英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

ピーマンを英語で何という?覚えておきたい表現3選

「ピーマン」は英語で何というでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は「3つ」あります。

  1. green pepper
  2. bell pepper
  3. capsicum

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

ピーマンの英語表現1

green pepper

「ピーマン」は英語で green pepper といいます。

  • 発音と読み方:グリィンパァ
  • 中心が中空の光沢のある緑色の野菜。
  • 未調理または調理済みで食べることができる野菜。

参照:Cambridge Dictionary

解説

「ピーマン」は和製英語です。

語源はフランス語の「piment(ピマン)」からきています。

そのため海外でピーマンと英語で言っても通じないので注意しましょう。

 

pepper だけだと「こしょう」「唐辛子」という意味です。

ピーマンはナス科の「トウガラシ属」のため green pepper といいます。

ただしイギリスでは green を省略して pepper と呼ばれることもあります。

​関連する英語表現をまとめておきます。

  • 唐辛子:hot pepper
  • シシトウ:green pepper
  • 青唐辛子:green chili

例文

エビ、ピーマン、タマネギ、トマトを調理してください」

Cook prawns, green pepper, onion, tomato. と英語で表現できます。

 

「玉ねぎ、ピーマン、塩、こしょうを加えてください」

Add onion, green pepper, salt and pepper. と英語で表現できます。

ピーマンの英語表現2

bell pepper

ピーマン」は英語で bell pepper といいます。

  • 発音と読み方:ベゥパァ
  • トウガラシ属のグロサム品種グループの植物の果実。
  • ピーマンあるいはパプリカ。

参照:Wikipedia

解説

ピーマンが「ベル」の形をしていることから bell pepper と呼ばれます。

sweet peppers という辛味の少ない唐辛子の品種として捉えられることがあります。

 

bell pepper は「ピーマン」と「パプリカ」両方の意味をさします。

海外では bell pepperですが日本だと色により呼び方が変わるのですね。

  • ピーマン:緑色の bell pepper
  • パプリカ:黄色や赤色の bell pepper

海外ではピーマンもパプリカも色が違うだけで同種です。

パプリカではないことを強調するなら green bell pepper と呼べばOK。

ちなみにパプリカは Paprika、yellow pepper、red pepper とも呼ばれます。

例文

「ピーマンをカットしてスパイシーなグリーンのソースに仕上げます」

Cut bell pepper, and reconcile into sauce, a spicy green. と英語で表現できます。

 

「黒スグリ、ピーマン、ローストベリー、スパイス、プラムがあった」

We had Black currants, bell pepper, roasted berries , spices, plums. と英語で表現できます。

ピーマンの英語表現3

capsicum

ピーマン」は英語で capsicum といいます。

  • 発音と読み方:キャプシカム
  • ナス科のトウガラシ属の植物。調味料として使用される、
  • そのような植物の果実。

参照:Dictionary.com

解説

capsicumは甘みが強く大き目のピーマンです。

パプリカに近い野菜です。

イギリス英語でピーマンを capsicum と呼ばれることが多いです。

たとえばオーストラリア、ニュージーランド、インドなどで呼ばれています。

例文

「どのぐらい炭水化物がピーマンには含まれていますか?」

How many carbohydrates in capsicum? と英語で表現できます。

 

「ピーマンの詰め物を調理する方法は?」

How to cook Stuffed Capsicum? と英語で表現できます。

ピーマンの英語動画

ピーマンが健康に良い5つの利点

こちらの動画では「ピーマンが健康に良い5つの利点」について解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

緑色・黄色・赤色のBell Pepperの違い

こちらの動画では「緑色・黄色・赤色のBell Pepperの違い」について英語で解説されています。丁寧な解説でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

ピーマンの英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「ピーマンとキュウリのサラダを出してください」

Serve with a green pepper and cucumber salad.

キュウリ」は cucumber と英語で表現できます。

serve 食卓に出す、供給する、仕える、役立つという意味。

 

「玉ねぎ、ピーマン、塩、こしょうを加えてください」

Add onion, green pepper, salt and pepper.

「玉ねぎ」は onion と英語で表現できます。

pepper だけだと胡椒という意味になるので注意ですね。

 

「ソーセージのスライス、さいの目に切ったハム、ピーマン、セロリを追加します」

Add sausage slices, diced ham, green pepper and celery.

「ソーセージ」は sausage と英語で表現できます。

 

「これはピーマンで、唐辛子ではありません」

This is green pepper, not hot pepper.

「唐辛子」は hot pepper と英語で表現できます。

  • pepper:胡椒
  • hot pepper:唐辛子
  • green pepper:ピーマン

この違いを整理しておきましょう。

「机の上にピーマン、フェタチーズ、ハム、ダブルチーズがあります」

There are Green pepper, Feta cheese, ham and double cheese on the table.

「机」は table と英語で表現できます。

There are A で「Aがある」という構文。

 

「ピーマンは料理の主な材料です」

Green pepper is the main ingredient of the dish.

料理」は dish と英語で表現できます。

ingredient は料理の材料、成分、原料という意味。

イングリーディエントと発音します。

 

「我々にはとうもろこし、ピーマン、赤唐辛子、なす、豆腐があります」

We have Corn, Green Pepper, Red Pepper, Eggplant, Torfu.

豆腐」は Torfu と英語で表現できます。

 

「こちらがピーマンと玉ねぎを添えた牛肉の炒め物です」

Here is the fried beef with green pepper and onion.

「牛肉」は beef と英語で表現できます。

fried は炒めたという意味。

「揚げた」なら deep-fried となります。

「風味の特徴:ブラックカラント、ピーマン、ミント、ダークチョコレート、タバコ、オリーブ」

Flavor characteristics: Black currant, green pepper, mint, dark chocolate, tobacco, olives.

「タバコ」は tobacco と英語で表現できます。

flavor は風味、味わい、独特の味という意味。

taste とは少し違いますね。

characteristic は特徴、特色。

キャラクタリスティックと発音します。

 

「我々は黒スグリ、ピーマン、ローストベリー、スパイス、プラムをたべた」

We had Black currants, green pepper, roasted berries , spices, plums.

「黒スグリ」は black currants と英語で表現できます。

 

「きのこ、ピーマン、セロリ、玉ねぎ、パセリを加えてください」

Add the mushrooms, green pepper, celery, onions and parsley.

「パセリ」は parsley と英語で表現できます。

発音はパースリーなので注意。

 

「ピーマン、キュウリねぎ、フェタチーズの赤ワインのビネガードレッシング入りのご用意があります」

We have green pepper, cucumber, green onions, feta cheese in a red wine vinegar dressing.

「レッシング」は dressing と英語で表現できます。

We have A で「Aのご用意があります」という構文。

「ピーマンのスライスをソーセージスライスの上にそれぞれ置きます」

Put a slice of green pepper above each slice of sausage.

「スライス」は slice と英語で表現できます。

put A above Bは「AをBの上に置く」という構文。

 

「赤ピーマン、マッシュルーム、赤玉ねぎ、トマト、少量のブロッコリーを使ってオムレツを作れます」

You can prepare an omelet using red pepper, mushrooms, red onion, tomatoes, and a little broccoli.

「ブロッコリー」は broccoli と英語で表現できます。

prepare は調理する、準備するという意味。

オムレツに対する prepare なので「作る」となります。

なお omelet はオームレットと発音します。オムレツじゃないので注意。

 

「パイナップル、ハム、ピーマン、トマトのみじん切り、モッツァレラチーズがあった」

There were pineapple, ham, green pepper, tomato concasse and mozzarella cheese.

「パイナップル」は pineapple と英語で表現できます。

concasse は粗くサイコロ型にみじん切りにしたものという意味。

コンカッセと発音します。

「大きな鍋で油を温めて、玉ねぎ、にんにく、ピーマンを加えて柔らかくなるまで炒める」

Heat the oil in a large saucepan, add the onion, garlic and green pepper and cook until soft.

「油」は oil と英語で表現できます。

saucepan は蓋つきの深い鍋という意味。

 

「ピーマン、低脂肪チーズ、低脂肪サワークリーム、サルサで飾ります」

Garnish with grean pepper, low fat cheese, low fat sour cream, and salsa.

「低脂肪」は low fat と英語で表現できます。

garnish with Aで「Aで飾る」という構文。

garnish自体は「料理の付け合せ」という意味もありますね。

 

「私はピーマンが好きではなかった、あまりにも奇妙な味がした」

I did not like the green pepper, tasted too strange.

「味がした」は tasted と英語で表現できます。

strange は奇妙な、不思議なという意味。

ストレインジと発音します。

 

「ピーマンも非常によく育ちます」

The green pepper also grows very well.

「育つ」は grow と英語で表現できます。

「ピーマンには炭水化物、タンパク質、そしてごく少量の脂肪が含まれています」

Capsicum contains carbohydrates, proteins and a very little amount of fats.

「炭水化物」は carbohydrates と英語で表現できます。

 

「中くらいの大きさのボウルに、サーモンをジャガイモ、ピーマン、タマネギ、黒コショウと混ぜ合わせます」

In a medium-sized bowl, combine the salmon with the potatoes, green pepper, onion, and black pepper. 

ボウル」は bowl と英語で表現できます。

combine A with Bで「AとBを混ぜる、結び付ける」という構文。

 

「ペパロニ、豚肉、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム入りのピザです」

It is a pizza with pepperoni, pork, onion, green pepper and mushroom.

「ペパロニ」は pepperoni と英語で表現できます。

 

「ピーマンとは、多種多様な熱帯植物をさします」

Capsicum refers to a wide variety of tropical plants.

「熱帯植物」は tropical plants と英語で表現できます。

refer to Aで「Aをさす、Aに当てはまる」という構文。

「ピーマンは次のように分解されます」

The capsicum is broken down as follows.

「次のように」は as follows と英語で表現できます。

 

「ピーマンは、ナス科における顕花植物の属です」

Capsicum is a genus of flowering plants in the nightshade family. 

「顕花植物は flowering plants と英語で表現できます。

genusは「属・種類」をさします。ジーナスと発音します。

まとめ

英語表現まとめ

「ピーマン」の英語表現はまとめると「3つ」です。

  1. green pepper
  2. bell pepper
  3. capsicum

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:この記事はメールでも読めます

あなたもこの記事をメールで読んで、英単語を覚えてみませんか?

六単塾のメールマガジンに登録すると、メールで今回のような記事が届きます。

メールを1日10分読んで、英単語をあきれるほど覚えましょう。

無料ですのでお気軽に読んでみてください。

 

詳しくはこちら:

 無料メールマガジン】英単語を1日10分であきれるほど覚える講座