英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「障害者」を英語で何という?覚えておきたい表現5選

外国人女性

「障害者」(障がい者)を英語であなたは言えますか?ちょっと考えてしまいますよね。

「障害者」の英語表現は5つあります。

  1. person with disabilities
  2. disabled person
  3. handicapped person
  4. impaired person
  5. challenged person

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく英語表現を解説しました。ぜひ参考にしてください。

「障害者」の英語表現1

person with disabilities

「障害者」は英語でperson with disabilitiesといいます。

  • 発音と読み方:パーソン ウィズ ディスアビリティーズ
  • 他人が実行することを困難にする病気、怪我の状態にある男性、女性、または子供。

person with disabilitiesについて:

  • person with disabilitiesは現代において障害者(障がい者)という意味で最適な英語表現です。
  • 英語で直訳すると「障害を持つ人」となるので「人(person)」が先にきますよね。
  • 「障害」そのものよりも「人」に焦点を合わせた丁寧な英語表現です。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「障害者にとって、お金を手に入れるのははるかに困難です」

For a person with disabilities, money is much more difficult to come by. 

 

「勝者は障害者の方でした」

The winner was a person with disabilities

「障害者」の英語表現2

disabled person

「障害者」は英語でdisabled personといいます。

  • 発音と読み方:ディスエイボゥド パーソン
  • 多くの人が持つ身体的・精神的な能力を1つ以上持っていない人のこと。
  • 複数形だとdisabled peopleです。

disable personについて:

  • disable personは以前は「障害者」という英語表現としてよく使われていました。
  • ですがdisabledという「障害」という言葉が最初にくる英語表現は「不適切」と考えられるようになりました。
  • 現在は先述のperson with disabilitiesが推奨されています。

英語圏での障害者に対する捉え方:

参照:Cambridge Dictionary

例文

「障害者は最初に仕事を確保する必要があります」

The disabled person has to secure the job first. 

 

「障害者の方は席をご用意ください」

Please give your seat to an disabled person if they require it. 

「障害者」の英語表現3

handicapped person

障害者」は英語でhandicapped personといいます。

  • 発音と読み方ハンディキャップド パーソン
  • 体や精神的な部分が損傷したり正常に動作しなくなった人のこと。
  • the handicappedと略せます。複数形だとhandicapped peopleです。

handicapped personについて:

  • handicapped personは昔によく使われた英語表現です。
  • しかし現在は多くの人にとって不快な英語であると見なされています。
  • 前述のperson with disabilitiesが推奨されています。

言葉の変遷としては

  1. Handicapped person↓
  2. Disabled person↓
  3. Person with disabilities

という順番で使われる英語表現は変わっています。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「チームには、家族や友人の主要メンバーに加えて、障害者を含める必要があります」

The team must include the handicapped person, besides key members of the family and friends. 

 

「彼女はもはや自分に苛立つ障害者ではなかった」

She was no longer the handicapped person irritating herself. 

「障害者」の英語表現4

impaired person

「障害者」は英語でimpaired personといいます。

  • 発音と読み方:インペアード パーソン
  • 損傷したり弱体化した人のこと。

impaired personについて:

  • impaired personは障害者という意味で使われることは少ないです。
  • 少なくとも前述の英語表現に比べて少ないです。
  • 文書などで「visually impaired person」とあったら「視覚障害者」と理解することができます。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「障害者は車を運転するために複数人に保険をかけることができます」

An impaired person can have more than one person insured to drive the vehicle. 

 

「特別装備の車は、障害者をより移動しやすくします」

A specially equipped car makes an impaired person more mobile. 

「障害者」の英語表現5

challenged person

「障害者」は英語でchallenged personといいます。

  • 発音と読み方:チャーレンジド パーソン
  • 他の人よりも通常の活動が困難な身体的または精神的状態を持っている人のこと。
  • the challengedと略します。複数形はchallenged peopleです。

challnged personについて:

  • 「障害に挑戦する人々」というポジティブな意味があります。
  • 最近この英語表現が流行りつつあるようです。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「このような長く続く困難な状況は、障害者自身に害を及ぼします」

This kind of long-existing difficult situation will do harm to the challenged person themselves. 

 

「あなたが苦労せずに行うことは、障害者にとって大きな困難かもしれません」

Something you do effortlessly might pose a great difficulty for a challenged person

「障害者」の英語動画

障害を持つ人々への接し方とは

こちらの動画では「障害を持つ人々への接し方」について英語で紹介されています。ネイティブの発音も聞けてためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

知的障害者に敬意をもって接しよう

こちらの動画では「知的障害者に敬意をもって接すること」について英語で解説されています。英語字幕もあってためになります。ぜひご覧ください。

「障害者」の英語コラム

crippledはスラング。障害者の英語表現として使ってはいけない

障害者のスラングにcrippled という英語表現がありますがこれは使ってはいけません。

crippledは「不自由」という意味です。差別表現にあるので使わないほうがいいでしょう。

障害者という意味で使わなければ良いようですが英会話に慣れていない方は使わないのが賢明です。

「障害者向けの雇用」は英語で何という?

障害者雇用は英語でemployment of the handicappedといいます。

障害者(障がい者)向けの雇用や求人は現在さかんです。

 

たとえば大手求人サイトINDEEDでは2020年3月時点で求人募集数は180件を超えます。

そのお仕事の多くは英文翻訳です。たとえば「商品に関する問い合わせメールの英語翻訳」などです。

時給は1,200円以上、年収240万円から600万、待遇も正社員並み。かなりお仕事しやすい環境になりましたね。

英語圏ではもっと障害者向けの雇用・求人は広がりをみせています。

障害者施設は英語で何という?

障害者施設は英語でfacility for the handicappedといいます。

「施設」が英語ではfacility(ファシリティ)です。

障害者支援施設とは介護や援助が必要で自宅生活が難しい障害者を対象とした入所施設です。

 

知的障害者や発達障害者、身体障害者などさまざまな方が対象です。

そのため障害ごとに施設が異なることもあります。いくつか例を記載します。

  • 知的障害者施設:facilities for the mentally retarded
  • 精神障害者施設:psychiatric facility

障害者用トイレは英語で何という?

「障害者用トイレ」は英語でAccessible Restroomといいます。

障害者用のトイレには「accessible」とつけることが一般的です。

accessible bathroomという英語表現もよく使われます。

障害者用トイレの英語表現については下記の記事で詳しく説明しています。

「障がい者用トイレ」を英語で何という?覚えておきたい表現2選

障害者支援は英語で何という?

障害者支援は英語で Supports for Persons with Disabilitiesといいます。

障害者支援の基本的な考え方は

  • 「障害者である人もそうでない人も関係なく」
  • 自分の力を最大限発揮できるような環境作りにあります。

困難な状況にある人へ救いの手を差し伸べる。

機会均等を目指した支援を行なうといったものです。

障害者ではなく「挑戦する人」という英語表現:challnged

先述した5つ目の英語表現challenged person。これは新しい英語表現です。

「障害者」という意味よりももっと前向きな意思を感じますね。

神様から与えられた困難・課題に挑戦すること」という意味合いがあります。

参照:「チャレンジド」という言葉について

 

「障害者」には遠回しな英語表現かもしれません。

でも最初にお伝えしたperson with disablitiesよりも短くて言いやすい英語表現です。今後普及する言葉かもしれません。

「障害者」の丁寧な英語表現とは?

障害者の丁寧な英語表現はperson with disabilitiesです。

今回の英語表現で一番最初にお伝えしましたね。

「person(人)」が先に来る英語表現なので障害ではなく人を大切にした丁寧な表現になります。

 

また具体的な障害を言うときはdisabilitiesという英語を障害名にするとより丁寧になります。

また新しい英語表現としてはchallenged personという言い方もあります。あわせて覚えておきましょう。

障害者手帳は英語で何という?

障害者手帳は日本特有の言葉です。そのため英語で説明すると様々な言い方があります。

  • physical disability certificate
  • Physically Person's Handbook
  • Handbook for the
  • disability certificate

「手帳」は英語でhandbook。certificateは「証明書」という意味です。

障害者手帳は証明の代わりになるのでcertificateという英語表現で伝わるでしょう。

障害をspecial needsと英語で言うこともある

special needsは「特別な支援」という意味です。

これは「障害」という意味で使うこともよくある英語表現です。

  • child with special needs:障害を持つ子ども
  • students with special needs:障害をもつ生徒

聴覚障害は英語で何という?

聴覚障害は英語でhearing impairments となります。

聴覚障害とは音や声が聞こえない、あるいは聞こえにくいことをいいます。

聴覚障害者は英語でhearing-impaired personとなりますね。

 

関連表現をいくつかご紹介します。

  • 精神障害者:mentally handicapped person
  • 知的障害者:mentally handicapped person
  • 視覚障害者:visually impaired person
  • 知能障害者:a mental defective

英語例文集

英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「障害者の方は席をご用意ください」

Please give your seat to an person if they require it. と英語で表現できます。

 

「障害者は車を運転するために複数人に保険をかけることができます」

An impaired person can have more than one person insured to drive the vehicle. と英語で表現できます。

 

「障害者は最初に仕事を確保する必要があります」

The person has to secure the job first. と英語で表現できます。

 

「彼女はもはや自分に苛立つ障害者ではなかった」

She was no longer the handicapped person irritating herself. と英語で表現できます。

 

「このような長く続く困難な状況は、障害者自身に害を及ぼします」

This kind of long-existing difficult situation will do harm to the challenged person themselves. と英語で表現できます。

「障害者は車を運転するために複数人に保険をかけることができます」

An impaired person can have more than one person insured to drive the vehicle. と英語で表現できます。

 

「彼女はもはや自分に苛立つ障害者ではなかった」

She was no longer the handicapped person irritating herself. と英語で表現できます。

 

「障害者は最初に仕事を確保する必要があります」

The disabled person has to secure the job first. と英語で表現できます。

 

「障害者の方は席をご用意ください」

Please give your seat to an disabled person if they require it. と英語で表現できます。

 

「障害者にとって、お金を手に入れるのははるかに困難です」

For a person with disabilities, money is much more difficult to come by. と英語で表現できます。

 

「勝者は障害者の方でした」

The winner was a person with disabilities. と英語で表現できます。

「特別装備の車は、障害者をより移動しやすくします」

A specially equipped car makes an impaired person more mobile. と英語で表現できます

 

「このような長く続く困難な状況は、障害者自身に害を及ぼします」

This kind of long-existing difficult situation will do harm to the challenged person themselves. と英語で表現できます。

 

「あなたが苦労せずに行うことは、障害者にとって大きな困難かもしれません」

Something you do effortlessly might pose a great difficulty for a challenged person. と英語で表現できます。

 

「チームには、家族や友人の主要メンバーに加えて、障害者を含める必要があります」

The team must include the handicapped person, besides key members of the family and friends. と英語で表現できます。

まとめ

英語表現まとめ

「障害者」の英語表現をまとめると「5つ」です。

  1. person with disabilities
  2. disabled person
  3. handicapped person
  4. impaired person
  5. challenged person

「障害者」の英語表現は新聞やニュースでよく使われる言葉です。

いきなり英語で言われても驚かないようにまとめて覚えておきましょう。英会話の幅も広がりますよ!

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。

このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

関連記事

1日10分で英語をあきれるほど覚える方法とは?

1日10分で英語をあきれるほど覚えるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。