英語を楽しもう。ラクしよう。

英語塾 六単塾

treatsは「おやつ」?英語の意味・使い方まとめ

おやつ

treatsは「おやつ」という意味になることをご存知ですか?

treatsは動詞では「待遇する」「扱う」という意味です。でも名詞だと「おやつ」という意味になるのです。

これらは英文によって使い方が変わります。そこで例文と動画でわかりやすく英語表現を解説しました。ぜひ参考にしてください。

treatsはどんな「おやつ」なのか?

treatの発音・定義・意味

  • 発音:トゥリー
  • 定義:
    • 特別で楽しい機会や体験。誰かのために何かを買ってあげること。
    • 誰かのために行動したり対処すること。
  • 他の意味:特別な楽しみ、予想外の喜び、おごり、ごちそう、もてなし、楽しみ、喜び
  • 「おやつ」という意味の場合はtreatsと複数形で表現されることがあります。

参照:Cambridge Dictionary

treats=「ご褒美」という意味のおやつ

treatsは「ご褒美であげるおやつ」というニュアンスです。

上のtreatの定義を確認するとわかりますよね。「ごちそう」とか「もてなし」という意味が含まれています。

dog treats で「犬のおやつ」という意味になる

「犬のおやつ」という英語表現はdog treatsと呼ばれることが多いです。

「犬のおやつ」って犬にあげるご褒美というニュアンスがありますよね。だからdog treatsがよく使われています。実際それはyoutube動画をみているとタイトルに「dog treats」というキーワードがよく出てくるのでわかります。

「犬のおやつ」についての英語表現に興味あれば下記の記事をご覧ください。

「犬のおやつ」を英語で何という?覚えておきたい表現2選

treatには「おごる(奢る)」という意味もある

treatsはご褒美であげる位置づけですので飲食だけでなく「ご褒美の体験」という意味もあります。

たとえば「ご馳走してもらう」のはご褒美の体験ですよね。ですので「おごり」という意味になります。

実際「私のおごりです」と英語で言う時はIt’s my treat.といいます。

Trick or Treatってどんな意味?

ハロウィンといえばtrick or treatですよね。

Trick or Treatとは何かというとハロウィン中に子どもたちが家々を回ってお菓子をもらうイベントです。

子どもは家の玄関に押し寄せて「Trick or Treat!」と叫ぶと家の中の人がお菓子を用意してお菓子を子供にあげます。

このTrick or Treatのtreat。動詞で「待遇する」という意味がありますが子どもたちにも「手当=お菓子をよこせ」というニュアンスがあるようですよ。知らなかった―。

参照:ハロウィンのTrick or Treatって、どんな意味?

treats には「特別イベントでのおやつ」という意味もある

treatは「ご褒美」という意味ですので「特別イベント時にあげるおやつ」とも言えます。

ですので先ほどご紹介したハロウィンで渡すおやつHalloween treatsというわけです。

同様にクリスマスも特別イベントです。クリスマスで渡すおやつchristmas treatsと呼ばれます。

「おやつ」の英語表現はtreats の他に3つある

ちなみに「おやつ」という英語表現はtreats以外にも他にもたくさんあります。snackとかlight mealとか・・・。

それで僕は「おやつ」の英語表現は厳選すると「4つ」覚えれば充分だと思っています。treatsはその1つですから残り3つあるというわけですね。

「おやつの4つの英語表現」について知りたい方は下の記事をどうぞ。

「おやつ」は英語でなんという?覚えておきたい表現4選

動画

こちらの動画では「イギリスのおすすめtreats10選」を英語でわかりやすく解説されています。ネイティブの発音もあって参考になります。英語上達のためにもぜひご覧ください。

まとめ:treatsは「ご褒美にあげるおやつ」

treatsの意味は「おやつ」です。ですが細かくみていくと下記のようになります。

  • ご褒美にあげるおやつ
  • 特別イベントにあげるおやつ
  • ペットにあげるおやつ

いきなり英語で言われても驚かないようにまとめて覚えておきましょう。英会話の幅も広がりますよ!

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

六単塾塾長 祐樹せつら

プレゼント

特別レポート