英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「~など」と英語文献で引用する際はどう書けばいい?まとめ

「~など」と英語文献で引用する際はどう書けばいいのでしょうか?

英語論文では参考文献を引用して筆者紹介として「●さん、〇さんなど」と記載することがあります。これは英語ではどう書けばいいのでしょうか?

詳しい内容はこちらもご覧ください。

そこで今回は「~など」と英語文献で引用する際はどう書けばいいかをまとめました。ぜひ参考にしてください。

「~など」と文献で著者名を英語で紹介するには

「~など」と文献で紹介する英語表現:et al.

「~など」と文献の著者名を紹介する際の英語表現は「et al.」と記載します。

  • et al.は論文などの文献で著者を紹介する際によく使われる英語表現です。
    • 例1:Sawada et al. (=Sawadaさんなど)
    • 例2:Suzuki, Millar et al. (Suzukiさん、Millarさんなど)
  • et al.とはラテン語が語源となっています。
  • et al.は学術論文などで文献の人名を省略する際に用いられる記号です。
  • 文献の筆者が複数いるときに数名だけ名前を書いてその他の人を「et al.」で省略できます。

詳しくは「など」を英語論文で書くには?具体例と注意点まとめもご覧ください。

また下記のページもどうぞ。

  •  

et al. の注意点1:and は前につけない

et al. の注意点1は「and は前につけない」ことです。

  • et al.の前にはandは不要です。et al. には and がすでに含まれているためです。
    • et alはラテン語ですがこのうち et は「and」の意味を指します。
    • and et alと書くと「and and others」という意味になってしまいます。
    • 文献などを紹介する場では堅い英語が求められるため and et al. はNGです。
  • 例が複数ある場合でもandは不要です。
    • and so onを使う場合:A, B, C, and so on
    • et alを使う場合:A, B, C, et al.
    • etc.を使う場合:A, B, C etc.
    • such asを使う場合:such as A, B and C

et al. の注意点2:通常はピリオドつける。文末なら省略する。

et al. の注意点2は「通常はピリオドつける。文末なら省略する」ことです。

  • et al. は「et alii」を省略した英語表現です。
    • 省略形のため最後にピリオドをつけるのが基本となっています。
    • 文中であっても al の次にはピリオドを打つ必要があります。
  • 文末の場合はピリオドは省略できます。
    • A, B, et al. で文章が終わる場合は最後のピリオドは1つだけでOKです。
    • A, B, et al.. と2つピリオドを置く必要はありません。

詳しくはこちらもご覧ください。

et al. の注意点3:et al. の代わりに etc.は使えない

et al. の注意点3は「et al. の代わりに etc.は使えない」ことです。

  • et al. は「and others」(他の人)を意味します。
    • よって人名を略して「~など」というときに使います。
    • ただし文献にのみ使います。通常の会話ではand othersと使うのが普通です。
  • etc. はこちらは「モノ」や「コト」に対する「~など」を指します。
    • よって人名を略して「~など」とは使えません。
    • etc.もラテン語が語源で「et cetera」を略した言葉です。
    • et ceteraの意味は「and the rest」という意味で「残りのもの」という意味です。

詳しくはこちらもご覧ください。

et al. のその他の注意点

et al. のその他の注意点をまとめてみました。

  • et al. の字体はイタリック体で書く。
    • 例1:Sawada et al. (=Sawadaさんなど)
    • 例2:Suzuki, Millar et al. (Suzukiさん、Millarさんなど)
  • et al. は参考文献リストでの表記には使用しない。
    • 参照:WORD VICE
    • 文中引用(本文で引用する方法)では使用できます。
    • ​脚注(本文内で引用部分に番号を振って引用する方法)でも使用できます。

「~など」と文献等で引用する英語例文集

関連する英語例文をまとめました。参考にしてください。

 

「コンサートにはモーツァルトなどの作品が含まれていました」

The concert included works by Mozart etal. と英語で表現できます。

 

「この本はジョン、ジョーンズなどによるものです」

This book is by John, Jones, et al. と英語で表現できます。

 

「コンサートにはチャイコフスキーなどの作品が含まれていました」

The concert included works by Tchaikovsky et al. と英語で表現できます。

 

「鈴木などは管理上の役割を考え出したと言うでしょう」

Suzuki et al. would say that they conceived of the managerial role. と英語で表現できます。

 

「沢田などはベンチマークモデルを提示します」

Sawada et al. present a benchmark model. と英語で表現できます。

 

「この方法は、ジェーンなどによる論文に記載されている」

The method is described in an article by Jane et al. と英語で表現できます。

 

「マッコールなどは彼らの幹部をテストするための独創的な方法を考案しました」

McCall et al. have devised ingenious ways to test their executives. と英語で表現できます。

「など」の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「彼女はバナナやリンゴなどが好きだ」を英語にすると?
    She likes bananas, apples, and ____ on.
  • 「A・B・そしてCなど説明せねばならない」を英語にすると?
    I have to explain A, B, and so ____
  • 「チーズやパンなど買わなければならない」を英語にすると?
    I have to buy some cheese, ____, and so on.
  • 「彼女は花がついたドレスなどを着る」を英語にすると?
    She wears dresses with flowers on and ____ like that. 
  • 「私は電球交換などをする」を英語にすると?
    I change light bulbs ____ things ____ that. 
  • 「私が欲しかったのはこれとあれとなどなどだ」を英語にすると?
    I ____ this and that and ____ blah blah. 

答えはこちら

「彼女はバナナやリンゴなどが好きだ」を英語にすると:
She likes bananas, apples, and so on.

「AやBなど説明せねばならない」を英語にすると:
I have to explain A, B, and so on. 

「チーズやパンなど買わなければならない」を英語にすると:
I have to buy some cheese, bread, and so on.

「彼女は花がついたドレスなどを着る」を英語にすると:
She wears dresses with flowers on and things like that. 

「私は電球交換などをする」を英語にすると:
I change light bulbs and things like that. 

「私が欲しかったのはこれとあれとなどなどだ」を英語にすると:
I wanted this and that and blah blah blah. 

「彼女は私に興奮のほどや喜びのほどなどを言った」を英語にすると:
SHe said to me how excited and pleased, blah-blah-blah.

「ハンバーガーやポテトチップスなどは避けたい」を英語にすると:
I have to avoid unhealthy foods such as hamburger and chips. 


まとめ

今回の記事では「~など」と英語文献で紹介する際の表現と注意点をまとめました。

ポイントは下記になります。

  • 「~など」と文献紹介する際は et al. を使う。
  • et al. の注意点1:and は前につけない
  • et al. の注意点2:通常はピリオドつける。文末なら省略する。
  • et al. の注意点3:et al. の代わりに etc.は使えない

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。