英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

ちなみにを英語で何という?覚えておきたい表現6選

「ちなみに」は英語で何と言えばいいでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は6つあります。

  1. By the way
  2. Incidentally
  3. For your information
  4. As a side note
  5. As an aside
  6. In passing

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

「ちなみに」の英語表現1

By the way

「ちなみに」は英語で by the way といいます。

  • 発音と読み方:バイザウェ
  • 考えるべき新しい主題を紹介するために使われるフレーズ。
  • 詳細情報を提供する際に使用されるフレーズ。
  • 議論のテーマに直接関係ないかもしれない話題を始める際に使われるフレーズ。

参照:Cambridge Dictionary

解説

by the way は話題を変えるときに使える表現です。

「ところで」「ついでながら」というニュアンスですね。

by the wayは下記の特徴があります。

  • ほかに「~の方法によって」「道端で」という意味があります。
  • カジュアルな会話で使いやすい英語フレーズです。

例文

「ちなみに、私の名前はジェーンです」

By the way, my name's Jane. と英語で表現できます。

 

「ちなみにジュリーは元気ですか?」

By the way, how is Julie? と英語で表現できます。

「ちなみに」の英語表現2

Incidentally

「ちなみに」は英語で Incidentally といいます。

  • 発音と読み方:インシデンタリィ
  • 何か言う前に使う言葉。
  • 会話の主な内容ではないが関連している話題を言う際に使われる。
  • まだ話していない内容を言う際に使われるフレーズ。
  • 多くの場合はたいして重要ではない話に使われる。
  • さほど重要ではないが追加の情報を伝える際に使われるフレーズ。

参照:Cambridge Dictionary

解説

Incidentally は主に追加の情報を伝えるときの英語表現です。

よって「ちなみに」という意味でOKです。

Incidentally の特徴は下記になります。

  • 少しフォーマルなので、プレゼンなどビジネスでよく用いられます。
  • 「ちなみに付け加えると」という風に情報を追加する際に便利です。
  • 「偶然にも」といった意味もあります。
  • 話題の方向性を変える際に便利です。

例文

「ちなみに、彼女にはいくらかお金の貸しがあります」

Incidentally, she owes me some money. と英語で表現できます。

 

「ちなみに、私はあなたの費用について一言言いたい」

Incidentally, I want to have a word with you about your expenses. と英語で表現できます。

「ちなみに」の英語表現3

For your information

「ちなみに」は英語で For your information といいます。

  • 発音と読み方:フォーユア インフォメイション
  • 知らない誰かのために教えてあげること。
  • 持っていない誰かのために与えること。

参照:Cambridge Dictionary

解説

For your information は主に追加情報を伝えるときに使う英語表現です。

「ご参考までに」「補足として」というニュアンスがあります。

メールでよく使われます。

ネットスラングでは頭文字をとって「FYI」と書かれることもあります。

例文

「ちなみにメモのコピーを添付しました」

I attached a copy of my notes for your information. と英語で表現できます。

 

「ちなみにこのレポートのコピーを同封しました」

I enclosed a copy of this report for your information. と英語で表現できます。

「ちなみに」の英語表現4  

As a side note

「ちなみに」は英語で As a side note といいます。

  • 発音と読み方:アズア サイドノート
  • ちなみに、ところで。と言う場合に使われる。
  • 現在議論されていた内容よりも、重要度の低い話を追加するときに使うフレーズ。

参照:The Free Dictionary

解説

As a side note は「少し本題と離れた情報を伝えるとき」に使う英語表現です。

「ご参考までに」「補足として」というニュアンスがあります。

フォーマルな表現のため、ビジネスで頻出します

ビジネス会議、プレゼンなどで使われます。

 

関連表現として下記の2つも覚えておきましょう。

  • 追加情報を与える場合は、on a side note と言い換えてOK。
  • 異なる話題にする場合は、on another note と言い換えてOK。

例文

「ちなみに、私はこれがあなたの創造だとは知りませんでした」

As a side note, I was unaware this was your creation.と英語で表現できます。

 

「追加の詳細情報を伝えるときは「ちなみに」と言います」

I say 'as a side note' when mentioning an additional detail. と英語で表現できます。

「ちなみに」の英語表現5

As an aside

「ちなみに」は英語で As an aside といいます。

  • 発音と読み方:アズアナイド
  • 話の内容に間接的に関連するコメントを言う際のフレーズ。
  • 一部の人に向けて静かに言うこと。
  • 誰もが聞くべきではないコメントとして言うこと。

参照:The Free Dictionary

解説

As an aside は「余談として」という意味の「ちなみに」です。

「ここだけの話」というニュアンスがぴったりの英語表現です。

ほかに「わきへ」「離れて」「別にして」という意味があります。

aside は「それはそれとして」というニュアンスがあります。

例文

「ちなみに年少の子供はより速く学びます」

As an aside, the younger child learn faster. と英語で表現できます。

 

「ちなみに彼女はメンバーでもあります」

As an aside, she is also a member. と英語で表現できます。

「ちなみに」の英語表現6

In passing

「ちなみに」は英語で In passing といいます。

  • 発音と読み方:イン シング
  • as an asideよりカジュアルな表現。
  • 他のことに注意を向けている間に言われる言葉。
  • 通りがけや話のついでに言われる言葉。

参照:The Free Dictionary

解説

In passingは「話のついでに」という意味の「ちなみに」です。

前述の as an aside は「ここだけの話」というニュアンスがありました.

In passing はよりカジュアルになります。

 

ちなみに In passing に似た英語表現で En passant があります。

En passant は In passing のフランス語です。

同じく「ちなみに」の意味になります。

En passant はチェス用語として使われています(アンパッサン)。

例文

「ちなみに彼女は報告書に言及した」

In passing, she referred to the report. と英語で表現できます。

 

「ちなみに彼女は彼の作品について述べただけだった」

In passing she only mentioned his work. と英語で表現できます。

「ちなみに」の英語動画

by the way などの way の10の使い方

こちらの動画では「by the way などの way の10の使い方」について英語で解説されています。ネイティブの発音でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

incidentally を学ぼう

こちらの動画では「incidentally」について英語で解説されています。テキストがわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

「ちなみに」の英語コラム

「ちなみに」のビジネス英語表現とは

「ちなみに」の英語表現のうち、ビジネスに使えるものは下記の3つです。

1.As a side note

  • ビジネス会議やプレゼンなどのフォーマルな場面で使います。
  • on a side note も同じ意味ですが as a side note のほうをよく使います。

2.For your information

  • 略語で FYI と表記されます。
  • メールの件名に「For your information」や「FYI」と記載されることがあります。

3.Incidentally

  • ビジネス文書や論文で頻出します。
  • ビジネスでの会話やメールでも使われる便利なフレーズです。

「ちなみに」の英語略語は2つ

「ちなみに」の英語表現で略語にできるものは2つあります。

1.BTW

  • BTWは「By the way」の略語です。頭文字をとっただけですね。
  • カジュアルに使います。
  • BTWは文頭でも文中でも文末でも使われることがあります。

2.FYI

  • FYIは「For your information」の略語です。
  • FYIはBTWよりも少しフォーマルなので、ビジネスメールでも使えます。
  • Just FYI という略語は「Just for your information」の略です。
  • FYIG という略語は「For your information and guidance」の略ですね。

「ちなみに」と英語論文で書くには?

論文で「ちなみに」という場合は Incidentally です。

論文は、プレゼンや会議と違ってフォーマルな書き方が求められます。

一番堅い表現を使う必要があり、Incidentally が適切といえます。

論文で「ただし」「それから」「そして」「など」を英語で書くときも注意しましょう。

「ちなみに」と英語メールで書くには?

メールで「ちなみに」と書くには下記の3つです。

1.For your information

  • カジュアルなメールからビジネスメールまで使えて便利。
  • 「ちなみにご参考までに」という意味合いがあります。

2.by the way

  • カジュアルなメールやSNSのやり取りに使える英語表現です。
  • 話題を膨らませたいときや新たな情報を追加したいときに。
  • 文頭に By the way ときたら話題が変わります。
  • 文末が by the way で終わったら、その文章がまるごと参考情報なのだと理解しましょう。
  • 略語で「BTW」とも言われます。頭文字をとったものです。

3.Incidentally

  • ビジネスメールで使えるフォーマルな表現。
  • 「ちなみに補足しますと」という感じです。
  • 目上の方や取引先に使うときは Incidentally が好まれます。

「ちなみに」の英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「ちなみに、私はあなたがちょうどローマに行ったばかりだと言いました」

In passing, I mentioned that you had just been to Rome.

「ローマ」は Rome と英語で表現できます。

mention はちょっと言う、言及するという意味。

メンションと発音します。

過去形の話ですが、ローマに行ったのはさらに過去の話のため、you had been と過去完了形になっています。

 

「ちなみに、一部の人々は彼ら自身の面倒を適切にまったくみないでしょう」

Incidentally, some people just won't look after themselves properly.

「人々」は people と英語で表現できます。

just はまったく、ちょうどという意味。

won't は will not の省略形ですね。

 

「ちなみに、私は自転車さえ持っていません」

For your information, I don't even have a bike.

自転車」は bike と英語で表現できます。

 

「ちなみに、私は自分自身で面倒を見ることができます」

I'm able to look after myself, for your information. 

「面倒を見る」は look after と英語で表現できます。

I'm able to で「私は~する能力がある」という熟語。

「ちなみに、私は彼らに多くの情報を与えました」

In passing I gave much information to them.

「情報」は information と英語で表現できます。

information は複数形でも information。

give A to B で「AをBに与えた」という構文。

 

「ちなみに、研究結果が明らかになり、質問された女性の多くはその理論を支持しなかった」

As an aside the research revealed that most of the women questioned did not support the theory.

「明らかになった」は reveled と英語で表現できます。

research は研究結果、研究、調査という意味。

リサーチと発音します。

 

「ちなみに、ワインは熟成したチーズとよく合います」

Incidentally, the wine goes well with a mature cheese.

熟成sした」は mature と英語で表現できます。

A go well with B で「AはBとよく合う」という構文。

 

「ちなみに、彼はあなたの一番のファンです」

By the way, he's your number-one fan.

「一番の」は number-one と英語で表現できます。

fan はファン、扇風機、うちわという意味。

「ちなみに、これらが私の好きなスポーツです:サッカー、レスリング、ラグビー」

As a side note, these are my favorite sports: football, wrestling and rugby. 

「サッカー」は football と英語で表現できます。

日本や北米では soccer ですが、ヨーロッパでは football となります。

 

「ちなみに、私はちょっと気になることは、あなたがどうやって成田空港に到着したかだ」

As an aside, I'm just curious how you arrived at Narita airport. 

空港」は airport と英語で表現できます。

arrive at A で「Aに到着する」という構文

just はちょっと、まさに、まったくという意味。

curious は気になる、好奇心がある、奇妙なという意味。

キュリアスと発音します。

 

「私が「ちなみに」と言うのは、関連しているが異なることを言うときです」

I say 'on another note' when mentioning something related but different.

関連している」は related と英語で表現できます。

「ちなみに、私はこのレポートを同封しています」

I have enclosed this report for your information. 

「レポート」は report と英語で表現できます。

enclose は同封する、取り囲むという意味。

エンクロースと発音します。

 

「ちなみに、私はジムでいくつか役立つ情報を得ました」

Icidentally, I got some useful information at the gym. 

「ジム」は gym と英語で表現できます。

useful は役に立つ、有用な、腕のいいという意味。

ユースホゥと発音します。

 

「ちなみにシステムは廃棄されていました」

As an aside, the system had been scrapped. 

「システム」は system と英語で表現できます。

scrap は捨てる、ほぼにする、かけらという意味。

スクラップと発音します。

 

「ちなみに、この3Dモデルはコンピューター上にはありません」

As a side note, this 3D model is not on computer.

「モデル」は model  と英語で表現できます。

 

「ちなみに、私は10年間プログラマーとして働いてきました」

For your information, I've worked as a programmer for 10 years.

「プログラマー」は programmer と英語で表現できます。

「ちなみに、私はメモのコピーを添付しています」

I have attached a copy of my notes for your information. 

「メモ」は notes  と英語で表現できます。

note はカジュアルなメモのことを言います。

ちなみに memo はフォーマルな文書での覚え書きのことです。

 

「ちなみに、私は彼の出費について彼に一言言いたい」

Incidentally, I want to have a word with him about his expenses. 

「出費」は expenses と英語で表現できます。

エクスペンスと発音します。

 

「ちなみに、彼はチームのメンバーです」

As an aside, he is a member of team. 

「メンバー」は member と英語で表現できます。

 

「ちなみに、私はどれほど幸運であるかを言うかもしれません」

In passing, I might say how lucky I am. 

「幸運な」は lucky と英語で表現できます。

might は~するかもしれない、~してもよいという意味。

マイトと発音します。

 

「ちなみに、あなたへに電話のメッセージがあります」

By the way, there is a telephone message for you. 

「電話」は telephone  と英語で表現できます。

「追加で詳細を伝えるときは、私は「ちなみに」を使います」

I use 'as a side note' when mentioning an additional detail. 

「詳細」は detail と英語で表現できます。

ディーテイルと発音します。

 

「ちなみに、その子供はあなたよりも早く学びます」

As an aside, the child learn faster than you. 

「子ども」は child と英語で表現できます。

faster than A で「Aより早い」という構文。

 

「ちなみに、彼はレポートを参考にした」

In passing, he referred to the report. 

「レポート」は report と英語で表現できます。

refer to A で「Aを参考にする」という構文。

 

「ちなみに、私は自分の仕事について述べただけだった」

In passing I only mentioned my work. 

「仕事」は work と英語で表現できます。

 

「ちなみに、私はこれが彼女の創作だとは知りませんでした」

As a side note, I was unaware this was her creation.

「創作」は creation と英語で表現できます。

クリエイションと発音します。

unaware は知らない、気付かないという意味。

アナウェアと発音します。

まとめ

英語表現まとめ

「ちなみに」の英語表現をまとめると「6つ」です。

  1. By the way
  2. Incidentally
  3. For your information
  4. As a side note
  5. As an aside
  6. In passing

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

このページをブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

関連記事

1日10分で英語をあきれるほど覚える方法とは?

1日10分で英語をあきれるほど覚えるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。