英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「ちなみに」を英語で何という?覚えておきたい表現6選

外国人女性

「ちなみに」を英語であなたは言えますか?ちょっと考えてしまいますよね。

「ちなみに」の英語表現は6つあります。

  1. By the way
  2. Incidentally
  3. For your information
  4. As a side note
  5. As an aside
  6. In passing

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく英語表現を解説しました。ぜひ参考にしてください。

「ちなみに」の英語表現1

By the way

  • 発音とアクセント:バイザウェ
  • by the wayは話題を変えるときに使える表現です。追加情報を伝えるときにも使われます。
  • by the wayで前の話題と直接関係ないかもしれない話にしてもOKです。
  • by the wayには他にも「~の方法によって」「ついでながら」「道端で」という意味があります。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「ちなみにジュリーは元気ですか?」

Bythe way,  how is Julie? と英語で表現できます。

 

「ちなみにあなたへの電話メッセージがあります」

By the way, there is a telephone message for you. と英語で表現できます。

動画

こちらの動画ではby the wayなどwayの使い方について英語でわかりやすく解説されています。英語上達のためにもぜひご覧ください。

「ちなみに」の英語表現2

Incidentally

  • 発音とアクセント:インシデンタリィ
  • Incidentallyは主に追加情報を伝えるときに使う表現です。少しフォーマルな表現になります。
  • Incidentallyはメインの話題ほど重要ではないけど補足として伝えるような際に便利です。
  • incidentallyには「偶然に」「付随して」という意味があります。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「ちなみに、私はあなたの費用について一言言いたい」

Incidentally, I want to have a word with you about your expenses. と英語で表現できます。

 

「ちなみに、あなたにはいくらかお金を借しています」

Incidentally, you owe me some money. と英語で表現できます。

動画

こちらの動画ではincidentallyの使い方について英語でわかりやすく解説されています。英語上達のためにもぜひご覧ください。

「ちなみに」の英語表現3

For your information

  • 発音とアクセント:フォーユアインフォメイション
  • For your informationは主に追加情報を伝えるときに使う表現です。メールでよく使われます。
  • For your informationは「ご参考までに」「補足として」というニュアンスがあります。
  • ネットスラングでは頭文字をとって「FYI」と書かれることもあります。

例文

「ちなみにメモのコピーを添付しました」

I attached a copy of my notes for your information. と英語で表現できます。

 

「ちなみにこのレポートのコピーを同封しました」

I enclosed a copy of this report for your information. と英語で表現できます。

「ちなみに」の英語表現4

As a side note

  • 発音とアクセント:アズアサイドノート
  • As a side noteは少し本題と離れた情報を伝えるときに使う表現です。ビジネス英語として頻出する表現です。
  • As a side noteは「ご参考までに」「補足として」というニュアンスがあります。フォーマルです。
  • on a side noteと言い換えることもできます。追加情報を与える場合に便利です。
  • on another noteと言い換えることもできます。話題が関連しているが異なる場合に便利です。

例文

「ちなみに私はこれがあなたの創造だとは知りませんでした」

As a side note, I was unaware this was your creation. と英語で表現できます。

 

「追加の詳細情報を伝えるときは「ちなみに」と言います」

I say 'as a side note' when mentioning an additional detail.  と英語で表現できます。

「ちなみに」の英語表現5

As an aside

  • 発音とアクセント:アズンナイド
  • As an asideは「余談として」というニュアンスの「ちなみに」です。
  • asideは「わきへ」「離れて」「別にして」という意味があります。「それはそれとして」という感じになりますね。

参照:Cambridge Dictionary

例文

「ちなみに年少の子供はより速く学びます」

As an aside, the younger child learn faster. と英語で表現できます。

 

「ちなみに彼女はメンバーでもあります」

As an aside, she is also a member. と英語で表現できます。

「ちなみに」の英語表現6

In passing

  • 発音とアクセント:インシング
  • In passingは「話のついでに」という「ちなみに」です。
  • In passingは「通りがかりの」という意味もあります。
  • In passingに似た英語表現にEn passantがあります。
    • En passantはIn passingのフランス語です。同じく「ちなみに」の意味になります。
    • En passantは英語表現になっていますが主にチェス用語として使われる表現です(アンパッサン)。

例文

「ちなみに彼女は報告書に言及した」

In passing, she referred to the report. と英語で表現できます。

 

「ちなみに彼女は彼の作品について述べただけだった」

In passing she only mentioned his work. と英語で表現できます。

「ちなみに」の例文集

英語例文をまとめました。参考にしてください。

 

「ちなみに私は自転車さえ持っていません」

For your information, I don't even have a bike. と英語で表現できます。

 

「ちなみに私は10年間プログラマーとして働いてきました」

Foryourinformation, I've worked as a programmer for 10 years. と英語で表現できます。

 

「ちなみに私は自分の面倒を見ることができます」

I'm able to look after myself, for your information. と英語で表現できます。

 

「ちなみに一部の人々は自分の面倒を適切にみないでしょう」

Incidentally, some people just won't look after themselves properly. と英語で表現できます。

 

「ちなみに、ワインは熟成チーズとよく合います」

Incidentally, the wine goes well with a mature cheese. と英語で表現できます。

 

「ちなみに、私はジムでいくつかの有用な情報を得ました」

Icidentally, I got some useful information at the gym. と英語で表現できます。

 

「そうだ、ちなみに私の名前はジェーンです」

Oh, bytheway, my name's Jane. と英語で表現できます。

 

「「ああ、ちなみに...」彼女は始めた」

'Oh, bytheway ...' she started. と英語で表現できます。

 

「ちなみに彼はあなたの一番のファンです」

By the way, he's your number-one fan. と英語で表現できます。


「ちなみに私はあなたがちょうどローマに行ったばかりだと言いました」

Inpassing, I mentioned that you had just been to Rome. と英語で表現できます。

 

「ちなみに私は彼らに多くの情報を与えました」

In passing I gave much information to them. と英語で表現できます。

 

「ちなみに私はいかに幸運か言わねばならないかもしれません」

In passing, I might say how lucky I am. と英語で表現できます。

 

「ちなみに、質問された女性のほとんどが理論を支持しなかった調査結果が明らかになりました」

As an aside the research revealed that most of the women questioned did not support the theory. と英語で表現できます。

 

「ちなみにシステムは廃棄されていました」

Asan aside, the system had been scrapped. と英語で表現できます。

 

「ちなみに成田空港にどのやって到着できたのか興味があります」

As anaside, I'm just curious how you arrived at Narita airport. と英語で表現できます。

 

「関連情報ですが異なる話題にするとき「ちなみに」と言います」

I say 'on anothernote' when mentioning something related but different. と英語で表現できます。

 

「ちなみにこの3Dモデルはコンピューター上にはありません」

As a side note, this 3D model is not on computer. と英語で表現できます。

 

「ちなみに私の好きなスポーツはサッカー、レスリング、ラグビーです」

Asa side note, these are my favorite sports: football, wrestling, and rugby.   と英語で表現できます。


まとめ

「ちなみに」の英語表現をまとめると「6つ」です。

  1. By the way
  2. Incidentally
  3. For your information
  4. As a side note
  5. As an aside
  6. In passing

「ちなみに」は日常会話でよく使われる英語表現です。by the way以外にも覚えておきたいですね。

いきなり英語で言われても驚かないようにまとめて覚えておきましょう。英会話の幅も広がりますよ!

それから下記の記事も役立ちますのでぜひお読みください。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

プレゼント

特別レポート