英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

肉を英語で何という?覚えておきたい表現2選

「肉」は英語で何というでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は「2つ」あります。

  1. meat
  2. poultry

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

肉の英語表現1

meat

「肉」は英語で meat といいます。

  • 発音と読み方:ミー
  • 食物に使用されるときの動物の肉。

参照:Cambridge Dictionary

解説

meat は牛やなどの肉の総称です。

動物の種類によって肉の名称は変わります。

関連する英語表現をまとめておきます。

  • 牛:beef
  • 子牛:veal
  • 肉:pork
  • 生後1年未満の子:lamb
  • 2歳までの成:hogget
  • 2歳以上の成:mutton
  • 鹿:venison
  • カニ:crab meat
  • 赤身:red meat 
  • 人間の肉:flesh

例文

「肉料理の後は、マスタードをお願いします」

After meat, mustard please. と英語で表現できます。

 

「彼女には肉がついていません」

There's not meat on her. と英語で表現できます。

肉の英語表現2

poultry

」は英語で poultry といいます。

  • 発音と読み方:ポートリー
  • の肉の総称。
  • 家畜。

参照:Cambridge Dictionary

例文

poultry はに関する肉の総称です。

の種類によって表現は異なります。

関連する英語表現をまとめておきます。

  • ニワトリ:chicken
  • 若鶏:spring chicken
  • 鴨:duck
  • 鴨:duck breast
  • ガチョウ:goose
  • 七面鳥:turkey
  • 鳩:squab
  • ウズラ:quail

例文

「この鶏肉はあまり新鮮ではなかった」

This poultry was not very fresh. と英語で表現できます。

 

「魚や鶏肉をたくさん食べなさい」

Eat plenty of fish and poultry. と英語で表現できます。

肉の英語動画

ステーキレシピのおすすめ5選

こちらの動画では「ステーキレシピのおすすめ5選」について英語で解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

ニワトリの目から見た歴史

こちらの動画では「肉」について英語で解説されています。丁寧な解説でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

肉の英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「国内のパンは、外国のローストした肉より優れている」

Bread at home is better than roast meat abroad. 

「パン」は Bread と英語で表現できます。

at home で「国内の、家の」という熟語。

better than Aで「Aより優れている」という構文。

 

「彼は肉を小さい形に切った」

He cut the meat into small pieces.

「形」は pieces と英語で表現できます。

 

「お肉のコースの前にスープはありますか?」

Will you have a soup before the meat course?

コース」は course と英語で表現できます。

 

「その肉は将来のために塩漬けにされました」

The meat was salted away for future.

「将来」は future と英語で表現できます。

salt away は「塩漬けにする」という熟語。

 

「その肉は人間の消費に適していると保証された」

The meat was certified fit for human consumption.

「消費」は consumption と英語で表現できます。

certify は証明する、認証する、保証するという意味。

「肉は調理される前に切り刻まれます」

Meat is chopped up before being cooked.

「切り刻まれる」は choppedup と英語で表現できます。

 

「生肉は調理済みの肉とは別に保管する必要があります」

Raw meat should be kept separate from cooked meat.

「生の」は Raw と英語で表現できます。

 

「その肉は、この料理のために細かくさいの目に切る必要があります」

The meat must be finely diced for this dish.

「料理」は dish と英語で表現できます。

 

「腐った肉の臭いでいっぱいだ」

The smell of the rotten meat is enough. 

「臭い」は smell と英語で表現できます。

 

「肉を調理する前に、肉を解凍させてください」

Allow the meat to thaw before cooking it.

「解凍する」は thaw と英語で表現できます。

 

「脂肪の多い肉が好きな人もいます、反して嫌いな人もいます」

Some like fat meat, whereas others hate it.

「脂肪の多い」は fat と英語で表現できます。

whereas は~であるのに、~に反してという意味。

「肉汁を残すために肉を高熱でさっと焼いてください」

Sear the meat to retain its juices.

「肉汁」は juices と英語で表現できます。

Sear は高熱でさっと焼く、焦がすという意味。

retain は保持する、残すという意味。

 

「私は肉を食べませんし、私の弟も食べません」

I don't eat meat and my younger brother doesn't either.

「弟」は younger brother と英語で表現できます。

 

「私は買った肉のバランスを取りました」

I balanced the meat that I bought.

「バランスをとった」は balanced と英語で表現できます。

 

「私は数週間前に肉を食べるのをあきらめました」

I gave up eating meat a few weeks ago.

「あきらめた」は gave up と英語で表現できます。

 

「彼らにはすごい量の肉があります」

They have a great supply of meat.

「量」は supply と英語で表現できます。

 

「その肉は人間の消費に適さないと宣言されています」

The meat has been declared unfit for human consumption.

「適さない」は unfit と英語で表現できます。

 

「私は、肉の良い切り身が欲しかった」

I wanted a good cut of meat.

「切り身」は cut と英語で表現できます。

 

「彼はほんの一口分の肉しか食べません」

He only eats a few mouthfuls of meat.

「一口分」は mouthfuls と英語で表現できます。

「肉は植物よりも腸内に長く留まります」

Meat stays in the gut longer than vegetable.

植物」は vegetable と英語で表現できます。

 

「肉が柔らかくなるまで調理を続けてください」

Keep cooking until the meat is tender.

「柔らかい」は tender と英語で表現できます。

 

「彼はフォークに肉片を突き刺した」

He impaled a piece of meat on his fork.

フォーク」は fork と英語で表現できます。

impale は突き刺す、貫くという意味。

 

「その犬は突然、肉によだれを垂らした」

The dog suddenly drooled over his meat.

「突然」は suddenly と英語で表現できます。

drool over A で「Aによだれを垂らす」という構文。

 

「肉は炒める前に、立方体の形に刻んでください」

Chop the meat into cubes before frying it.

「立方体」は cubes と英語で表現できます。

chop は刻む、手早く小さく切る、削減するという意味。

「肉の周りにサイダーを注ぎ、ホイルで覆ってください」

Pour cider around the meat and cover with foil.

「サイダー」は cider と英語で表現できます。

pour は注ぐ、流すという意味。

 

「生肉と調理済み肉には、別々のナイフを使ってください」

Use separate knives for raw and cooked meat.

「ナイフ」は knives と英語で表現できます。

 

「その肉は私には適切に味わえない」

The meat doesn't taste right to me.

「適切に」は right と英語で表現できます。

 

「肉をオーブンに入れてローストしてください、お願いします」

Put the meat into the oven to roast, please.

「オーブン」は oven と英語で表現できます。

put A into B で「AをBに入れる」という構文。

 

「その犬はよく肉をかみ砕いた」

The dog often chewed up the meat.

「かみ砕いた」は chewed up と英語で表現できます。

 

「彼女は肉を小さい形に刻んだ」

She cut the meat up into little bits.

「形」は bits と英語で表現できます。

cut A up で「Aを刻む」という構文。

「その虎は肉のにおいをかいで、すぐに立ち去った」

The tiger smelled the meat and went away soon.

「トラ」は tiger と英語で表現できます。

 

「肉製品には輸入割当が設定されました」

A import quota was set for meat products.

「製品」は products と英語で表現できます。

quata は割当、分担分、定員、定数という意味。

 

「そのメニューは焼き肉と鶏肉を特色とします」

The menu features roast meats and poultry.

メニュー」は menu と英語で表現できます。

feature は呼び物とする、特色とするという意味。

 

「その肉はブーツと同じくらい丈夫でした」

The meat was as tough as boots.

「ブーツ」は boots と英語で表現できます。

 

「一般的に、肉は野菜よりゆっくり調理されます」

Generally, meat cooks more slowly than vegetables.

「一般的に」は Generallyと英語で表現できます。

 

「私たちは肉を料理し過ぎました。そしてそれは美味しくありませんでした」

We overcooked the meat and it didn't taste good.

「料理しすぎた」は overcooked と英語で表現できます。

「この肉は噛むのが難しいです」

This meat is too difficult to chew.

「噛む」は chew と英語で表現できます。

too A to B で「BするのがA過ぎる」という構文。

 

「政府は4月に肉の配給を導入した」

The government introduced meat rationing in April.

「政府」は government と英語で表現できます。

まとめ

英語表現まとめ

「肉」の英語表現はまとめると「2つ」です。

  1. meat
  2. poultry

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。