英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「そして」の英語を言い換えて大人の会話を実現するコツ

「そして」と英語で言うときにandばかり使っているとつたない会話になってしまうものです。

もう少しスマートに「そして」を英語で言い換えたいものですよね。

そこで「そして」の英語を言い換えて大人な表現を実現するコツをまとめました。ぜひ参考にしてください。 

「そして」の英語を言い換えるコツ

andやsoは2回連続して繰り返さないこと

「そして」の英語表現で一番よくつかわれる表現は「And」です。

2番目に使われる表現はおそらく「So」でしょう。

しかしAndやSoは子どもも使える言葉なので何度も使っていると稚拙な印象になります。

たとえば「それでこうなってね、そしてそれでね、・・・」と会話が続くようでちょっと大人っぽくないですね。
 

稚拙な英語表現にしないためにはAndを2回連続で使わないことです。他の言葉に言い換える。これはSoでも同じことが言えますね。

もしあなたが「そして」と言いたくてAndという英語を1度使ったとします。でしたら続けて「そして」と言うときはAndの代わりに違う英語表現に言い換えましょう。たとえばSoに言い換えてもいいです。これが一番簡単なコツです。

andやso以外の英語表現を1つ覚えて言い換えてみる

英会話中だとちょっと難しいかもしれませんが・・・

後述する「そして」の意味で言い換えられる英語表現を1つ覚えてください。

そしてその英語表現を会話中に使うように工夫しましょう。「そして」と言いたいときにandの代わりに言い換えてみるのです。

一気にいろいろ覚えるとどうせ忘れるし使えないのでまずは1つでいいので英語表現を覚えて言い換えてみるのがおすすめです。
 

あとできれば外国人と英語メールができる状況があれば一番望ましいですね。

英語メールなら後述する英語表現例を覚えなくても簡単に言い換えることができますから。

英語メールを外国人とかわしながら「そして」の様々な英語表現の言い換えに慣れていただく。そうすれば外国人と話をするような状況でもスムーズに言い換えられることができると思います。

「そして」の英語表現の言い換え例

「そして」を言い換えられる英語表現はたくさんあります。下記に場合分けしてありますので適宜ご利用ください。

なお英語表現の後にはコンマ(,)が必要になることもあれば必要ないときもあります。

また文頭に使うことを想定しているので頭文字は大文字で記載してますが文中でも利用できます。

前後の文が似た内容の場合は「そして」を下記の言葉で言い換える

  • カジュアルな会話の場合
    • それから:Then, 
    • そしてそれから:And then, 
    • そしてまた:Also,
    • 同時に:At the same time, 
    • とにかく:Anyway, 
  • 堅い英文の場合
    • 同様に:By the same token, 
    • 同様に:Equally,
    • 同じように:In the same way,
    • 同様に:Similarly,

一般的な話に続くなら「そして」を下記の言葉で言い換える

  • カジュアルな会話の場合
    • 基本的に:Basically, 
    • 一般的に:Generally,
  • 堅い英文の場合
    • 一般に:As a rule,
    • 大まかに言えば:Broadly speaking,
    • 全体的にみて:By and large,
    • 原則的に:Essentially,
    • 一般的に:In general,

さらに情報を追加する場合は「そして」を下記の言葉で言い換える

  • カジュアルな会話の場合
    • 加えて:In addition, 
    • 加えて:Besides,
    • まず第一に:First of all,
    • ところで:By the way,
    • 思うに:I think, 
    • それで思い出したけど:That reminds me, 
  • 堅い英文の場合
    • 中でも:Above all,
    • 加えて:Additionally,
    • 後述するように:As we shall see later,
    • 最初に:Firstly,
    • 次に:Secondly,
    • 最後に:Finally,
    • 最後に:Lastly,
    • そのうえ:Moreover,
    • さらに:Furthermore,
    • より重要なことに:More importantly,
    • 最も重要なことに:Most importantly,
    • それに加えて:On top of that,
    • というよりむしろ:Or rather,

理由や結果を述べる場合は「そして」を下記の言葉で言い換える

  • カジュアルな会話の場合
    • 結果として:As a result,
    • その後:After that,
    • 実は:Actually, 
    • 信じられないかもしれないけど:Believe or not, 
  • 堅い英文の場合
    • したがって:Therefore,
    • それゆえに:Hence,
    • すなわち:Thus,
    • 結果的に:Accordingly,
    • そのために:Because of this,
    • 結果として:Consequently,
    • その理由で:For this reason,

結論を続けて述べる場合は「そして」を下記の言葉で言い換える

  • カジュアルな会話の場合
    • なので:So, 
    • 結局は:After all, 
    • 最後は:In the end, 
  • 固い英文の場合
    • 全体的にみて:All in all,
    • 結局は:Altogether,
    • 結論として:In conclusion,
    • 結局のところ:On balance,
    • 概して:On average,
    • 全体としては:On the whole,
    • ある程度は:To some extent,
    • 要約すれば:To sum up,​

「そして」の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「そしてそれから彼女に言わせよう」を英語にすると?
    _____ I have her say.
  • 「そして私はそれを言う必要があった」を英語にすると?
    Then I _____ to say it.
  • 「そして私の母親が入って来た」を英語にすると?
    And my mother came _____.
  • 「そしてあれはどうなるのだ?」を英語にすると?
    And what _____ that be?
  • 「そして彼はとても年を取った」を英語にすると?
    And she was so _____ old.
  • 「そして今私は賞賛されている」を英語にすると?
    And now I've been _____

答えはこちら

「そしてそれから彼女に言わせよう」を英語にすると:
Then I have her say.

「そして私はそれを言う必要があった」を英語にすると:
Then I had to say it.

「そして私の母親が入って来た」を英語にすると:
And my mother came in.

「そしてあれはどうなるのだ?」を英語にすると:
And what would that be?

「そして彼はとても年を取った」を英語にすると:
And she was so very old.

「そして今私は賞賛されている」を英語にすると:
And now I've been blessed.

「考えてそして話してくれ」を英語にすると:
First think, and then speak. 


まとめ

本記事では「そして」の英語表現を言い換えるコツをまとめました。

さらに詳しい内容はこちらをご覧ください。

AndやSoは「そして」の英語表現の代表例。

でも会話中で何度も繰り返していては稚拙な英語表現になってしまいます。

  • AndやSoはせめて2回連続して使わないようにしましょう。
  • 「そして」の代わりになる英語表現に言い換えるようにしましょう。

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

1日10分で英語をあきれるほど覚える方法とは?

1日10分で英語をあきれるほど覚えるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。