英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「責任者」を英語で何という?覚えておきたい表現2選

外国人女性

「責任者」と英語であなたは言えますか?ちょっと考えてしまいますよね。

「責任者」の英語表現は数多いですが厳選するとこの2つです。

  1. person in charge
  2. person responsible

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく英語表現を解説しました。ぜひ参考にしてください。

「責任者」の英語表現1

person in charge 

  • 発音とアクセント:ーソン イン チャージ
  • 特定の名称がない責任を負う人はperson in chargeが最適です。
  • chargeには他に「請求する」「つけで買う」「告発する」「責任を負わせる」「引き受ける」と意味があります。
  • 現場責任者:person in charge of the site.
  • 災害予防責任者:person in charge of disaster prevention

参照:Cambridge Dictionary

例文

「彼女は私の電話を責任者に転送しました」

She transferred my call to the person in charge.  と英語で表現できます。

 

「私は責任者と話をすることを頼みました」

I asked to speak to the person in charge.  と英語で表現できます。

動画

こちらの動画ではWho is in charge? (責任を負う人は誰?)という英語表現について英語でわかりやすく解説されています。英語上達のためにもぜひご覧ください。

「責任者」の英語表現2

person responsible 

  • 発音とアクセント:ーソン リスンシボゥ
  • responsibleは「責任がある」「~が原因で」「信頼できる」という意味があります。
  • person responsible には他に「張本人」という意味があります。
  • person responsible(responsible person)は文脈によっては「責任を負うべき人」「悪いことに関連する人」という良くないニュアンスで使われることがあります。
  • responsibility:今後の事柄や決定に対する責任の所在
  • accountability:過去の事柄や決定に対する責任の所在

参照:Cambridge Dictionary

例文

「彼の犯罪の責任者全員が裁判にかけられます」

Every person responsible for his crime will be brought to justice.  と英語で表現できます。

 

「警察は泥棒の責任者を見つけました」

Police found the person responsible for the muggings.  と英語で表現できます。

動画

こちらの動画ではresponsibleという英単語について英語でわかりやすく解説されています。英語上達のためにもぜひご覧ください。

「責任者」の関連表現

「責任者」に関連する英語表現をまとめておきます。

  • manager
    • 支配人。管理人。部長。局長。主事。マネージャー。監督。世話役。統括。
    • managerは経営を管理したり切り盛りする人のことです。立場に相応の責任があります。
    • 販売マネージャー: sales manager
    • 統括マネージャー:general manager
    • 業務部長:Operations Manager
  • director
    • 指導者。管理人。長官。取締役。理事。校長。テレビディレクター。映画監督。
    • directorは一定の大きさの組織の指揮をとる上層部の人のことです。
    • 会社では「取締役」の位置付けになります。米国の会社法では取締役(Director)と役員(Officer)があり役割分担があります。
    • 営業部長:Sales Director
    • 専務取締役:Managing Director
    • 重役会:a board of directors
    • 撮影監督:director of photography
    • 工場管理:director of the factory
    • 軍の長官:Military Director
    • 総括指導:Institute Director
    • 取締役長:Head director
  • officer
    • ​軍の将校。役人。職員。会社役員。幹部。警官。
    • officerは会社では経営を執行する役員です。米国の会社法ではofficer(取締役(director)である必要はありません。
    • 米国の会社法では会社経営は取締役会(board of directors)と役員(officer)の二重機関で行われます。
    • 株主(stockholder)は選挙によって取締役会の取締役(社長・副社長その他)を選定します。取締役会は役員(officer)を任命して直接の経営に当たらせます。
    • 取締役会議長役:chairperson
    • 社長:president
    • 副社長:executive vice president
    • CEO:Chief Executive Officer(officer(役員)のトップ。取締役会議長役か社長が兼任する)
    • COO:Chief Operating Officer(経営業務に関するトップ)
    • CFO:Chief Financial Office(経営財務に関するトップ)
  • head
    • 長。頭。組織のトップ。
    • 全体の施行における長:the head of the whole operation
    • 最高管理長:the head administrative officer
    • 在庫管理長:head of stock
    • 会計管理長:head of accounting
  • leader
    • leaderは集団や組織をリード・指導・先導する人です。
    • 役職・プロジェクトリーダーレベルの人も表すことができます。
    • headでも同じような使い方ができます。
  • supervisor
    • 監督。管理人。大学の個人指導教官。監督。スーパーバイザー。監察官。統轄。親方。
    • supervisorは全体的な監督・責任を負う人をいいます。
    • 建設監督人:The supervisor of the construction
    • 衛生監督人:Health Supervisor 
  • representative
    • 代表。代理人。代議士。販売代理人。販売会社。見本。典型。
    • 部署名+ representativeで「~部長」という英語表現になります。
    • 営業部長:Sales Representative
    • ​人事部長:H.R. representative
    • 営業部長:Sales representative
  • administrator
    • 管理人。理事。行政官、統治人。管財人。
    • パソコンやネットワークなどの管理人もadministratorと呼びます。
  • curator
    • 博物館。図書館の統括。職員。
    • curatorは資料を蓄積している施設で資料管理をする人を言います。
  • warden
    • 監視する人。学生寮の管理人。監視員。監督官。刑務所長。
    • アメリカ英語で刑務所長。イギリス英語では学寮長や寄宿舎の管理人という意味があります。
    • 監視のニュアンスが強い英語表現です。
  • 労働者:詳細はこちら
  • 開拓者:詳細はこちら
  • 関係者:詳細はこちら
  • 責任者:詳細はこちら
  • 退職者:詳細はこちら
  • 公務員:詳細はこちら
  • 出向者:詳細はこちら
  • 委託:詳細はこちら
  • 現場:詳細はこちら
  • 費用:詳細はこちら
  • ふた:詳細はこちら
  • 値段:詳細はこちら
  • コース:詳細はこちら
  • もの:詳細はこちら
  • 建設:詳細はこちら
  • 地面:詳細はこちら
  • 現場:詳細はこちら
  • 労働力:詳細はこちら
  • 費用:詳細はこちら
  • 帽子:詳細はこちら
  • 建築物:詳細はこちら
  • 建物:詳細はこちら

「責任者」の例文集

英語例文をまとめました。参考にしてください。

 

「責任者と話をさせていただきたい」

I'd like to speak to the person in charge.  と英語で表現できます。

 

「責任者は彼のために働く人々に好かれたいと思っています」

The person in charge wants to be liked by the people who work for him.  と英語で表現できます。

 

「危険なことは無責任な責任者を国家安全保障を担当させることです」

It's dangerous to have an irresponsible person in charge of national security.  と英語で表現できます。

 

「その責任者は営業部長と呼ばれます」

The person in charge is called Sales Director.  と英語で表現できます。

 

「「おやめください」と責任者は言った」

"Stop doing it", said a person in charge.  と英語で表現できます。

 

「検査中の責任者は署名を拒否しました」

The person in charge under inspection refused to sign.  と英語で表現できます。

 

「機関の責任者は会計データの完全性に対して責任を負う義務があります」

Person in charge of the institution is obliged to be responsible for the integrity of accounting data.  と英語で表現できます。

 

「彼女は新版の音楽の責任者です」

She is the person in charge for the new edition's music.  と英語で表現できます。

 

「彼は警察の調査における主要な責任者です」

He is the main person in charge of the police investigation.  と英語で表現できます。

 

 

「この状態を誘発した責任者は責任を負う可能性が高いです」

The person responsible for inducing this state is likely to be liable.  と英語で表現できます。

 

「責任者は刑罰を免れるべきではありません」

The person responsible should not be allowed to get off.  と英語で表現できます。

  • get offは「刑罰を免れる」という意味です。発音は「ゲットオフ」です。


「責任者は公正または公平にに処罰されます」

person responsible can be justly or fairly punished.  と英語で表現できます。

 

「その活動の責任者は患者のケアにおいて必要とされています」

The person responsible for the activities is required for patient care.  と英語で表現できます。

 

「遅延を起こした責任者は直接責任を負うことになります」

Person responsible for delay will be held directly responsible.  と英語で表現できます。

 

「朝食にコーンフレークを食べる習慣の責任者は彼でした」

The person responsible for the custom of having cornflakes for breakfast was him.  と英語で表現できます。

 

「彼はWebサイトのメンテナンスにおける責任者です」

He is a person responsible for the maintenance of a Web site.  と英語で表現できます。

 

「彼女はスケジューリングを担当するフルタイムの責任者です」

She is a full-time person responsible for scheduling.  と英語で表現できます。

 

まとめ

「責任者」の英語表現はまとめると「2つ」です。

  1. person in charge
  2. person responsible

責任者」はビジネス英語でよく使われる表現ですね。

いきなり英語で言われても驚かないように覚えておきましょう。英会話の幅も広がりますよ!

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

プレゼント

特別レポート