英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「など」を英語論文で書くには?具体例と注意点まとめ

「など」を英語論文ではどう書けばいいでしょうか?

英語論文はフォーマルな文章が要求されます。日常会話で使うような「など」の英語表現はふさわしくありません。

詳しい内容はこちらもご覧ください。

そこで今回は「など」を英語論文で書く際の具体例と注意点をまとめました。ぜひ参考にしてください。

「など」の英語論文での表現1

such as

「など」の英語論文の表現としてsuch asがあげられます。

  • 発音と読み方:ッチアズ
  • such asは文語でよく使われる英語表現です。
  • 英語論文で使われることの多いフォーマルなフレーズです。
  • such as A and Bで「例えばAやBなどのような」という意味になります。
  • 英語論文では「such as」の前にコンマ(,)を置きましょう。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「ハンバーガーやポテトチップスなどは避けることだ」

You should avoid unhealthy foods such as hamburger and chips.  と英語で表現できます。

 

「アメリカは電子機器などの品目の関税を撤廃したがっている」

America wants to eliminate tariffs on items such as electronics.  と英語で表現できます。

「など」の英語論文での表現2

for example

「など」の英語論文の表現としてfor exampleがあげられます。

  • 発音と読み方:フォーイグザンポゥ
  • for exampleは例を示す際に使える便利な英語表現。
  • 名詞を列挙する場合以外にもさまざまな事例を表現できます。

for exampleの注意点は下記の通り。

  • for example の後にはカンマが必要です。
  • 事例を挙げる場合は前の文を一度終了し、後の文でFor exampleと具体例を説明する形になります。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「赤と青など、任意の2色を使用できます」

We can use any two colors — for example, red and blue.

 

「多くの国、たとえばメキシコや日本では地震がたくさんあります」

Many countries, for example Mexico and Japan, have a lot of earthquakes.

「など」の英語論文での表現3

and the like

「など」の英語論文の表現としてand the likeがあげられます。

  • 発音と読み方:エンド ザイク
  • 「AやBなど」は英語でA, B, and the likeという風に表現できます
  • フォーマルさは若干欠けますが英語論文で使われることはあります。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「兵士や警官などが緊急事態を支援するために招集された」

Soldiers, policemen, and the like were called in to help with the emergency.

 

「木材やゴミなどを燃やすことで、私たちのエネルギー需要が賄われると考えられていた」

It was supposed that burning wood, trash, andthe like would provide for our energy needs.

「など」の英語表現を論文で使う際の注意点

「など」の英語表現は事例があるときのみ使う

「など」の英語表現を論文で使う際の注意点その1。

それは「など」の英語表現は事例があるときのみ使うということです。
 

日本語は「など」を多用することが普通です。

  • 実際に国語辞書で「など」を紐解いても「同類のものがあってもなくてもいい」という表現があります。
  • つまり本当は例として挙げるものがなくても「など」を使えるのが日本語です。


英語では「など」と言うときは「必ず事例がなければならない」です。

  • 英語論文でsuch asやfor exampleを使う場合は必ず事例を書くので問題ありません。
  • 英語論文でand the likeを使う場合は「本当に事例がある場合のみ」使う必要があります。
  • もし事例がなければand the like(など)と書いてはいけないことになります。
  • 逆にand the likeと書けば必ず例があるものとして英語論文では捉えることになります。


詳しくは下記の記事も参考にしてください。

「など」は英語で何という?覚えておきたい表現6選

「など」の英語表現で挙げる例は「同類のもの」だけ

「など」の英語表現を論文で使う際の注意点その2。

それはそれは「など」の英語表現は事例があるときのみ使うということです。
 

英語論文では「など」を使う際は「などの内容を推測できなければなりません」。

  • 例えば「リンゴ、オレンジ、など」という文章なら「など」にはフルーツの何かだと推測できます。
  • 例えば「リンゴ、サッカー、など」という文章では「など」に何が該当するのかわかりません。こういう風な書き方を英語論文ではしてはいけないことになります。


英語論文の読者が「など」の内容を推測できるようには「同類の事例」を置くことが大切です。

  • 少なくとも2つ以上の同類の事例があれば読者に推測してもらえるでしょう。
  • 事例は多ければ多いほどいいですが多くても4つ程度。5個も10個もあっても論文が読みにくくなります。


英語論文のような堅い文章については下記に詳しく書いています。どうぞ。

「など」を英語でフォーマルに表現するには?まとめ

etc.やand so onは英語論文では使わない

「など」の英語表現を論文で使う際の注意点その3。

etc.やand so onは英語論文では使わないということです。

  • 英語論文はフォーマルかつアカデミックな文章が好まれます。
  • and so on は日本人が論文で書くことが多い表現です。ですが会話で使うことが多い表現なので英語論文では避けたほうがいいでしょう。
  • etc.は書き言葉で使われますが「など」の内容があいまいになるため英語論文でふさわしくないと考えられます。

「など」の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「彼女はバナナやリンゴなどが好きだ」を英語にすると?
    She likes bananas, apples, and ____ on.
  • 「A・B・そしてCなど説明せねばならない」を英語にすると?
    I have to explain A, B, and so ____
  • 「チーズやパンなど買わなければならない」を英語にすると?
    I have to buy some cheese, ____, and so on.
  • 「彼女は花がついたドレスなどを着る」を英語にすると?
    She wears dresses with flowers on and ____ like that. 
  • 「私は電球交換などをする」を英語にすると?
    I change light bulbs ____ things ____ that. 
  • 「私が欲しかったのはこれとあれとなどなどだ」を英語にすると?
    I ____ this and that and ____ blah blah. 

答えはこちら

「彼女はバナナやリンゴなどが好きだ」を英語にすると:
She likes bananas, apples, and so on.

「AやBなど説明せねばならない」を英語にすると:
I have to explain A, B, and so on. 

「チーズやパンなど買わなければならない」を英語にすると:
I have to buy some cheese, bread, and so on.

「彼女は花がついたドレスなどを着る」を英語にすると:
She wears dresses with flowers on and things like that. 

「私は電球交換などをする」を英語にすると:
I change light bulbs and things like that. 

「私が欲しかったのはこれとあれとなどなどだ」を英語にすると:
I wanted this and that and blah blah blah. 

「彼女は私に興奮のほどや喜びのほどなどを言った」を英語にすると:
SHe said to me how excited and pleased, blah-blah-blah.

「ハンバーガーやポテトチップスなどは避けたい」を英語にすると:
I have to avoid unhealthy foods such as hamburger and chips. 


まとめ

今回の記事では「など」の英語論文での書き方についてまとめました。

英語論文で使える「など」の表現は下記の3つになります。

  1. such as
  2. for example
  3. and the like

それから「など」の英語表現を論文で使う際の注意点もありましたね。

  1. 「など」の英語表現は事例があるときのみ使う
  2. 「など」の英語表現で挙げる例は「同類のもの」だけ
  3. etc.やand so onは英語論文では使わない

以上のことを念頭に置いて英語論文のライティングをしていきましょう。

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

1日10分で英語をあきれるほど覚える方法とは?

1日10分で英語をあきれるほど覚えるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。