, and most of all, won matches. 

「彼女はラケットを壊した」は she broke racquets と英語で表現できます。

「罰金を払った」は drew fines でOK。

 

「そしてついに私は口を開いた」

And finally, I opened my mouth. 

「私は口を開いた」は I opened my mouth と英語で表現できます。

「そして何より」の英語例文

「彼は働き者で、陽気で、そして何より正直です」

He is hardworking, cheerful, and above all honest. 

「彼は働き者です」は he is hardworking と英語で表現できます。

「陽気で正直な」は cheerful and honest となります。

 

「私がエクササイズのクラスに通うのは楽しみのため、そして何より健康のためだ」

I go to my exercise class for the fun andmost importantly, for my health. 

「エクササイズのクラスに通う」は I go to my exercise class と英語で表現できます。

「健康のため」は for my health でOKです。

 

「そして何より、次の日曜日に仕事に行かなければならない」

On top of everything else, I have to go to work next Sunday. 

「次の日曜日に仕事に行く」は go to work next Sunday と英語で表現できます。

「日曜日に」は英語で on Sunday。

「次の日曜日に」と英語で言うときは onは不要になるのがポイントです。

「そして何より、私はマーク・トウェインが大好きだ」

And above all, I love Mark Twain. と英語で表現できます。

 

「素晴らしい食べ物、そして何よりジャズバンドがあった」

There was wonderful food and, best of all, a jazz band. 

「素晴らしい食べ物があった」は there was wonderful food と英語で表現できます。

 

「そして何より、彼女は弁護士になるために勉強していた」

And best of all, she was studying to be a lawyer. 

「弁護士になるために勉強する」は study to be a lawyer と英語で表現できます。

「~になる」は beでシンプルに表現できますね。

 

「そして何より、彼は医者になりたかった」

More than anything else, he wanted to become a doctor. 

「医者になりたかった」は wanted to be a doctor と英語で表現できます。

 

「そして何より、我々には動機があります」

Most importantly, we have the motive. 

「我々に動機はあった」 we have the motive と英語で表現できます。

まとめ

英語表現まとめ

「そして」の英語表現をまとめると「2つ」です。

  1. and
  2. then

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

関連記事

1日10分で英語をあきれるほど覚える方法とは?

1日10分で英語をあきれるほど覚えるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。