英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

ライオンを英語で何という?覚えておきたい表現4選

「ライオン」は英語で何というでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は「4つ」あります。

  1. lion
  2. lioness
  3. cub
  4. whelp

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

ライオンの英語表現1

lion

「ライオン」は英語で lion といいます。

  • 発音と読み方:ライァン
  • アフリカと南アジアに生息する黄褐色の毛皮を持つ猫科の大型野生動物。
  • アフリカとアジアの猫科の大きくて強い動物。
  • 黄褐色の毛皮を持つ動物。
  • オスは大きなたてがみがある。

参照:Cambridge Dictionary

解説

関連する英語表現をまとめておきます。

  • 百獣の王: the king of beasts 
  • ジャングルの王: the king of the jungle

例文

「ライオンは鹿をむさぼり食べるでしょう」

The lion will devour the deer. と英語で表現できます。

 

「ライオンはうなり声をあげました」

The lion gave a roar. と英語で表現できます。

ライオンの英語表現2

lioness

ライオン」は英語で lioness といいます。

  • 発音と読み方:ライァネス
  • メスのライオン。

参照:Dictionary.com

解説

メスのライオンと明示する場合は lioness という英語表現になります。

オスのライオンと明示する場合は male lion となります。

ちなみにメスにはたてがみはありません。

例文

「一匹のメスのライオンが一匹のシマウマを狩っている」

A lioness is hunting a zebra. と英語で表現できます。

 

「このメスのライオンは不機嫌になった」

This lioness turned nasty. と英語で表現できます。

ライオンの英語表現3

cub

ライオン」は英語で cub といいます。

  • 発音と読み方:カァ
  • ライオンの赤ちゃん。若いライオン。
  • 若いクマ、若いオオカミなど特定の若い野生動物。

参照:Cambridge Dictionary

解説

cub は「熊」や「狼」の赤ちゃんにも使う英語表現です。

ライオンの赤ちゃんと正確にいうなら、lion cub といえば間違いありません。

例文

「ライオンの子は木の向こうにいた」

The cub was beyond the trees. と英語で表現できます。

 

「メスのライオンは彼女の子の世話をしていた」

The lioness was nursing her cubs. と英語で表現できます。

ライオンの英語表現4

whelp

ライオン」は英語で whelp といいます。

  • 発音と読み方:ウェルプ
  • 、クマ、ライオン、アザラシなどの若い肉食動物。
  • 若者、特に軽蔑的または軽蔑された若者。
  • 機械。

参照:Cambridge Dictionary

解説

whelp は「」や「クマ」など肉食動物の子にも使える英語表現です。

ライオンの子という意味では cub と whelp もほぼ同じです。

例文

「ライオンは子どもを滑らせた」

The lion slipped its whelps. と英語で表現できます。

 

「ライオンの子は怒って吠えました」

The whelp bellowed out. と英語で表現できます。

ライオンの英語動画

ライオンの最高の瞬間

こちらの動画では「ライオンの最高の瞬間」について英語で解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

ルワンダの最強のライオン

こちらの動画では「ルワンダの最強のライオン」について英語で解説されています。丁寧な解説でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

ライオンの英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「吠えているは眠っているライオンよりも優れています」

A barking dog is better than a sleeping lion. 

「吠えている」は barking と英語で表現できます。

 

「すべてのは家ではライオンです」

Every dog is a lion at home.

「家」は home と英語で表現できます。

every はどの、すべての、あらゆるという意味。

every の後には単数名詞を伴うため every dog となります。

 

「眠っているライオンを起こすのは良くないことだ」

It is not good to wake a sleeping lion. 

起こす」は wakeと英語で表現できます。

it is good that A で「Aは良いことだ」という構文。

 

「生きているは倒れたライオンより優れています」

A living dog is better than a dead lion. 

」は dog と英語で表現できます。

better than A で「Aよりも」という構文。

 

「メスのライオンは敵から彼女の子を守った」

The lioness defended her cubs against enemies.

「敵」は enemies と英語で表現できます。

「ライオンは描かれているほど獰猛ではなかった」

The lion was not so fierce as he was painted.

「描かれた」は painted と英語で表現できます。

fierce は獰猛な、狂暴な、激しいという意味。

 

「まだ子どもであるうちに、そのライオンを退治しなさい」

Destroy the lion while he is yet but a whelp. 

「退治する」は destroy と英語で表現できます。

 

「ライオンはかぎ爪によって知られています」

The lion is known by his claws. 

「かぎ爪」は claws と英語で表現できます。

known by A で「Aによって知られている」という構文。

 

「3月はライオンのようにやって来て、子羊のように過ぎる」

March comes in like a lion and goes out like a lamb. 

子羊」は lamb と英語で表現できます。

like A で「Aのように」という構文。

 

「雄牛はライオンの子が眠っているのを見つけた」

A bull found a lion's whelp asleep. 

「雄牛」は bull と英語で表現できます。

「シマウマはライオンから駆け去った」

The zebra galloped away from the lion.

「シマウマ」は zebra と英語で表現できます。

gallop away from A で「Aから駆け去った」という構文。

 

「猫はライオンと同じぐらい獰猛になる」

A cat becomes as fierce as a lion.

「猫」は Acat と英語で表現できます。

as A as B で「Bと同じぐらいA」という構文。

 

「ライオンが率いる軍隊は恐るべきものでしょう」

An army led by a lion would be formidable. 

「軍隊」は army と英語で表現できます。

led by A で「Aに率いられた」という英語。

formidable は恐るべき、手ごわいという意味。

 

「ライオンは百獣の王と呼ばれていた」

The lion was called the king of beasts.

「百獣の王」は the king of beasts と英語で表現できます。

call A で「Aと呼ぶ」という構文。

 

「猟師はライオンをわなにかけるためにネットを使いました」

The hunters used nets to entrap the lion.

「猟師」は hunters と英語で表現できます。

entrap は罠にかける、陥れるという意味。

「ライオンは獲物をみつけようと捜しまわっている」

The lion is hunting for its prey.

「獲物」は prey と英語で表現できます。

hunt A for B で「BをみつけようとAを捜しまわる」という構文。

 

「ライオンのしっぽよりもの頭の方がいい」

Better be the head of a dog than the tail of a lion. 

「頭」は head と英語で表現できます。

better A than B で「BよりAがいい」という構文。

 

「あなたはトラとライオンを区別できますか?」

Can you tell a tiger from a lion?

「トラ」は tiger と英語で表現できます。

tell A from B で「AとBを区別する」という構文。

 

「ライオンは草を通って獲物に忍び寄りました」

The lion stalked its prey through the grass.

「獲物」は prey と英語で表現できます。

stalk は忍び寄る、気取って闊歩するという意味。

grass は草、草地、牧草、芝生という意味。

 

「優れた外科医はワシのとライオンの心臓を持たねばなりません

A good surgeon must have an eagle’s eye and a lion’s heart. 

「外科医」は surgeon と英語で表現できます。

「メスのライオンは鳩のように穏やかでした」

The lioness was as gentle as a dove.

「鳩」は  dove と英語で表現できます。

as A as B で「BのようにA」という構文。

gentle は穏やかな、優しい、温和なという意味。

 

「このメスのライオンは不機嫌になり、私をひっかいて傷つけました」

This lioness turned nasty and mauled me.

「ひっかいて傷つけた」は mauled と英語で表現できます。

nasty はいやな、たちの悪い、意地の悪い、不機嫌なという意味。

 

「メスのライオンは彼女の子どもを守るために戦った」

The lioness fought to protect her young.

「子供」は  young と英語で表現できます。

fought の原形は fight。戦う、ケンカする、立ち向かうという意味。

 

「ライオンはうなり声を上げ、かぎ爪を見せた」

The lion growled and showed its claws.

「かぎ爪」は claws と英語で表現できます。

growl はうなる、ガミガミ言うという意味。

 

「ライオンは猫科のメンバーです」

The lion is a member of the cat family.

「メンバー」は member  と英語で表現できます。

family は家族、科、一家という意味。

「メスのライオンは草の中で子どもをこっそり隠した」

The lioness secreted her cubs in the grass.

「草」は grass と英語で表現できます。

secreted の原形は secrete。こっそり隠すという意味。

 

「シマウマを食べようとしているメスのライオンはどれでしたか?」

Who was the lioness trying to eat a zebra?

「シマウマ」は zebra と英語で表現できます。

try to A で「Aをしようとする」という構文。

 

「1匹のメスのライオンは、シマウマを攻撃できるほどに近かった」

One lioness was close enough to a zebra to attack.

「シマウマ」は zebra と英語で表現できます。

close enough to A で「Aできるほどに近い」という構文。

まとめ

英語表現まとめ

「ライオン」の英語表現はまとめると「4つ」です。

  1. lion
  2. lioness
  3. cub
  4. whelp

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。