英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

「うに」を英語で何という?覚えておきたい表現2選

外国人女性

「うに」を英語であなたは言えますか?ちょっと考えてしまいますよね。

うに」の英語表現は2つあります。

  1. sea urchin
  2. uni

これらの表現は英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく英語表現を解説しました。ぜひ参考にしてください。

「うに」の英語表現1

sea urchin

「うに」は英語で sea urchin といいます。

  • 発音と読み方:スィアーチン
  • あまり深くない水に住んでいる小さな海の生き物。
  • 針のような鋭い先端で覆われた丸い殻を持つ生き物。食用として。

「うに」にはたくさんの種類があり呼び名は違います。

  • バフンウニ:horse-dung sea urchin
  • アカウニ:red sea urchin
  • ムラサキウニ:purple sea urchin
  • 生うに:fresh sea urchin / raw sea urchin

また「雲丹」は「うに」と読みますが「うにを加工した食品」のことを指すので注意。

雲丹について代表的な英語表現をご紹介します。

  • 缶詰の雲丹:canned sea urchin
  • 冷凍の雲丹:frozen sea urchin

参照:Cambridge Dictionary

例文

「うにのとげは正しい方法で除かなければなりません」

You must remove sea urchin spines the right way.

 

「バフンウニは100ドルちょっと下で購入できます」

The Horse-dung sea urchin costs just under $100. 

「うに」の英語表現2

uni

「うに」は英語で sea urchin といいます。

  • 発音と読み方:
  • 日本食が広まった最近では「うに」をuniと呼ぶ英語圏の人が増えています。

「うに」の意味以外に uni は「大学」という意味があります。

  • university(大学)を省略して uni と呼ばれることがあります。 カジュアルな表現です。
  • universityの意味の uni は「ユニ」と発音します。

参照:Wikipedia

例文

「日本ではうには「uni」と呼ばれています」

The sea urchin is called "uni" in Japan. 

 

「uniとは日本語で「うに」という意味です」

Uni is the Japanese word for Sea Urchin. 

「うに」の英語動画

北海道の信じられないうに丼

こちらの動画では「北海道の信じられないうに丼」について英語で解説されています。ネイティブの発音でためになります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

食用うにの繁殖方法と加工法を解説

こちらの動画では「食用うにの繁殖方法と加工法」について英語で解説されています。ドキュメンタリー調で動画の質が高く面白いです。英語上達のためにもぜひご覧ください。

「うに」の英語例文集

英語例文をまとめました。ご参考にどうぞ。

 

「日本人はこの風味豊かなシーフード「うに」を定期的に食べています」

People in Japan regularly enjoy this savoury seafood "uni".

「定期的に食べる」は英語で regularly enjoy といいます。

「風味豊かなシーフード」は英語で savoury seafood です。

savouryの発音は「セイボリィ」。他に「香りのいい」「辛みの」という意味もあります。

 

「寿司屋ではまぐろやサーモンやうになどたくさん選べます」

You can choose from sushi options like tuna, salmon, sea urchin and many more at the sushi restaurant.

「まぐろ」は英語で tuna です。寿司屋でのtuna とはまぐろの切り身あるいは握りを指します。

まぐろの魚そのものを指す場合はtuna fishといいます。

ちなみに「寿司屋」は英語でsushi restaurantと言うのが一般的です。

ただしカウンターしかない小さいお店の場合はsushi barといいますね。

 

「私はムラサキウニとうなぎを食べたことがあります」

I've eaten purple sea urchin and eel before. 

「ムラサキウニ」は英語で Purple sea urchinです。

eelという英語は「うなぎ」という意味です。

 

「シェフは伝統料理にひねりを加えるためにうにを使います」

Chefs use sea urchins as a way to add a unique twist to traditional dishes.

「料理にひねりを加える」は英語で add a twist to dishes といいます。

海外で食べる寿司は日本で食べる寿司とは違うんですよね。握りはほとんどなくて巻物(ロール)がメインだし。

SUSHIと寿司は違うという印象が僕にはあります。

 

「私はアカウニをいままで食べたことがありません」

I've never eaten red sea urchin before.

「今まで食べたことがない」は英語で I have never eaten before となります。eatenはeatの過去分詞です。

「アカウニ」は英語で red sea urchin です

 

「私は冷凍の雲丹が大好きです」

I love frozen sea urchin

「冷凍の雲丹」は英語で frozen sea urchin といいます。

日本語で「雲丹」とはうにを加工した食品のこと。つまり雲丹は生うにではありません。

雲丹について2つの英語表現をご紹介します。

  • 缶詰の雲丹:canned sea urchin
  • 冷凍の雲丹:frozen sea urchin

 

「海からとった生うにを食べました」

I ate sea urchin pulled fresh out of the sea.

「生うに」は英語でfresh sea urchin です。発音は「フレッシュ スィーアーチン」。

raw sea urchinと書く場合もあるようです。

 

「とげのあるうにを食べるなんて奇妙にみえるかもしれない」

It may seem strange to eat the spiny sea urchin.

「奇妙にみえる」は英語で it seems strange といいます。

 

「うにの最も一般的な食べ方は生で食べることです」

The most common way to enjoy sea urchin is by eating it raw.

「生で食べること」は英語で by eating it raw といいます。

たった4単語で表現できるシンプルな英語フレーズですね。

 

「ウニの薄切りを添えたオイスタースープは代表的な一品です」

Oyster soup with sliced sea urchin is the signature dish. 

「代表的な一品」は英語で signature dish といいます。

レストランの英語メニューで signature とでてきたらシェフの自信のある一品と考えていいですね。

「リングイネの上にスライスしたウニを加えます」

Add sliced sea urchin on top of the Linguine.

「リングイネ」は英語で the Linguine といいます。発音は「リングィーニ」。

 

「フィリピンのボラカイ島沖のサンゴにウニが生息しています」

A sea urchin is nestled in a coral formation off Boracay island in the Philippines.

「フィリピン」は英語で the Phillippines といいます。

フィリピンはたくさんの島で構成される国です。そのためか複数形で表現します。

 

「ウニには、味覚、嗅覚、聴覚に関連する遺伝子があります」

The sea urchin has genes associated with taste, smell, and hearing.

「味覚」は英語で taste といいます。

 

「ウニの卵は美味しいです」

Sea urchin eggs is delicious.

「美味しい」は英語で delicious といいます。発音は「デリーシャス」。

意外と「リー」と伸ばすのがむずかしいので慣れましょう。

 

「サンゴ礁での魚の収穫により、ウニの個体数が急増しました」

Harvesting of fish in reefs allowed sea urchin populations to boom.

「収穫する」は英語で harvest といいます。harvestingで「収穫」という名詞になります。

また「急増する」は英語で boom といいます。カジュアルにも使える便利な言葉。

 

「別のボウルで魚卵とウニを解凍します」

Thaw the fish roe and sea urchin in a separate bowl.

「解凍する」は英語で thaw といいます。解かすというニュアンスですね。

 

「フロリダ北東部のビーチでウニの検査が行われました」

Sea urchin test was found on the beaches of northeast Florida.

「フロリダのビーチ」は英語で the beachesof Florida といいます。

こういう英語表現はなかなかパッと出てきません。これぐらいの単位でまとめて覚えればOK。必ず役立ちます。

 

「水中では、ラッコがお腹にウニを置いて運んでいます」

Underwater, a sea otter carries a sea urchin on its belly.

「水中では」は英語で underwater といいます。一言で言えるので便利。

「お腹」は英語で berry といいます。これは「腹部」とか「胃」という意味ですよ。

「うに」の英語クイズ

穴埋め問題にチャレンジ!

  • 「私はムラサキウニを食べたことがある」を英語にすると?
    I've eaten purple sea ____.
  • 「生うには海の味がした」を英語にすると?
    The ____ sea urchin tasted like the ocean.
  • 「うには9000万年前に生まれた」を英語にすると?
    Sea urchin _____ about 90 million years ago.
  • 「正しい方法でウニのとげを取り除いてください」を英語にすると?
    Please _____ sea urchin spines the right way.
  • 「バフンウニは1万円以下で購入できる」を英語にすると?
    The _____ sea urchin costs _____ 10000yen.
  • 「缶詰の雲丹(うに)でも全部同じように作られていないので注意してね」を英語にすると?
    Keep in _____ that not all frozen sea urchins are created _____

答えはメールでお送りします。
メールアドレスを登録してください

メールアドレスを入力↓



登録されますと答えをメールでお送りします。また六単塾の無料メールマガジン「英語上達のヒント集」もお届けしますのでご了承ください(配信停止はいつでも可能です)。送信情報はSSL暗号方式で安全に送信されます。プライバシーポリシーに基づき厳重に管理しますのでご安心ください。

まとめ

英語表現まとめ

「うに」の英語表現をまとめると「2つ」です。

  1. sea urchin
  2. uni

うには世界的にも有名。そして寿司も世界的に有名な料理になっています。

外国人と英語で話す機会があったら「うに」や「寿司」の話をしたいものですね。

いきなり英語で言われても驚かないようにまとめて覚えておきましょう。英会話の幅も広がりますよ!

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

 

英語表現をたくさんおぼえるコツとは?

英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。

やってみると効率よく英会話を覚えて口から飛び出す方法を理解できます。

こちらの記事を読んでみてください。