英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「それから」を英語で丁寧に伝える表現まとめ

「それから」を英語で丁寧に表現するにはどうすればよいでしょうか?

堅い場面では会話でも「それから」は丁寧に言うことが必要です。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

そこで「それから」を英語で丁寧に伝える表現をまとめました。ぜひ参考にしてください。

「それから」を英語で丁寧に伝えるには?

丁寧に「それから」と英語で言うならand, soは避ける

丁寧に「それから」と英語で言うならand, soは避けることが大切です。

「それから」を英語にするとand, soなどが浮かびますよね。これらは親しい人間同士のカジュアルな会話で使うならOKです。

しかしビジネスメールや会議などの堅い場面では丁寧な英語が求められます。そういう場合にand, then, soは使わないことが丁寧な英語として推奨されています。

特にand, soは文頭には使わないのがマナーです。それは無作法(bad form)と考えられています。

詳しくは下記も参考にしてください。

「それから」の英語を丁寧に伝えるにはどうすればいい?

「それから」の英語を丁寧に伝えるにはどうすればいいのでしょうか?

解決方法は下記の2つです。

  1. 文語では「それから」という言葉をそもそも使わない。
    • 英語論文やプレゼンなどでは「それから」という言葉を省略しても文意は伝わります。
    • なぜなら堅い文章であるほど論理が求められるからです。
    • 論理的な構成の英文であれば「それから」なしでも問題なく通じます。丁寧になります。
    • むしろ「それから」の英語表現がないほうが逆にビジネスライクで読みやすくなります。
       
  2. 口語では「それから」の代わりに丁寧な英語表現に置き換える​。
    • 会話においては公式の場であっても「それから」という言葉は便利なので使う価値はあります。
    • そこでand, so, thenの代わりに「それから」の意味になる丁寧な英語で置き換えましょう。
    • 文脈に合わせてさまざまな英語で置き換えることができます。

以降では「それから」と英語で伝える際にand, so, thenの代わりになる丁寧な英語表現を紹介します。

「それから」を英語で丁寧に伝える表現まとめ

「それから」を英語で丁寧に伝える表現をまとめました。場合分けしてありますので適宜ご利用ください。

なお英語表現の後にはコンマ(,)が必要になることもあれば必要ないときもあります。

「それから」の前後の内容が似ている場合の丁寧な言い方

前後の文が似た内容の場合は下記の英語で丁寧に伝えることができます。

  • 同時に:At the same time, 
  • 同様に:By the same token, 
  • 同様に:Equally,
  • 同じように:In the same way,
  • 同様に:Similarly,
  • すなわち:Namely,
  • そしてまた:Also,
  • それから:Then,

「そのとき」という意味にもなる「それから」の英語表現は下記で書いています。

「それから」の後が一般的な内容の場合の丁寧な言い方

後に続く英文が一般的な内容である場合は下記の英語で丁寧に伝えることができます。

  • 一般に:As a rule,
  • 基本的に:Basically, 
  • 大まかに言えば:Broadly speaking,
  • 全体的にみて:By and large,
  • 原則的に:Essentially,
  • 一般的に:Generally,
  • 一般的に:In general,

「それから」の後で情報を追加する場合の丁寧な言い方

後の文で情報を追加する場合は下記の英語で丁寧に伝えることができます。

  • 中でも:Above all,
  • 加えて:Additionally,
  • 加えて:In addition, 
  • 後述するように:As we shall see later,
  • 加えて:Besides,
  • 次に:Secondly,
  • まず第一に:First of all,
  • 最後に:Finally,
  • 最後に:Lastly,
  • そのうえ:Moreover,
  • さらに:Furthermore,
  • より重要なことに:More importantly,
  • 最も重要なことに:Most importantly,
  • それに加えて:On top of that,
  • というよりむしろ:Or rather,

「それから」の後で理由や結果を述べる場合の丁寧な言い方

後の文で理由や結果を述べる場合は下記の英語で丁寧に伝えることができます。

  • したがって:Therefore,
  • それゆえに:Hence,
  • すなわち:Thus,
  • 結果的に:Accordingly,
  • 結果として:As a result,
  • そのために:Because of this,
  • 結果として:Consequently,
  • その理由で:For this reason,

「それから」の後で結論を述べる場合の丁寧な言い方

後の文で結論を述べる場合は下記の英語で丁寧に伝えることができます。

  • 全体的にみて:All in all,
  • 結局は:Altogether,
  • 結論として:In conclusion,
  • 結局のところ:On balance,
  • 概して:On average,
  • 全体としては:On the whole,
  • ある程度は:To some extent,
  • 要約すれば:To sum up,​

「それから」の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「しかしそれから、私は悪夢を見始めました」
    But ____ that, I started to have nightmares.
  • 「それからまもなく、私はジェーンから再び聞きました」
    ____ after that I heard from Jane again.
  • 「これらの子供たちはそれからも幸せに暮らしました」
    These children lived ____ ____ after.
  • 「それとそれからもう一つ。費用はいくらですか?」
    And one more ____ . Can I ask how much you're ____ to cost me?
  • 「それから、変わっていません」
    It hasn't changed since ____ .
  • 「それから彼とは会っていない」
    I have not ____  him ____ then.

答えはこちら

「しかしそれから、私は悪夢を見始めました」を英語にすると?
But after that, I started to have nightmares.

「それからまもなく、私はジェーンから再び聞きました」を英語にすると?
Shortly after that I heard from Jane again.

「これらの子供たちはそれからも幸せに暮らしました」を英語にすると?
These children lived happily ever after.

「後それからもう一つ。費用はいくらですか?」を英語にすると?
And one more thing. Can I ask how much you're going to cost me?

「それから、変わっていません」を英語にすると?
It hasn't changed since then.

「それから彼とは会っていない」を英語にすると?
I have not seen him since then.


まとめ

今回の記事では「それから」を英語で丁寧に伝える表現をまとめました。

「それから」と英語で丁寧に表現するには下記2つの方法がありましたね。

  1. 文語では「それから」という言葉をそもそも使わない。
  2. 口語では「それから」の代わりになる丁寧な英語表現にする​。

たくさんの英語表現がありましたがすべてを覚える必要はありません。このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。