英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

オウムを英語で何という?覚えておきたい表現2選

「オウム」は英語で何というでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は「2つ」あります。

  1. parrot
  2. cockatoo

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

オウムの英語表現1

parrot

「オウム」は英語で parrot といいます。

  • 発音と読み方:アレット
  • 湾曲したくちばしを持つ熱帯の
  • ペットとして飼われ、人間の声をコピーするように訓練される。
  • 湾曲したくちばしと通常はカラフルな羽を持つ熱帯の
  • 言葉を繰り返すように教えられる。

参照:Cambridge Dictionary

解説

関連する英語表現をまとめておきます。

  • オウム返しをすること:parrot fashion
  • ひどくがっかりして:sick as a parrot

例文

「オウムはガーガー鳴いて、飛び去った」

The parrot squawked and flew away. と英語で表現できます。

 

「オウムはあなたに恥ずかしい思いをさせることができます」

A parrot can make you embarrassed. と英語で表現できます。

オウムの英語表現2

cockatoo

オウム」は英語で cockatoo といいます。

  • 発音と読み方:カトゥ
  • 頭に装飾的な紋章と強力なくちばしを持つオーストラリアの
  • 大きくて騒々しい紋付きのオウム。
  • 主に黄色、ピンク、または赤を帯びた白い羽毛がありペットとして人気があります。
  • オーストラリア人。
  • 小さな農場や牧場を所有し、働いている人。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「彼女は彼女のオウムを好きです」

She's fond of her cockatoo. と英語で表現できます。

 

「オウムはフクロウに変わりました」

The cockatoo turned into an owl. と英語で表現できます。

オウムの英語動画

素晴らしい鳥、オウムを解説

こちらの動画では「素晴らしい、オウム」について英語で解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

身をかがめた珍しいオウム

こちらの動画では「身をかがめた珍しいオウム」について英語で解説されています。丁寧な解説でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

オウムの英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「オウムの羽は人々に愛されました」

The plumage of a parrot made it beloved by people. 

の羽」は plumage と英語で表現できます。

プルメッジと発音します。

 

「多くの文学者は、印象的な響きのフレーズを簡単にオウム返しに言います」

Many literary academics simply parrot an impressive-sounding phrase.

「学者」は academics と英語で表現できます。

 

「学生は学んでいます、模範的な説明をオウム返しにすることを」

Students have learnt to parrot the standard explanations.

「説明」は explanations と英語で表現できます。

エクスプラネーションと発音します。

 

「生徒がイライラすることは、オウム返しに動詞を学ぶことです」

Students become frustrated with learning verbs parrot fashion.

「生徒」は Students と英語で表現できます。

frustrate with A で「Aにイライラする」という構文。

 

「彼が飼ったオウムは、居間の鳥かごにいます」

He kept a parrot in a birdcage in his living room.

「鳥かご」は birdcage と英語で表現できます。

「開いたドアからオウムが入って来て、チーチーと陽気にさえずりました」

In through the open door came parrot, chirping merrily.

「ドア」は door と英語で表現できます。

 

「その体の大きさに比べて、そのオウムは全ての中で最大の脳を持っていた」

Relative to its body size, the parrot had the biggest brain of all.

「体」は body と英語で表現できます。

relative to A で「Aに比べて」という構文。

 

「オウムは私の指をくちばしでつついた」

The parrot gave me a peck on the finger.

「指」は finger と英語で表現できます。

give A a peck on B で「AのBをくちばしでつつく」という構文。

 

「300種のオウムのうち、30種がいまや絶滅に瀕しています」

Out of 300 parrot species, 30 now face extinction.

「絶滅」は extinction と英語で表現できます。

out of A は「Aの中から」という構文。

「生徒は頻繁に気を付けの姿勢で立たねばならず、オウム返しに授業を繰り返さなければなりませんでした」

Pupils often had to stand to attention and repeat lessons parrot fashion.

「生徒」は Pupils と英語で表現できます。

ピューポゥと発音します。

 

「オウムを演じるのは作家の仕事です」

It is a writer's job to play the parrot. 

「作家」は writer と英語で表現できます。

 

「彼は思った:彼はオウムのように言葉を繰り返しているか、あるいは生意気になっているだけだ」

He thought he was repeating words like a parrot or just being cheeky.

「言葉」は words と英語で表現できます。

cheeky は生意気な、ずうずうしいという意味。

チーキーと発音します。

 

「オウムはあらゆるシーンで若いユーザーをガイドし、プレーヤーにヒントを与えて手助けします」

The parrot guides the young user at every scene, helping the player by giving hints.

「シーン」は scene と英語で表現できます。

「翡翠緑色のオウムがいました、彼のオレンジのとまり木の上に」

There was the jade-green cockatoo on his orange perch.

「止まり木」は perch と英語で表現できます。

there is A で「Aがいる」という構文。

 

「おしゃべりなオウムは静かに彼の肩の上で止まっていた」

The chatty parrot perched silently on his shoulder.

」は shoulder と英語で表現できます。

perch はパーチと発音します。

 

「彼は土曜日に戻ってきて、オウムのように元気になりました」

He was back on Suturday, and perky as a parrot.

土曜日」は Suturday と英語で表現できます。

perky はパーキーと発音します。

 

「彼は自分の声をオウムの挨拶で聞けました」

He could hear his voice with its parrot greetings.

「声」は voice と英語で表現できます。

greeting はあいさつ、敬礼という意味。

グリーティングと発音します。

「探してほしいのは赤ちゃんのオウムで、まだ手でエサを与えています」

Look for a baby cockatoo that is still handfeeding.

「まだ」は still と英語で表現できます。

look for A は「Aを探す」という構文。

 

「オウムがもの思わしげに、通りの先を見つめていました」

The cockatoo was gazing pensively down the street.

「通り」は street と英語で表現できます。

gazingの原形は gaze。ゲイズと発音します。

down には「遠ざかる」というニュアンスがありますね。

 

「無意味なことは、カルシウムブロックをオウムの檻に置くこと」

It's pointless to put a calcium block on cockatoo cages. 

「檻」は cages と英語で表現できます。

 

「オウムでさえ、普段はお互いにおしゃべりをするのに、止まり木で寝ていました」

Even the cockatoos that normally chattered away at each other were asleep on their perches.

「普段は」は normally と英語で表現できます。

chat away は「ぺちゃくちゃおしゃべりする」という熟語。

「オウムは繁殖用に購入したが、一組の爪を持つべきだった」

A cockatoo purchased for breeding should have a set of claws.

「爪」は claws と英語で表現できます。

クローズと発音します。

 

「カモメがいます、彼が言うには、コウノトリ、オウムもいます」

There are seagulls, he says, and storks and cockatoos. 

「カモメ」は seagulls と英語で表現できます。

 

「オーストラリアによくいるオウムは、独特のピンクと灰色の羽を持っています」

Cockatoo common in Australia, have distinctive pink and gray feathers.

「羽」は  feathers と英語で表現できます。

distinctive は独特な、特色のあるという意味。

ディスティンクティブと発音します。

 

「小さなとさかのオウムとムネアカオウムの大群が、森の上で群がっていました」

Clouds of little-crested parrots and rose-breasted cockatoos swarmed upon the woods.

「森」は woods と英語で表現できます。

swarmed の原形は swarm。群れ、群がるという意味。

スワームと発音します。

「小さな脚立は、ケージの上から社会に慣れたオウムを回収する助けになります」

A small stepladder can assist in retrieving a well-socialized cockatoo from the top of the cage. 

「脚立」は stepladder と英語で表現できます。

assist in は「助けになる、援助する」という熟語。

retrieving の原形は retrieve。回収する、取り戻すという意味。

リトリーヴと発音します。

 

「彼らは青い縞模様の髪をしていて、オウムのように見せていました」

They had blue-streaked hair, making them look like cockatoos. 

「髪」は hair と英語で表現できます。

make A look  で「Aを(強制的に)見せる」という構文。

look like A で「Aのように」という構文

 

「彼は、肩にオウムを乗せて面接にやってきた」

He came in for his interview with a cockatoo on his shoulder. 

「面接」は interview と英語で表現できます。

came in は「やってくる、入る」という熟語。

「羽のないオウムは生きているだけでなく、賑やかです、まだ羽が少ないとはいえ」

The featherless cockatoo is not only alive, but thriving, albeit still featherlessly. 

「羽が少ない」は featherlessly と英語で表現できます。

not only A but B で「AだけでなくB」という構文。

thrivingはスライヴィングと発音します。

albeit はオービエットと発音します。

まとめ

英語表現まとめ

「オウム」の英語表現はまとめると「2つ」です。

  1. parrot
  2. cockatoo

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。