英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

ヤギを英語で何という?覚えておきたい表現3選

「ヤギ」は英語で何というでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は「3つ」あります。

  1. goat
  2. nanny goat
  3. billy goat

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

ヤギの英語表現1

goat

「ヤギ」は英語で goat といいます。

  • 発音と読み方:ート
  • 通常は角とあごひげを生やしている羊に関連する動物。
  • 山など野生に住んでいるヤギ。
  • 牛乳、肉、羊毛などのために農場で飼われている動物。

参照:Cambridge Dictionary

解説

関連する英語表現をまとめておきます。

  • ヤギの子供:kids
  • ヤギのひげ:goatee

例文

「チームのマスコットはヤギだった」

The team's mascot was a goat. と英語で表現できます。

 

「私はヤギを買うつもりです

I'm going to buy a goat. と英語で表現できます。

ヤギの英語表現2

nanny goat

「ヤギ」は英語で nanny goat といいます。

  • 発音と読み方:ナーニー ゴー
  • 雌(メス)のヤギ。

カジュアルな英語表現になります。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「ヤギは子牛を突いた」

The nanny goat bunted the calf. と英語で表現できます。

 

「雌のヤギになりたい」

I want to be a nanny goat. と英語で表現できます。

ヤギの英語表現3

billy goat

ヤギ」は英語で billy goat といいます。

  • 発音と読み方:リー ゴー
  • 雄(オス)のヤギ。

カジュアルな英語表現になります。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「ヤギはすぐに倒れてしまいました」

The Billy goat fell dead immediately. と英語で表現できます。

 

「オスのヤギが展示されています」

Billy goat is on display. と英語で表現できます。

ヤギの英語動画

なぜヤギの目は回転するのか?

こちらの動画では「なぜヤギの目は回転するのか?」について英語で解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

ヤギと羊の違いを解説

こちらの動画では「ヤギと羊の違い」について英語で解説されています。丁寧な解説でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

ヤギの英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「人々は、怒れる神をなだめるためヤギやを犠牲にしていた」

People sacrificed a goat or sheep to propitiate an angry god.

「神」は god と英語で表現できます。

propitiate はなだめる、機嫌を取るという意味。

プロピシエイトと発音します。

 

「ヤギは岩から岩へと確実に跳躍した」

The goat leaped surely from rock to rock.

「岩」は rock と英語で表現できます。

leap は跳躍する、飛ぶ、飛びつくという意味。

リープと発音します。

surely は確実に、きっと、まさかという意味。

 

「ヤギは角を伸ばし始めたばかりでした」

The goat was just beginning to grow horns.

「角」は horns と英語で表現できます。

begin to A で「Aを始める」という構文。

horn は角、警笛という意味。

ホーンと発音します。

 

「もしあごひげがすべてというなら、ヤギは説教するかもしれない」

If the beard were all, the goat might preach.

「あごひげ」は beard と英語で表現できます。

preach は説教する、伝道するという意味。

プリーチと発音します。

「彼はヤギを杭にロープでつなぎました」

He tethered the goat to a stake.

「杭」は stake と英語で表現できます。

tether はテザーと発音します。

 

「ヤギが後ろ足で木に対して立ちあがっていた」

A goat was standing up against a tree on its hind legs.

「足」は legs と英語で表現できます。

hind は後ろの、後部のという意味。

ハインドと発音します。

 

「ヤギは葉を食べようとしていました」

A goat was trying to get at the leaves.

「葉」は leaves と英語で表現できます。

get at A で「Aをつかむ、到達する」という構文。

 

「ヤギが火の上でパチパチと音を立てていた」

A goat was sputtering over the fire.

「火」は fire でと英語で表現できます。

sputtering の原形は sputter。スパターと発音します。

sputter はパチパチ音を立てる、意味不明なことを言うという意味。

 

「彼らは裏庭でヤギを杭で縛った」

They staked the goat in the back yard.

「裏庭」は back yard と英語で表現できます。

stake は杭に縛る、賭けるという意味。

ステイクと発音します。

「このヤギは山の中のずっと高いところで住んでいます」

This goat lives high up in the mountains.

「山」は moutains と英語で表現できます。

 

「最長56cmに届けば、ヤギは本質的にペットです」

Reaching a maximum height of 56cm the goat is essentially a pet.

「ペット」は pet と英語で表現できます。

reach は届く、及ぶ、到着するという意味。

essentially は本質的に、基本的にという意味。

エッセンシャリィと発音します。

 

「ヤギの厚いコートは、の厳しさから保護します」

The thick coat of the goat protects it against the rigors of winter.

「コート」は coat と英語で表現できます。

rigor は厳しさ、厳密さという意味。

リガーと発音します。

 

「彼は山ヤギの機敏さを持っていました」

He's got the agility of a mountain goat.

機敏さ」は agility  と英語で表現できます。

「司祭は犠牲になったヤギの頭を持ち上げました」

The priest held up the head of the sacrificial goat.

「司祭」は priest と英語で表現できます。

sacrificial は犠牲的な、いけにえのという意味。

サクリフィショウと発音します。

 

「雄ヤギは小川に潜った」

The billy goat dived into the stream.

「小川」は stream と英語で表現できます。

ストリームと発音します。

dive into A で「Aに潜る」という構文。

 

「一番大きいヤギが橋を渡った」

The biggest goat came across the bridge.

「橋」は bridge と英語で表現できます。

come across は「渡る、横切る」という熟語。

 

「雄のヤギはほんの少しの音を立てます」

The billy goat makes just a little noise.

「音」は noise と英語で表現できます。

 

「アイベックスは山ヤギの遠い親戚です」

The ibex is a distant relative of the mountain goat.

「アイベックス」は ibex と英語で表現できます。

relative は親戚、親類という意味。

リレテヴと発音します。

「DNAサンプルが11頭の雄のヤギから採取されました」

DNA samples were harvested from 11 billy goat.

「サンプル」は samples と英語で表現できます。

harvest は採取する、収穫するという意味。

ハーヴェストと発音します。

 

「あの乳ヤギはよく膨らんでいる」

That milch goat is bagging up well.

「乳の」は milch と英語で表現できます。

bag up は「膨らむ、袋に入れる」という熟語。

 

「私はヤギを柱にロープで縛った」

I roped the goat to a post.

「柱」は post と英語で表現できます。

rope はロープで縛る、ロープで捕まえるという意味。

 

「ヤギはほんの少し音を立てて、小さい声を出します」

The goat makes just a little noise and has a tiny voice.

「声」は voice と英語で表現できます。

 

「すぐに雄のヤギがより大きな音をたてて橋を渡った」

Soon the Billy Goat came across the bridge with a louder sound.

「音」は sound と英語で表現できます。

「ヤギからゾウまであらゆるものを運ぶ人々を見ることができます」

You can see people bringing everything from a goat to an elephant.

ゾウ」は elephant と英語で表現できます。

from A to B で「AからBまで」という構文。

 

「彼女の行動は雌のヤギを彷彿とさせます」

Her actions are reminiscent of the nanny goat.

「行動」は actions と英語で表現できます。

reminiscent は彷彿とさせる、思い出させるという意味。

レミニセントと発音します。

 

「牛そっくりの雌ヤギが展示されています」

A cow lookalike billy goat is on display.

「牛」は cow と英語で表現できます。

lookalike は類似した、瓜二つという意味。

ルックアライクと発音します。

まとめ

英語表現まとめ

「ヤギ」の英語表現はまとめると「3つ」です。

  1. goat
  2. nanny goat
  3. billy goat

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

新着記事をメールでお届けします(無料)

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

あなたもこのブログの記事を定期的に読んで、英語力をアップしてみませんか?

六単塾では新着記事をメールでお届けする無料サービスを実施しています。

あなたの英語学習にお役立ていただければ幸いです。

>>詳しくはこちらのページをご覧ください

あなたの挑戦をお待ちしています!