メールで学ぶ英語塾

英語を楽しもう!六単塾

03-6665-0811

「など」を英語で言うと?いろんな言い方を例文で解説

「など」を英語で言うと?いろんな言い方を例文で解説

「など」と英語であなたは言えますか?「etc」ばかり使っていませんか?

「など」の英語表現をわかりやすく特集しました。ぜひマスターしましょう。

「など」を英語で言うと?

「など」は英語でand so onといいます

「など」は英語表現で and so on と言います。

他の英語表現もいろいろあるんですけどとりあえず and so on と覚えておきましょう。残りの英語表現については後で例文と一緒にご紹介します。

  • 「など」の英語表現: and so on 
  • 英語で発音すると:エン ソーオン
  • 英語アクセントは:エン ソーオン
  • 英語のスペル:「and so on」3つで1つの英語です。

おすすめの英語動画

おすすめの英語動画を紹介します。下記の動画では「and so on」を英語でわかりやすく解説してくれています。

簡単なことでも英語で教えてもらうといろいろ学びがあるもの。英語学習のためにもぜひご覧ください。
 

オールマイティな「など」の英語:and so on

and so onの英語の注意点

「など」を英語で言うには「and so on」が使いやすい言葉です。

口語でも文語でもオールマイティに使える英語表現ですね。

ただし英語論文のようなあまりに固すぎる文章には使いにくいですね。英語論文のような場合は代わりに「etc.」のような文語専用の「など」が使われます(etc.については後述)。

 

それから「and so on」を使った「など」はすべて似たものについての「など」でなければならないです。

たとえば「バナナやリンゴなどが好きです」と英語で言う場合なら「and so on」を使ってOKです。バナナもリンゴも同じフルーツで似たものだからです。

  • 「バナナやリンゴが好きです」と英語で言う場合・・・
  • I like bananas, apples, and so on. と書いてよい。
  • バナナ・リンゴと続くので「など」の内容はフルーツであると予測できるからand so onが使える

 

逆に「など」で示すものが違うもので全然推測できない場合もありますよね。

たとえば「地球は鉄とシリコンなどでできている」と英語で言いたい場合「など」の内容は予測できません。「鉄」と「シリコン」は全く違うものだからです。

「鉄」と「シリコン」はフルーツというくくりに比べて明らかに予想できないんですね。こういう場合は「and so on」は使えません。

  • 「地球は鉄とシリコンなどでできている」と英語で言う場合・・
  • The Earth is made of iron and silicon,  and so on と書かない。
  • 鉄・シリコンと続いても「など」が何なのか予測できないから。and so onは使えない。
  • 代わりにthings like thatという英語表現が使える(後述)。

 

このように「and so on」は似たものについて「などなど」と英語で言うときに使えるわけです。もっというと「など」が何になるのか「推測できる」英語表現が「and so on」と言えますね。

「and so on」を使った「など」の英語例文は下記になります。

「私はAやBやCなど説明せねばならなかった」を英語で言うと?

I had to explain A, then B, and C, and so on. という英語で表現できます。

この英語例文のポイントは「then」です。

A・B・Cと話す順番がある場合に「A and B and C」とandという英語を繰り返すと稚拙なイメージがありますよね。

ここは「A, then B, and C」という英語の言い方を覚えておきましょう。ちょっとかっこよい英語の文章になります。

 

以上のように「and so on」の英語表現は「もの」に対しての「など」について言います。人にたいしては使わないです。

日常会話で使いやすい「など」の英語:things like that

things like thatの英語の注意点

日常会話では「and so on」でさえ少し堅い印象があります。

使って悪くはないのですが日常会話となると今回の「things like that」のほうがよく会話に出てきます。

「and so on」はフォーマルな英語で「など」と言うときに使う。「things like that」の方が口語的に「など」と英語で言えます。

「地球は鉄とシリコンなどでできている」を英語で言うと?

The Earth is made of iron and silicon and things like that.  という英語で表現できます。

この英語例文のポイントは「is made of」です。この英語表現で「できている」「構成されている」という意味になります。

「made from」「made in」に似ている英語表現ですが「made of」が「できている」という意味なので注意しましょう。

「of」は「=(イコール)」の意味として英語例文を読み解いていくとわかりやすいです。

説明が面倒なときに使える「など」の英語:Blah blah blah

Blah blah blahの英語の注意点

全て説明するのが面倒なときに使う英語表現が「Blah blah blah」です。

スラングと言っていいでしょう。会話に使われる英語語現です。

Blah blah blahという英語の発音は「ブラーブラーブラー」と言います。これ海外ドラマを見ているとよく出てくる英語のセリフですね。

Blah blah blahは大抵は会話の最後につけます。「など」という意味よりも「などなどなどなど・・・」という意味になります。面倒くささが出てますね。

「私はこれとかあれとかなどなど欲しいのだ」を英語で言うと?

I wanted this and that and blah blah blah. という英語で表現できます。

この英語例文のポイントは「this and that」です。

this and thatで「これもあれも」という英語の決まり文句になっています。一緒に覚えておきましょう。


Blah blah blahには「など」以外にもう1つの意味もあります。これは「ベラベラしゃべっている」ニュアンスの英語表現になります。例文を次に紹介しましょう。

「要点を教えてくれよ。べらべらしゃべるだけじゃなくてさ」を英語で言うと?

Get to the point. Not just blah blah blah.という英語で表現できます。

この英語例文のポイントは「Get to the point」です。

英語で直訳すると「ポイントを得よう」ですが「結論を出してほしい」「要点を教えてほしい」というニュアンスで日常会話では使われます。

ついでにget to the pointの英語例文をいくつか紹介しましょう。

「ちょっと本題に入ってもらえませんか?」を英語で言うと?

Would you just get to the point?  という英語の表現になります。

この英語例文のポイントは「just」です。justを付けることで「とにかく」「ちょっと」という急ぎのニュアンスの英語表現になります。

「ステージに出られなくなるまで続けていきます」を英語で言うと?

I'll keep going until I get to the point where I can't get out on stage. という英語で表現できます。

この英語例文のポイントは「until I get to the point where」です。

「until I get to the point where」の英語表現で「私が到達するところまで」という意味になります。どこまでかというと次に続きます。「ステージが出られなくなるまで」と英語は続くわけです。

「飛行機に乗るのが楽しくないとわかったのはいつ頃だったかな」を英語で言うと?

When did I get to the point when travelling by plane wasn't fun? という英語で表現できます。

この英語例文のポイントは「travelling by plane」です。

「travelling by plane」の英語表現で「飛行機に乘る」という意味になります。「飛行機で旅行する=飛行機に乗る」という意味あいです。

この英語例文で使っている「get to the point」は「飛行機に乗るのが楽しくないという境地に到達したのは」という意味で考えるとわかりやすいと思います。

文語でよく使われる「など」の英語:such as

such asの英語の注意点

「such as」は文語でよく使われている「など」の英語表現です。

たとえばsuch as A and Bで「例えばAやBなどのような」という意味になります。

「ハンバーガーやポテトチップスなどはやめるべきだ」を英語で言うと?

You should avoid unhealthy foods such as hamburger and chips. という英語で表現できます。

この英語例文のポイントは「avoid」です。この英語表現は「避ける」という意味です。

「ハンバーガーやポテチを避ける」=「ハンバーガーやポテチをやめる」の意味としてこの英語例文をとらえることができます。

「アメリカは電子機器などの品目の関税を撤廃したがっている」を英語で言うと?

America wants to eliminate tariffs on items such as electronics. という英語で表現できます。

この英語例文のポイントは「tariff」です。

「関税」という意味の英語表現です。海外の英語ニュースをみているとよく出てくる英単語なので覚えておきましょう。

意外と使わない「など」の英語:etc.

etc.の英語の注意点

「etc.」は日本でも有名な「など」の英語表現ですね。

しかし「など」と言うとき「etc.」は意外と使われません。

前述した「and so on」や「things like that」や「such as」のほうが使われる割合は高く思えます。

etc.は文語表現つまり文章としてはみることが多いです。フォーマルなイメージと考えてください。論文や学術書や専門書などでは「etc.」を見ます。

では意外と使わない「など」の英語表現「etc.」についていくつかポイントを上げておきましょう。

  • etc.はet cetera の略です。ラテン語から英語に派生したものです。
  • etc.の英語発音は略せずに「エトセトラ」と発音します。
  • etc.の前には「and」の英語はつけません。
    • なぜなら「et cetera」の「et」は英語で「and」という意味だからです。
    • 「and」が2つ重なってしまうので「etc.」の前には「and」はつけません。
  • etc.と英語で略する場合は最後にピリオドを付けます。
  • etc.で文を書き終えるときには「etc..」ではなく「etc,」で英語を終えてOKです。
  • 「etc., etc.」と重ねた英語表現だと「などなど」と強調することができます。

余談ですが・・・

余談ですが日本語では「など」という言葉をよく使いますよね。

たとえば「リンゴとバナナが好き」と言うときも「リンゴとかバナナなどが好きです」とよく言うものですよね。

ただし英語では「リンゴとかバナナなど」と言うと「リンゴ・バナナのほかに好きなものがあるのだな」と受け取ります。

つまり英語圏では日本語ほど「など」を軽くは言わないようです。

ほかに何もないのであれば英語では「など」(etc.など)はあまり言わないほうがいいと思います。「など」が英語で何を指しているのか全く具体性がないからです。

「など」の英語でちょっとマニアックな「and so forth」

and so forthの英語の注意点

「and so forth」はあまりに聞かない英語表現ですがこれも「など」の意味があります。先ほどの「and so on」に似ています。

ただし「and so forth」は口語よりも文語がメジャーな英語表現。文章で「など」と言う時に「and so forth」は出てきます。

「彼はダイエットするか運動するかなどを選ばなければならない」を英語で言うと?

He must choose a diet, exercise, and so forth.  という英語で表現できます。

この英語例文のポイントは「exercise」です。

exerciseという英語は日本ではおなじみですね。「エクササイズ」です。exerciseという英語はこのように名詞として「運動」という意味にもなります。

「私は若い作家に出版などするのを援助するのが好きだ」を英語で言うと?

I like to encourage young writers to try and help them get published and so forth.  という英語で表現できます。

この英語例文のポイントは「help them get published」です。

「publish」は出版という意味。「get published」の英語表現で「出版させる」となります。getを使うのがポイント。

「help them get published」の英語表現は「出版を手助けする」という意味になります。

 

ところで「help them」の後にすぐに「get published」という動詞がきています。中学英語で「to 不定詞」に慣れた人だと「ん?」と思うかもしれません。

この英語例文のようにhelpの後はto 不定詞は省略できます。ただそんな文法を覚えてもキリがありません。

英語例文そのものを覚えてしまいましょう。英語上達が効率的に進みます。

おまけ

英語の問題を解いてみよう

  • もっと大きなサイズはありますか?
    Do you have ___ bigger sizes?
  • この色の M サイズはありますか?
    Do you have a ______ in this color?
  • この色のLサイズはありますか?
    Do you have a ______ in this color?
  • このサイズは小さすぎます。
    This size is ____ small. 
  • これのもっと大きいサイズの物はありますか?
    Do you have a ____ size of this?
  • 別のサイズのものがありますか?
    Do you have ____  ____ ?
  • この靴で私に合うサイズはありますか。
    Do you have these  ____  in my  ____?

答えはメールでお送りします。
メールアドレスを登録してください

メールアドレスを入力↓


メールアドレスを登録すると・・

  • 例文の答えがメールで届きます
  • 六単塾のお知らせメールも届きます

メールアドレスを入力してボタンを押してください。SSL暗号で安全に送信されます。本ページでご提供するメールは無料です。メールアドレスはご連絡以外に利用しません。プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたしますのでご安心ください。

お疲れ様でした

六単塾の祐樹です。今回は以上です!

この記事がお役に立てれば幸いです。あなたの英語力がグングンと伸びていくことを祈っております。

六単塾塾長 祐樹せつら

\この記事をシェアしてください!/
このエントリーをはてなブックマークに追加_