英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「そして」を英語論文で使う際のマナーと表現まとめ

「そして」と英語論文で書くときはマナー(作法)があります。

簡単にいえば文頭にAndやThenを使ってはいけないのです。

そこで「そして」を英語論文で使う時のマナーと「そして」の代わりに使える英語表現集をまとめました。ぜひ参考にしてください。

「そして」を英語論文で書くときのマナー

AndやSoは英語論文の接続詞に使わない(特に文頭はNG)

「そして」は英語にするとand, then, soなどがパッと思い浮かびますよね。これは口語(英語を話すときの言葉)ならOKです。

しかしand, then, soは文語(書かれた文章)では使われません。

  • 特に英語論文では使われません。これはマナーです。
  • 特に文頭には使われません。文頭に使うのは無作法(bad form)と考えられています。

その理由としてはおそらくandやthenやsoは話し言葉で使われることからです。

論文のような格式ばった文章にはふさわしくないのでしょうね。

参照:英語で論文を書こうとする人へ(九州大学)

では英語論文で「そして」と書きたいときはどうすればいいの?

解決方法は2つです。

  1. 「そして」という言葉をそもそも使わない。
    • 論理的に前の文章に続く文章ならば接続詞なしでも問題ないはず。
    • 明快な論理展開こそ英語論文の命。「そして」がなくても論理的に正解であれば接続詞は省略できる。
       
  2. 「そして」の代わりになる別の英語表現を使う​。
    • 「そして」以外に英語論文かつ文頭で使える英語表現はある。
    • 文脈に合わせて別の英語表現を使えばいい。

以下では「2」の解決方法となる「そして」の代わりになる英語表現を多数ご紹介します。

英語論文で「そして」の代わりに使える表現まとめ

「そして」の代わりに下記の英語表現を英語論文に使用できます。場合分けしてありますので適宜英語論文に適用してください。

なお英語表現の後にはコンマ(,)が必要になることもあれば必要ないときもあります。

また文頭に使うことを想定しているので頭文字は大文字で記載してますが文中でも利用できます。

前後の文が同じ内容の場合

  • 同時に:At the same time, 
  • 同様に:By the same token, 
  • 同様に:Equally,
  • 同じように:In the same way,
  • 同様に:Similarly,
  • すなわち:Namely,

後に続く英文が一般的な内容である場合

  • 一般に:As a rule,
  • 基本的に:Basically, 
  • 大まかに言えば:Broadly speaking,
  • 全体的にみて:By and large,
  • 原則的に:Essentially,
  • 一般的に:Generally,
  • 一般的に:In general,

後の文で情報を追加する場合

  • 中でも:Above all,
  • 加えて:Additionally,
  • 加えて:in addition
  • 後述するように:As we shall see later,
  • 加えて:Besides,
  • 最初に:Firstly,
  • 次に:Secondly,
  • まず第一に:First of all,
  • 最後に:Finally,
  • 最後に:Lastly,
  • さらに:Furthermore,
  • さらに:Moreover,
  • より重要なことに:More importantly,
  • 最も重要なことに:Most importantly,
  • それに加えて:On top of that,
  • というよりむしろ:Or rather,

後の文で理由や結果を述べる場合

  • したがって:Therefore,
  • それゆえに:Hence,
  • すなわち:Thus,
  • 結果的に:Accordingly,
  • 結果として:As a result,
  • そのために:Because of this,
  • 結果として:Consequently,
  • その理由で:For this reason,

後の文で結論を述べる場合

  • 全体的にみて:All in all,
  • 結局は:Altogether,
  • 結論として:In conclusion,
  • 結局のところ:On balance,
  • 概して:On average,
  • 全体としては:On the whole,
  • ある程度は:To some extent,
  • 要約すれば:To sum up,​

「そして」の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「そして彼女に言わせよう」を英語にすると?
    _____ I have her say.
  • 「そして私はそれを言う必要があった」を英語にすると?
    Then I _____ to say it.
  • 「そして私の母親が入って来た」を英語にすると?
    And my mother came _____.
  • 「そしてあれはどうなるのだ?」を英語にすると?
    And what _____ that be?
  • 「そして彼はとても年を取った」を英語にすると?
    And she was so _____ old.
  • 「そして今私は賞賛されている」を英語にすると?
    And now I've been _____

答えはこちら

「そしてそれから彼女に言わせよう」を英語にすると:
Then I have her say.

「そして私はそれを言う必要があった」を英語にすると:
Then I had to say it.

「そして私の母親が入って来た」を英語にすると:
And my mother came in.

「そしてあれはどうなるのだ?」を英語にすると:
And what would that be?

「そして彼はとても年を取った」を英語にすると:
And she was so very old.

「そして今私は賞賛されている」を英語にすると:
And now I've been blessed.

「考えてそして話してくれ」を英語にすると:
First think, and then speak. 


まとめ

本記事では「そして」を英語論文で使う際のマナーと表現をまとめました。

「英語論文ではand、then、soは使わない」のがマナーでしたね。では「そして」と英語論文に書きたいときはどうすればよいのか?その解決法は2つありました。

  1. 「そして」という言葉をそもそも使わない。
    • 論理的に前の文章に続く文章ならば接続詞なしでも問題ないはず。
    • 明快な論理展開こそ英語論文の命。「そして」がなくても論理的に正解であれば接続詞は省略できる。
       
  2. 「そして」の代わりになる別の英語表現を使う​。
    • 「そして」以外に英語論文かつ文頭で使える英語表現はある。
    • 文脈に合わせて別の英語表現を使えばいい。

また英語論文で「そして」の代わりに使える英語表現をたくさんまとめました。

さらに詳しい内容はこちらをご覧ください。

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。