英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「それから」の英語表現と副詞の注意点まとめ

「それから」の英語表現と副詞の関係をご存知ですか?

「それから」の英語表現は様々あります。ただし使われる場所が文頭か文中か文末かで副詞になるかは変わってきます。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

そこで「それから」の英語表現と副詞について注意点をまとめました。ぜひ参考にしてください。

副詞とは

副詞の役割とは

英語における副詞とは何でしょうか?

副詞は英語でadverbsと書きます。副詞は形容詞と同じく修飾する役割を持ちます。

副詞と形容詞の違いは下記の通りです。

  • 形容詞は名詞を修飾する。
  • 副詞は名詞以外(形容詞や動詞など)を修飾する。

接続詞については下記にまとめています。

副詞は文頭・文中・文末どこにでも配置できる

副詞は文頭・文中・文末どこにでも配置できます。

Andのような接続詞と違って副詞は配置場所は自由なのです。

「それから」という言葉は文頭・文中・文末に使うことが多いので副詞を使うと便利です。

逆にいうと「それから」の英語が英文の文頭にある場合は副詞である可能性が高いと言えます。

特にフォーマルな固い英文においては文頭にある「それから」の英語表現は副詞といえます。

「それから」の英語表現で副詞になるもの

then

  • thenはカジュアルな英語表現で「それから」という意味になります。
  • thenは副詞です。

after that

  • after thatは「それから」「その後」という意味があります。afterは副詞の役割があります。
  • and thenと同じ使い方ができますが「前の文章の後に起こったこと」をより強調できます。
  • 文頭・文中・文末で使えます。ただし文中・文末では「その後」という意味あいが強くなります。「それから」という意味で通すなら文頭がよいでしょう。

since then

  • since thenは「それから」「それ以来」「あれから」「それ以後」という意味があります。
  • since thenは文頭・文中・文末に使える表現です。sinceは副詞の役割があります。
  • since thenは「過去から現在まで」というニュアンスがある「それから」を示すのに便利です。

その他

「それから」の英語表現になる副詞の例を他にもあげておきます。

フォーマルな固い英文においては下記の英語表現が「それから」の意味として置き換えることができます。

  • 中でも:Above all,
  • 加えて:Additionally,
  • 加えて:in addition
  • 加えて:Besides,
  • さらに:Furthermore,
  • さらに:Moreover,
  • より重要なことに:More importantly,
  • 最も重要なことに:Most importantly,
  • それに加えて:On top of that,
  • というよりむしろ:Or rather,

「それから」の関連例文

「それから」の英語表現で副詞を使った例文をまとめました。参考にしてください。

 

「それから、彼が次のことに言及していることに注意してください」

Then note what he mentions following.

 

「それから、勝つチャンスについて現実的にならなければなりません」

After that, we have to be realistic about our chances of winning.

 

「それから、「続行する」アイコンをクリックします」

Then,  click on the 'proceed' icon.

 

「それから、すぐにお話しします」

Then we'll talk to you soon.

 

「それから、どうなったかは知りません」

I don't know what happened afterthat.

 

「彼はそれから変わっていませんでした」

He hadn't changed since then

 

「それは10年前の話でそれから状況は変化しています」

That was ten years ago and things have changed since then

 

「私は午前8時に起きた。それからは何もしませんでした」

I started my day at 8am and had nothing to do after that. 

 

「それから私はお金を稼ぎ続けなければならないことに気付きました」

After that I realised that I had to go on earning the money. 

「それから」の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「しかしそれから、私は悪夢を見始めました」を英語にすると?
    But ____ that, I started to have nightmares.
  • 「それからまもなく、私はジェーンから再び聞きました」を英語にすると?
    ____ after that I heard from Jane again.
  • 「これらの子供たちはそれからも幸せに暮らしました」を英語にすると?
    These children lived ____ ____ after.
  • 「後それからもう一つ。費用はいくらですか?」を英語にすると?
    And one more ____ . Can I ask how much you're ____ to cost me?
  • 「それから、変わっていません」を英語にすると?
    It hasn't changed since ____ .
  • 「それから彼とは会っていない」を英語にすると?
    I have not ____  him ____ then.

答えはこちら

「しかしそれから、私は悪夢を見始めました」を英語にすると?
But after that, I started to have nightmares.

「それからまもなく、私はジェーンから再び聞きました」を英語にすると?
Shortly after that I heard from Jane again.

「これらの子供たちはそれからも幸せに暮らしました」を英語にすると?
These children lived happily ever after.

「後それからもう一つ。費用はいくらですか?」を英語にすると?
And one more thing. Can I ask how much you're going to cost me?

「それから、変わっていません」を英語にすると?
It hasn't changed since then.

「それから彼とは会っていない」を英語にすると?
I have not seen him since then.


まとめ

今回は「それから」の英語表現と副詞についてまとめました。

ポイントは以下になります。

  • 副詞は名詞以外の言葉(動詞・形容詞など)を修飾することのできる言葉です。
  • 副詞は文頭・文中・文末どこにでも配置できます。自由度が高いです。
  • フォーマルな英文の場合は文頭に「それから」と英語で書く場合は副詞がふさわしいといえます。

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。