英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

うさぎを英語で何という?覚えておきたい表現6選

「うさぎ」は英語で何というでしょうか?ちょっと考えてしまいますよね。

覚えておきたい表現は「6つ」あります。

  1. rabbit
  2. hare
  3. buck
  4. doe
  5. cony
  6. bunny

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく解説しました。ぜひ参考にしてください。

うさぎの英語表現1

rabbit

「うさぎ」は英語で rabbit といいます。

  • 発音と読み方:ラービット
  • 長い耳と大きな前歯を持ち、長い後ろでジャンプして動く小動物。
  • 上記動物の食用肉。

参照:Cambridge Dictionary

解説

rabbit は「穴ウサギ」という種類です。

日本ではペットとして飼われている、一般的なうさぎといえます。

うさぎは1羽、2羽、3羽と数えますが、英語では下記のようになります。

  • 1羽:a rabbit
  • 2羽:two rabbits
  • 3羽:three rabbits

例文

「うさぎは臆病で疑い深いです」

The rabbit is timid and suspicious. と英語で表現できます。

 

「猟犬はうさぎにかみつきます」

The hound nips at a rabbit. と英語で表現できます。

うさぎの英語表現2

hare

うさぎ」は英語で hare といいます。

  • 発音と読み方:
  • 大きなウサギのように非常に速く走ることができる耳が長い動物。
  • 長い耳を持つ小さな毛皮のような動物。

参照:Cambridge Dictionary

解説

hare は「野うさぎ」という種類になります。

hare は rabbit よりも筋肉質で、野性味あふれる特徴を持っています。

rabbit より少し大きく、が速く、耳が長いです。

関連する英語表現をまとめておきます。

  • 二兎を追う者は一兎をも得ず:If you run after two hares you will catch neither.
  • うさぎとかめ」:the Hare and the Tortoise

例文

「猟師の標的はうさぎでした」

The hunter's target was a hare. と英語で表現できます。

 

「うさぎと一緒には走れません」

You can't run with the hare.  と英語で表現できます。

うさぎの英語表現3

buck

うさぎ」は英語で buck といいます。

  • 発音と読み方:ック
  • シカやウサギなどの一部の動物のオス。
  • 南アフリカにおける、オスまたはメスのカモシカ。

参照:Cambridge Dictionary

解説

buck は 基本的に「オスのウサギを指します。

ただし buck は「シカ」の意味もあるので注意です。

区別するために、うさぎの場合は英語で buck rabbit と言うこともあります。

例文

「うさぎは茂みの中で姿を消しました」

The buck disappeared in the bushes. と英語で表現できます。

 

「うさぎは臆病で疑わしい生き物です」

The buck is timid and suspicious. と英語で表現できます。

うさぎの英語表現4

doe

うさぎ」は英語で doe といいます。

  • 発音と読み方:
  • シカやウサギなどのメスの動物。

参照:Cambridge Dictionary

解説

前述した buck と doe について整理しておきましょう。

  • オスのうさぎ:buck
  • メスのうさぎ:doe
  • buck と doe はシカ指す場合もある。

例文

「うさぎは大きなジャンプができます」

A doe can make long jumps. と英語で表現できます。

 

「うさぎがわなに捕まった」

A doe was caught in the snare. と英語で表現できます。

うさぎの英語表現5

cony

うさぎ」は英語で cony といいます。

  • 発音と読み方:ニィ
  • うさぎ。またはうさぎの毛皮。

参照:Cambridge Dictionary

解説

cony とはヨーロッパ原産の穴ウサギのこと。

主に家畜として飼われています。

cony はどちらかというと古い英語表現です。

例文

「うさぎは耳を起こした」

The cony reared its ears. と英語で表現できます。

 

「うさぎは長いジャンプができます」

A cony can make long jumps. と英語で表現できます。

うさぎの英語表現6

bunny

うさぎ」は英語で bunny といいます。

  • 発音と読み方:ニィ
  • 子うさぎ。うさちゃん(うさぎの幼児言葉)。

参照:Cambridge Dictionary

解説

bunny はうさぎの種類としては rabbit です。

bunny には、子うさぎでかわいいというニュアンスがありますね。

「バニーガール」のバニーもこの bunny からきています。

例文

「うさぎは耳を起こした」

The bunny reared its ears. と英語で表現できます。

 

「うさぎは茂みの中で姿を消しました」

The bunny disappeared in the bushes. と英語で表現できます。

うさぎの英語動画

Bunny、Rabbit、Hareの違い

こちらの動画では「Bunny、Rabbit、Hareの違い」について英語で解説されています。字幕表示するとわかりやすいです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

Hare の捕まえ方

こちらの動画では「Hare の捕まえ方」について英語で解説されています。丁寧な解説でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

うさぎの英語例文集

関連する英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「うさぎが落とし穴に捕まった」

A rabbit was caught in the snare.

「落とし穴」は snare  と英語で表現できます。

スネアと発音します。

 

「ベニーは、そのうさぎの愛称です」

Benny is a pet name for the rabbit.

「愛称」は pet name と英語で表現できます。

 

「猟師はうさぎに狙をつけた」

The hunter took aim at the hare.

「漁師」は hunter と英語で表現できます。

take aim at A で「Aに狙いをつける」という構文。

 

「マジシャンは、彼の帽子からうさぎを手品を使って取り出した」

The magician conjured a rabbit out of his hat.

帽子」は hat  と英語で表現できます。

conure A out of B で「Aを手品を使ってBから取り出す」という構文。

 

は数秒でうさぎをばらばらに引き裂くことができます」

A dog can tear a rabbit apart in seconds.

」は dog と英語で表現できます。

tear A apart で「Aをばらばらに引き裂く」という構文。

「突然、うさぎが洞窟から急に飛び出した」

Suddenly a rabbit sprang out of its cave.

「洞窟」は cave と英語で表現できます。

spring は急に飛ぶ、ぱっと起き上がる、ばね、弾力、春という意味。

 

「彼女が魔法の杖を振ると、うさぎが現れました」

She waved her magic wand and a rabbit appeared.

「杖」は wand と英語で表現できます。

wave は振る、揺れる、波という意味。

appear は現れる、姿を見せるという意味。

アピーアと発音します。

 

「ワシは急降下して、若いうさぎを強奪しようとしました」

The eagle swooped down to snatch a young rabbit.

「ワシ」は eagle と英語で表現できます。

swoop は急襲する、襲い掛かるという意味。

スウープと発音します。

snatch は強奪する、誘拐する、ひっつかむという意味。

 

「私の首輪はうさぎだけで作られている」

My collar is only made of rabbit.

「首輪」は collar と英語で表現できます。

be made of A で「Aでできている」という構文。

「うさぎは立ち止まり、車のヘッドライトの光線に魅了された」

The rabbit stopped, mesmerized by the beam of the car's headlights.

「光線」は beam と英語で表現できます。

mesmerize は魅了する、とりこにするという意味。

メズマライズと発音します。

 

「私たちのは、どこに隠れていてもうさぎを嗅ぎつけるでしょう」

Our dog will nose out a rabbit anywhere it hides.

「嗅ぎつける」は nose out と英語で表現できます。

 

タカはうさぎの上へ急襲し、倒しました」

The hawk swooped down on the rabbit and killed it.

タカ」は hawk と英語で表現できます。

swoop down on A で「Aの上に急襲する」という構文。

 

「猟犬はうさぎの足跡を見つけた」

The hound found the trail of the rabbit.

「猟犬」は hound と英語で表現できます。

trail は足跡、痕跡、引きずった跡という意味。

トレイルと発音します。

「彼らは、道を横切ってよたよた歩いている一匹のうさぎを見ました」

They watched a rabbit lolloping across the road.

「道」は road と英語で表現できます。

 

「まずうさぎを捕まえ、それから料理しなさい」

First catch your hare then cook him. 

料理する」は cook  と英語で表現できます。

 

「うさぎと一緒に走り、猟犬と一緒に狩る」

Run with the hare and hunt with the hounds. 

「猟犬」は hounds と英語で表現できます。

hunt は狩る、追跡するという意味。

ハントと発音します。

 

はうさぎを巣穴に追い立てていました」

The dog had chased a rabbit into its burrow.

巣穴」は burrow  と英語で表現できます。

ブーロウと発音します。

chase は追い立てる、追跡する、狩るという意味。

チェイスと発音します。

 

「我々は学んだのは、うさぎを捕獲して皮を剥ぐ方法でした」

We learned how to trap and skin a rabbit.

皮を剥ぐ」は skin と英語で表現できます。

「彼女はうさぎのようにが速い」

She is as swift of foot as a hare.

」は foot と英語で表現できます。

swift は速い、迅速なという意味。

スイフトと発音します。

 

「うさぎは地面の上で低くしゃがんだ」

The hare crouched low on the ground.

「地面」は ground  と英語で表現できます。

crouch はしゃがむ、かがむという意味。

クラウチと発音します。

 

「うさぎは森の中へ勢いよく動きました」

A hare started off into the forest.

「森」は forest と英語で表現できます。

start off で「勢いよく動く、旅に出る」という熟語。

 

「彼は朝食にうさぎを食べるでしょう」

He will have a hare to breakfast. 

朝食」はbreakfast  と英語で表現できます。

have は食べる、食事をとる、持つという意味。

 

「陸カメは、うさぎが眠っている間に競争に勝ちます」

The tortoise wins the race while the hare is sleeping. 

「競争」は race と英語で表現できます。

カメを tortoise といいます。

海カメは turtle です。

「キツネ、ヤマネコ、その他の動物がうさぎを追いかけた」

Foxes, wild cats and other animals pursued the hare.

「キツネ」は Foxes と英語で表現できます。

pursueは追う、追跡するという意味。

パースーと発音します。

 

「うさぎは矢のように飛んでいきました」

The hare darted off like an arrow.

」は arrow と英語で表現できます。

dart は投げる、放つ、飛んでいく、ダーツという意味。

まとめ

英語表現まとめ

「うさぎ」の英語表現はまとめると「6つ」です。

  1. rabbit
  2. hare
  3. buck
  4. doe
  5. cony
  6. bunny

たくさんの英語表現をご紹介しましたがすべてを覚える必要はありません。

この記事をブックマークしておいてください。そして必要なときに思い出してご利用下されば幸いです。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

おまけ:英単語を1日10分であきれるほど覚えてみませんか

あなたは英単語をあきれるほどたくさん覚えることに興味はありませんか?

詳しくは下記のページよりどうぞ。