英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

金曜日を英語で何という?覚えておきたい表現2選

「金曜日」は英語で何というでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は「2つ」あります。

  1. Friday
  2. Fri.

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

金曜日の英語表現1

Friday

「金曜日」は英語で Friday といいます。

  • 発音と読み方:フライディ
  • 木曜日の後、土曜日の前の曜日のこと。
  • 金曜日。

参照:Cambridge Dictionary

解説

Friday の頭文字は必ず大文字になるので覚えておきましょう。

曜日の名称は、惑星名からつけられたものがほとんどです。

金曜日は星座では 金星(Venus) に相当します。

Venus は北欧神話では Frigg に相当します。

よって金曜日は英語では Friggs's day → Friday と呼ばれるようになりました。

 

関連する英語表現をまとめておきます。

  • 13日の金曜日:Friday the 13th
  • TGIF:Thank God It's Friday の略。 「やったぁ金曜日だ!」というスラング英語。

例文

「その週刊誌は毎週金曜日に印刷されます」

That weekly is printed every Friday. と英語で表現できます。

 

「彼らは先週の金曜日にピクニックをしました」

They had a picnic last Friday. と英語で表現できます。

金曜日の英語表現2

Fri.

金曜日」は英語で Fri. といいます。

  • 発音と読み方:フライデイ
  • Fridayの略語。
  • 1週間の第6の日。
  • 年月日と曜日を一緒に英語で表現する際によく使われます。

参照:Weblio

解説

Fri. は Friday の省略系です。

このように英語では、曜日を略する際は最後に「ピリオド」(.)を付けます。

ピリオドがあれば省略していることがわかります。

ただし省略しても「フライデイ」と発音しますので注意。

 

場合によってはピリオドさえ省略される場合もあります。

たとえばカレンダー上では FRI という英語表記もよくみられます。

 

ちなみに曜日を日付と一緒に表記するときは、曜日が先に来ます。

たとえば「2021年1月15日金曜日」は下記のような英語表現にできます。

  • Fri 2021 1 15
  • Fri 15 Jan 2021(イギリス英語)
  • Fri Jan 15 2021(アメリカ英語)

例文

「マイクは2020年1月10日の金曜日の朝に到着する」

Mike will arrive on Fri 2020 1 10. と英語で表現できます。

 

「私は4月8日の金曜日に彼女に会った」

I met her on Fri April 8th. と英語で表現できます。

金曜日の英語動画

月~日曜日の英語発音

こちらの動画では「月~日曜日の英語発音」を解説されています。ネイティブの発音でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

基礎英語と発音

こちらの動画では「基礎英語と発音」について英語で解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

金曜日の英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「彼は先週の金曜日に辞任し、その同じ日に去った」

He resigned last Friday and left that same day.

「辞任した」は resigned と英語で表現できます。

 

「彼は金曜日の午後に解放されることになっている」

He shall be disengaged on Friday afternoon.

「午後」は afternoon と英語で表現できます。

shall は~することになっている、~でしょうという意味。

disengage は解放する、解く、放つという意味。

 

「彼は金曜日の午後4時15分に予約を手配しました」

He arranged an appointment for Friday afternoon at four-fifteen.

予約」は appointment と英語で表現できます。

arrange は整える、手配する、準備する、配置するという意味。

 

「最終の選挙結果は金曜日に発表されます」

The final election results will be announced on Friday.

「選挙」は election と英語で表現できます。

「オーディションは金曜日の9:00から開催されます」

Auditions will be held from 9:00 on Friday.

「オーディション」は Auditions と英語で表現できます。

 

「我々は5月2日、つまり金曜日に出発します」

We're leaving on 2 May, that is, Friday.

「5月2日」は 2 May と英語で表現できます。

 

「彼は金曜日の夜に私に少し会った」

He met me briefly on Friday night.

「少し」は briefly と英語で表現できます。

 

「金曜日までにレポートを完成させることができますか」

Can you finish the report by Friday?

「レポート」は report と英語で表現できます。

 

「私は金曜日に彼女の誕生日を祝うでしょう」

I will celebrate her birthday on Friday.

「誕生日」は birthday と英語で表現できます。

 

「金曜日に鉄道市場が開催されます」

A railway mart will be held on Friday.

「鉄道」は railway と英語で表現できます。

「彼女は先週の金曜日から休んでいます」

She has been resting since last Friday.

「休んでいる」は resting と英語で表現できます。

 

「救助活動は金曜日の午後に始まりました」

The rescue operation began on Friday afternoon.

「救助」は rescue と英語で表現できます。

 

「金曜日のチケット?申し訳ありませんが何も残っていません」

Tickets for Friday? Sorry we've got none left.

「チケット」は Tickets と英語で表現できます。

 

「金曜日に夕食に来ませんか?」

Why don't you come over for supper on Friday?

「夕食」は supper と英語で表現できます。

come over で「立ち寄る、ぶらりとやってくる」という熟語。

 

「彼らは、来週の金曜日に再び会うために仮の取り決めをしました」

They made a tentative arrangement to meet again next Friday.

「取り決め」は arrangement と英語で表現できます。

tentative は仮の、暫定的な、あやふやなという意味。

「私は金曜日を休み、友達を訪ねて週末を過ごしました」

I took Friday off and spent a weekend visiting friends.

「週末」は weekend と英語で表現できます。

 

「毎週金曜日に彼女はナイトクラブに出かけます」

Every Friday she goes out to a nightclub.

「ナイトクラブ」は nightclub と英語で表現できます。

go out to A で「Aに出かける」という構文。

 

「金曜日までに仕事が終わらせたら、私はあなたに2倍払います」

I'll pay you double if you get the work finished by Friday.

「2倍」は double と英語で表現できます。

get A finished で「Aを終わらせる」という構文。

 

「ロケットは金曜日の正午に打ち上げられる予定です」

The rocket is due to lift off at noon on Friday.

「ロケット」は rocket と英語で表現できます。

due to A で「Aの予定、Aの結果で、Aの理由で」という構文。

lift off は「打ち上げ、発進」という熟語。

「あなたは金曜日までに課題を終えるべきです」

You should finish your assignment before Friday.

「課題」は assignment と英語で表現できます。

 

「彼らは金曜日までにレポートを終わらせるために働いています」

They are working to finish the report by Friday.

「レポート」は report と英語で表現できます。

 

「金曜日にを食べるのは伝統的です」

It is traditional to eat meat on Friday.

」は meat と英語で表現できます。

traditional は伝説の、伝統の、古風のという意味。

 

「金曜日に彼女は礼儀正しさも尊厳も示さなかった」

On Friday she showed neither decency nor dignity.

「品位」は decency と英語で表現できます。

ディーセンシーと発音します。

dignity は威厳、尊厳、品位という意味。

ディグニティと発音します。

neither A nor B で「AもBもない」という構文。

 

「私は金曜日に遅くまで働かなければならない」

I've got to work late on Friday.

「遅くまで働く」は work late と英語で表現できます。

have got to A で「Aしなければならない」という構文。

「金曜日は私をカバーしてもらえますか?」

Can you cover for me on Friday?

「カバーする」は cover と英語で表現できます。

cover for A で「Aをカバーする」という構文。

 

「郵便局は金曜日に郵便配達を再開することを約束しています」

The post office has promised to resume mail delivery on Friday.

「配達」は delivery と英語で表現できます。

resume は再開する、取り戻す、回復するという意味。

 

「私は金曜日までに完済しなければなりません」

I have to pay up by Friday.

「完済する」は pay up と英語で表現できます。

 

「私たちは、すべての本が金曜日までに返却されることを約束しました」

We promised that all books would be returned by Friday.

「本」は books と英語で表現できます。

 

「私は先週の金曜日にボートを押し出した」

I pushed the boat out last Friday.

「ボート」は boat と英語で表現できます。

push A out で「Aを押し出す」という構文。

「彼は通常、金曜日の夜にちょっと立ち寄ります」

He usually stops in on Friday evenings.

「夜」は evenings と英語で表現できます。

stop in は「ちょっと立ち寄る」という熟語。

 

「そのお店は毎週金曜日の朝に棚卸しをする」

The shop takes stock every week on Friday mornings.

「朝」は mornings と英語で表現できます。

take stock で「棚卸しをする」という熟語。

 

「我々は次の金曜日までに決めなければなりません」

We have to decide by next Friday.

「決める」は decide と英語で表現できます。

have to A で「Aしなければならない」という構文。

 

「金曜日にその劇場に行きませんか?」

Shall we go to that theatre on Friday?

「劇場」は theatre と英語で表現できます。

 

「我々は金曜日の朝11時に開始するでしょう」

We'll start at eleven on Friday morning.

「開始する」は start と英語で表現できます。

「私は金曜日にパートナーに会わなければなりません」

I have got to meet my partner on Friday.

「パートナー」は partner と英語で表現できます。

have got to A で「Aしなければならない」という構文。

 

「私たちのオフィスは月曜日から金曜日まで開いています」

Our office is open from Monday to Friday.

「オフィス」は office と英語で表現できます。

open は開いた、オープンなという意味。

まとめ

英語表現まとめ

「金曜日」の英語表現はまとめると「2つ」です。

  1. Friday
  2. Fri.

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。