英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「それから」の英語表現と接続詞の注意点まとめ

「それから」の英語表現と接続詞の関係をご存知ですか?

「それから」の英語表現は様々あります。ただし使われる場所が文頭か文中か文末かで接続詞になるかは変わってきます。

さらに詳しい内容はこちらをご覧ください。

そこで「それから」の英語表現と接続詞について注意点をまとめました。ぜひ参考にしてください。

接続詞とは

接続詞の役割とは

英語における接続詞の役割とは何でしょうか?

それは会話を展開させる機能があることです。

接続詞をうまく使うことで聞き手を話に引き込んだ魅力ある話やプレゼンができます。

接続詞の中で有名な接続詞といえばfor, and, nor, but, or, yet, soなどでしょう。

これらは「等位接続詞」と呼ばれます。対等な関係にある2つ以上の語句や節を繋げる役割があります。

等位接続詞は7単語(for, and, nor, but, or, yet, so)あります。それぞれの頭文字をとってFANBOYSとも呼ばれます。

副詞についてはこちらにまとめています。

接続詞は本来は文中に置くもの

英語における接続詞は本来は文中に置くものです。

文と文を接続するのが本来の役割なのです。なお文と文だけではなく句と句を結ぶ場合もあります。

接続詞を「文頭」や「文末」に置くことは本来はふさわしくない

つまり接続詞を「文頭」や「文末」に置くことは本来はふさわしくないとも言えます。

実際に英語論文や英語契約書や英語のビジネスメールなどフォーマルな英文を使う場面では文頭や文末に接続詞を使うことはふさわしくないとも言われています。

逆にいうとカジュアルな英語を使う場面では接続詞は文頭・文中・文末でも自由に使うことができます。

そして文語であっても最近では接続詞の英語表現を文頭や文末に使うことも珍しくなってきてはいます。

フォーマルな英文に関してはこちらもご覧ください。

長文の場合は接続詞を使わず2文にわける方法もあり

長文の英語の場合は接続詞を使わず2文にわける方法もありです。

「それから」と使いたいのはわかりますが別々の内容の二文をつなげるのに無理に接続詞を使うと逆に長くなって読みにくくなります。また伝わりづらくなります。

英語できっちりと意思を相手に伝えるためには簡潔にシンプルに一文ずつ区切って書くほうがいいです。伝わりやすく読みやすい文章になりますので。

「それから」の英語表現と接続詞

and then

  • and thenで「それから」「その時点から」という意味になります。
  • 大抵は文頭に使われます。andは接続詞であるため文語では使わないほうがいいでしょう。
  • andを省略してthenだけでも「それから」という意味で伝わる場合もあります。
  • thenだけなら文頭でなく文末につけることも可能です。

and thenについて詳しくはこちらもお読みください。

and one more thing

  • and one more thingで「それから(もう一つ)」という意味になります。
  • 文中で使用されます。追加情報を言う際に接続詞の代わりとして使えます。
  • 基本的に口語(会話)で使います。

「それから」の関連例文

関連する英語例文をまとめました。参考にしてください。

 

「彼女は1時間待ってそれから出ました」

She waited for an hour and then she left. 

 

「私の車は故障した。それから車から締め出された」

My car broke down and then I locked myself out. 

 

「昼食を食べてそれからビジネスの話をしよう」

Let's have lunch first and then we'll talk some business.

 

「洗濯をしてそれから裏庭で干します」

I do the washing and then I hang it out in the backyard.

「それから」の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「しかしそれから、私は悪夢を見始めました」を英語にすると?
    But ____ that, I started to have nightmares.
  • 「それからまもなく、私はジェーンから再び聞きました」を英語にすると?
    ____ after that I heard from Jane again.
  • 「これらの子供たちはそれからも幸せに暮らしました」を英語にすると?
    These children lived ____ ____ after.
  • 「後それからもう一つ。費用はいくらですか?」を英語にすると?
    And one more ____ . Can I ask how much you're ____ to cost me?
  • 「それから、変わっていません」を英語にすると?
    It hasn't changed since ____ .
  • 「それから彼とは会っていない」を英語にすると?
    I have not ____  him ____ then.

答えはこちら

「しかしそれから、私は悪夢を見始めました」を英語にすると?
But after that, I started to have nightmares.

「それからまもなく、私はジェーンから再び聞きました」を英語にすると?
Shortly after that I heard from Jane again.

「これらの子供たちはそれからも幸せに暮らしました」を英語にすると?
These children lived happily ever after.

「後それからもう一つ。費用はいくらですか?」を英語にすると?
And one more thing. Can I ask how much you're going to cost me?

「それから、変わっていません」を英語にすると?
It hasn't changed since then.

「それから彼とは会っていない」を英語にすると?
I have not seen him since then.


まとめ

今回の記事では「それから」の英語表現と接続詞についてまとめました。

  • 接続詞は本来は文と文をつなぐ役割なので「文中」に使うのが適切です。
  • ですので「それから」の英語表現は接続詞を使うなら文中に使うのが本来は正しいといえます。

​たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。